物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

ナジカ電撃作戦


Najica Blitz Tactics: Complete Tactics
ナジカ電撃作戦 コンプリートBOX
1定価$39.98 購入価格$23.10
///////////////////////////////////////
リージョン : 1
収録時間 : 300M
音声 : 英語、日本語
字幕 : 英語
ディスク : 計3枚
特典 : 収納BOX
なし
///////////////////////////////////////
1枚あたり4話収録。次回予告あり。
画質はよいです。OPEDは英語です。
ケースはスリムケースで非常にコンパクツ!
残念ながら、北米版1巻限定版についていた木綿のパンティは付属しません。
がっくり


謎のエージェントナジカと相棒リラがさまざまな事件を解決していく話。
二人のキャラはノワールの二人に近い感じがします。
また作品はなんというかルパン三世風というか、音楽なども含めて古き良き時代という感じ。
ださカッコイイアニメという感じです。



このアニメといえばパンチラです。そりゃすごい物です。
しかしパンチラってのは1話に1コマあるかないかのギリギリ感で、アニメ以外でいえば
格闘ゲームの立ち強対空キックの1ドットに無数の妄想を膨らますとかそういう
神聖な物じゃないの?なんだよこの乱発は!と初めは苦笑していました。
しかしリカが素っ裸で廊下を雑巾がけしているシーンでふと気がついたんです。
パンツの気持ちになって考えてみたらどうか。
・・・思い出せば平成の初め頃、夕方のアニメでもたくさんパンチラを見ることができました。
ブルーシードなんかよい例ですね。でもそこからどんどんお茶の間からパンツが消えていきました。
真っ逆さまに落下したシーンとか明らかにスカート捲れるはずなのに、
スカートが生命を持ったかのようにぴったりと太股に張り付いていたり、
120%パンツが見えてる場面では登場人物が影になったり、
不自然に物が置いてあったりと、あからさまなパンツ隠しが横行していました。


パンツにとってどんな気持ちだったでしょうか。
パンツとして生を受け、初めはそれこそ隠しのお楽しみで見える度に視聴者からおぉぉ!
とかいわれていたのに、隠され続けられる日々、たまに出たと思ったら「これは水着です。」
隠し玉として視聴者に期待されていた時から、身内に忌み嫌われる今日まで
これほどパンツにとって屈辱的なことはなかったと思います。


そう思うと、このアニメで出てくるパンツ達は実に生き生きとしています。
ただチラリ見えているわけじゃありません。ちらりどころかパンモロです。
ディフォルト立ちからパンツ見えてます。
もうパンツがはじめからやる気満々という感じがしますね。
しゃがんでの狙撃シーンなんかも、パンツが無理矢理演技者の足を広げているという感じです。
カメラはカメラでパンツが主役という感じで、下からの映像が非常に多いです。
パンツもただ黙っているだけではありません。おばさんから幼女、チャイナ服から尼装と
実に幅広いジャンル、そして格闘シーンや車の運転シーンなど
場面や角度を生かした見せ方もなどまざまです。
まさに、パンツが主役のアニメです。


しかし、私がいくら感動しても今後のアニメでパンチラが出る確立は低いと思います。
そう考えるとちょっと切なくなりますね。


このアニメはパンツが見た夢なのかもしれませんね。


http://www.advfilms.co.uk/titles/najica/



え?面白いかどうか?
それが、結構おもしろい。
ストーリーもまあつまらなくはないんですけど、
「どうパンチラさせるか」っていう感じの作りなのでギャグアニメとしてみると
かなり笑えます。無論パンツ全開でお色気もありますし。
なによりリラがかわいいんだこれが。
安いしおすすめ!男なら限定版の1巻も買え!

[ 2007/05/02 09:58 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)
ものものさんのパンツの立場に立った
解説に感動しました。いやマジで(笑)。

「パンツが無理矢理演技者の足を広げている」

このフレーズ最高!
[ 2008/05/11 15:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL