物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「オーバーロード」BD+DVD限定版


題 名:オーバーロード
米 題:Overlord
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2015/11/03
定       価:$64.98(限定版$84.98)
収録時間:325m
収録枚数:計4枚
特   典:
○特典映像
  ・コメンタリー映像(米スタッフ)
  ・ぷれぷれプレアデス(日本語+英語字幕のみ 8話24分16秒)
  ・次回予告集
  ・プロモ映像
  ・CM集
  ・ノンクレジットオープニング+エンディング
○限定版特典
  ・収納ボックス、ポストカード
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「オーバーロード」BD+DVD限定版。
全13話をBD版は9,4のディスク2枚、DVD版は7.6のディスク2枚に収録。
OPEDは英語表記、題名などはオリジナル表記、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックについては制限かかってるプレイヤー(PS3)等がないので確認してませんが、たぶんあるでしょう。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードを変更できるプレイヤーで鑑賞しましょう。PS4なら問題なし。

画質とか
第1話
Length: 0:24:15.036
Total Bitrate: 29.11 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21998 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2075 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -3dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 1081 kbps / 24-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -4dB)
Subtitle: English / 46.198 kbps
Subtitle: English / 8.048 kbps




限定版は収納ボックスにポストカード付きです。



しっかしFUNiの限定版はずいぶん高くなりましたね。以前であれば5ドル程度の上乗せだったのに、今は20ドル近く上乗せ。
1枚1ドルのポストカードってどうなんだろうなぁ・・・まぁ小冊子よりは絵が良いからアリかな。
ただ問題は、このポストカードは収納ボックスには入りません!!(笑
保管は別途でお願いします。
Sentaiもわけわからん限定版でアホみたいな値段つけてるし、なかなか厳しい時代になってきたものですな。

あらすじ
オンラインRPGゲーム「ユグドラシル」サービス終了の日、これまでこのゲームにのめりこんで遊んでいた鈴木悟は最後の瞬間を自らのギルドで一人ぼっちで過ごしていた。今ではやめてしまった仲間たちとの楽しい冒険を思い出しながらその瞬間を待つのだが、いつまでたっても終わる気配がない。そして決まった行動しか起こさないNPCが鈴木悟にこう言うのだった。
「どうかなさいましたか?ももんが様?」
と、ゲームの世界ではアンデッド種族の最高峰であるオーバーロードと呼ばれた鈴木悟の新しい日々が始まるのだった。

はいっつーわけで、1年ぶりの記事更新となります。いや・・・まぁ・・・いろいろあってね。
コホン。

さてさてー、今回ご紹介する作品を簡単に言ってしまえば.hackみたいなゲームの世界から戻れなくなってしまった系という感じですかね。それに加えて軍団での移動という事で、.hackな戦国自衛隊とでも言えばわかりやすいでしょうか(笑。そしてこの手の作品の目的といえば、もとの世界に戻るという感じの目的があるのですが、今作品の主人公の場合、天涯孤独と言うこともあってかそういう部分は薄く、あくまで現状把握のための活動をする1期という感じになっているかと思います。

さて今作品の魅力はいうまでもなく俺、俺たちTUEEEEEEEEEEEEEEEでしょう(笑。
主人公はいわゆるるイイモノではなく、魔王と呼ばれる立場なので容赦のない部分はあるのですが、逆にそこが痛快でストレスためることなくサクサク物語が進んでいきます。いやーーやっぱり強くてニューゲームって気持ちいいですよね。努力とかそういう部分も大切だと思いますけど、異世界チート系ばかりここ最近読んでいるので(個人的にオススメはなろうの下克上)、そういう泥臭い部分はめんどくさくてとばしちゃうんだよね(笑。もう腐るほどアニメ見てるからなんとなく予想できるし。

そしてもうひとつのポイントはオーバーロードでもある主人公ですが、実際は鈴木悟という人間であるという事。部下たちが優秀で自分で気づかない事も率先してやるが、上司である以上それを理解していなければならない。「さすが言わなくてもわかっているな!」と内心汗だらだらで対応する姿はほほえましいというか(笑、応援したくなる魅力があると思います。最新巻でもそういった部分はあり、この関係はいつまで続くのか、どこで変わるのか、それも楽しみな作品だと思います。

さて今作品は先ほどいった状況把握+仲間を傷つけるやつが現れた???という感じで終わります(笑。まぁラストは主人公がかっこよく決めるわけですが、事件は解決しておらず、ちょっと消化不良ですね。2期に期待したいと思いますが、どうなんでしょうなー。劇場版あるらしいので2期には期待したいと思いますな。早くエロいリザードマンが見たいです!!!!



つーわけで、オーバーロードの今後の展開のためにぜひとも復習しておきましょう。
かっとけ~。
[ 2016/11/11 23:27 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL