物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

マンガ家さんとアシスタントさんと


題 名:マンガ家さんとアシスタントさんと
米 題:The Comic Artist and His Assistants
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2015/09/15
定       価:$49.98
収録時間:205m
収録枚数:計1枚
特   典:
○特典映像
  ・国産プロモ映像
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
  ・12話エンディングカラオケバージョン
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「マンガ家さんとアシスタントさんと」BD版。
12話+ミニOVA6話の全18話をディスク1枚に収録。
OPEDは日本語表記、題名などはオリジナル表記、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。

1話
Length: 0:13:56.836
Total Bitrate: 23.00 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19667 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2036 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 50.902 kbps





1080p。
音声は日本語音声のみ。
メニューはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク1枚収納するタイプです。

あらすじ
変態漫画家「愛徒 勇気」とアシスタント「足須 沙穂都」、そして彼らを取り巻く女性たちのとのちょっとHなドタバタギャグアニメ。

という感じかと。

つーわけで、「マンガ家さんとアシスタントさんと」鑑賞いたしました。
本放送は見ておらず、原作は流し読みした程度ですがせっかくなので北米版を購入してみた次第です。

さて今作品の魅力。
良くも悪くも一昔前のハーレムギャグアニメという感じで安心してみる事が出来る。という感じですかね。
エッチな描写も光いらずというぐらいの浅いレベルだし、「彼女がフラグをおられたら」のように頭のネジが吹っ飛んだキャラがいるわけでもないです。ないです。声優さんもキャラクターにあった人たちだし、「黒井 せな」演じるくぎゅぅとかもなんというか懐かしさを感じさせてくれました。そう、疲れたおっさんにとって新しいアニメを見るというのはなかなか気合がいるものなのですが(笑、今作品に限っては恐ろしいほどの安定感。これに尽きると思います。

内容はまぁ・・・ハーレム物の日常回を漫画家ベースにだらだらやるという感じで目新しいものはなく、どちらかといえば声優さん目当てで見るという感じのほうがつよいかな。というか声優さんが実写で松岡君をいじめるような話にしたほうが面白かったような気がします(笑。というか、松岡君がいい演技してましたね。「僕、パンツがどぅわいすきなんだ!」この台詞といい実にキャラにはまっていて良かったですな。松岡君のハイスクールDDの神父のようなキャラは頭痛くなるから嫌いですけど、こういう普通のはとても良いと思います。うん。

個人的に好きなキャラはやはり「足須 沙穂都」ですなー。彼女いなきゃただのハーレム糞アニメですけど、ストッパーである彼女のおかげで物語が展開されているという感じですな。これからもどんどん主人公をいじめてあげてほしいと思いますね。



はいっつーわけで、えーーー、原作好きなら十分ありかと思います。
どっちかってーと声優アニメかな。うん。かっとけー。
[ 2015/10/10 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)
懐かしいですね
[ 2015/10/24 10:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL