物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「ご注文はうさぎですか?」Blu-ray版


題 名:ご注文はうさぎですか?
米 題:Is the Order a Rabbit?
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2015/07/14
定       価:$59.98
収録時間:300m
収録枚数:計1枚
特   典:
○特典映像
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「ご注文はうさぎですか?」Blu-ray版。
全12話をディスク1枚に収録。
OPEDは日本語表記、題名などはオリジナル表記、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。

画質はこんな感じ。
Length: 0:24:15.454
Total Bitrate: 20.12 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 16830 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2106 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 47.805 kbps





1080P。特に気になる点はないかな。
音声は日本語のみ。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク1枚収納するタイプです。

あらすじ
主人公「保登 心愛」ことココアは、高校入学に合わせて喫茶店「ラビットハウス」に下宿し、店員として働く事に。
オーナーの娘「香風 智乃(チノ)」や同じバイト仲間の「天々座 理世(リゼ)」と共に、心ぴょんぴょんする日々が始まるのであった。
とまぁこんな感じかと。

はいっつーわけで、北米にて「ご注文はうさぎですか?」がついに発売されました。
国内で放映され、多くの疲れた日本人の心を癒してくれた今作品がついに全米デビューですよ。
いやーーー感慨深いですな。

・・・・コホン。で、今作品の魅力ですがやはり日常系アニメという点かと思います。

日常系アニメといえば昨今ではあふれまくっていますが、その中身は多種多様です。
たとえば今2期が放映されている「のんのんびより」などはノスタルジックな要素が強いですが、今作品に関しては洋風な設定もありそういう面での癒し効果は薄いですね。「ゆるゆり」や「日常」のように日常系といえるかは薄いですが、ギャグに富んだ作品と比べても今作品は弱めですな。っても今作品の登場人物「宇治松 千夜(ちや)」のように頭のちょっとおかしい(良い意味で(どんな意味だ))キャラもいるのでギャグ方面が弱いという事もなし。

主人公が学生なので「きんいろもざいく」のように学園が多めになるかと思いきや学園描写も薄めですな。それぞれのキャラクターの学園での風景もあるにはありますがあくまでメインはラビットハウスになるんじゃないかと思います。学生によるアルバイト日常物という感じですかね。そして日常物で女の子ばかりといえば「ゆゆしき」なんかもありますが、そっち系は・・もあるにはあるのかな?

という感じで、日常系のいいとこ取りをしまくって、キャラ萌えで消化させたのが今作品かと思います。
ストーリー自体もぶっ飛んだものはなく、温泉やプールに図書館で勉強したり、スポーツしたりと安心してみていられる内容ばかりですな。
そしてそれらストーリーが実にキャラクターを持ち上げてくれたと思います。

まずはなんといっても主人公?のココア。天然系でうるさいというそれ単体であれば即カーンカーンカーン!されるようなキャラクターですが、ぐいぐいいく彼女がいるからこそチノちゃんが前押し出される感じで活躍できたのでは?と思いますね。チノちゃん・・・・はぁ・・・かわいい。もうすべてがかわいいんですけど、やっぱりプクーって膨れているシーンが最高でした。一時期PCの壁紙でした。そしてメインのもう一人は日常系で必ず一人は見るようなキャラクターのリゼ。常識人かと思いきや、ちょっと硝煙の似合う女の子なわけですが(笑、3人の中では良いお姉さんだったと思います。

先ほども出ましたが千夜ちゃん。今作品のギャグパートの出だしは彼女からといっても過言ではないほどインパクトのあるキャラクターでしたね。とはいえ彼女もリゼのようなお姉さん的な立ち位置で、妹的な立ち位置の「シャロ」とのいいシーンがたくさんありましたね。そして、そう、「シャロ」。言動がいちいちかわいすぎる。内田真礼効果が大きいですがそれに負けずすばらしいキャラクターになっていと思いますね。もうほんとかわいくてチノとシャロのやり取りだけで1クール作ってもらいたいほどでした。



はいっつーわけで、えーーー日本では2期も10月から放映開始される今作品。
北米版で予習しておくのもアリかと思いますそー。かっとけー。
[ 2015/07/20 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)
三枚目の絵、おかしいね
[ 2015/07/24 19:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL