物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「∀ガンダム」DVD版 1巻


題 名:∀ガンダム
米 題:Turn A Gundam
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2015/06/30
定       価:$44.99
収録時間:625m
収録枚数:計6枚
特   典:
○特典映像
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「∀ガンダム」DVD版 1巻。
1巻は前半25話を4,4,4,4,4,5のディスク6枚に収録。
OPEDは日本語表記、次回予告あり、強制字幕なし。
音声は日本語音声のみとなっています。音声はドルデジ192kbps。

画質はこんな感じ。




平均ビットレートが7.41Mb/Sec。北米版DVDにしては比較的安定してますな。
私は国産DVDなら全巻所有しているのでその比較はこんな感じ。国内版のレートは8.51Mb/Sec。

北米DVD


国内DVD


まぁ国内ではBDが発売されているので、画質にこだわる人はそっちを買えばいいし、価格ならどちらでもいいんじゃね?という感じですかね。ちなみにBD版はいつか買う予定です!!!!

メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のDVDケースにディスク6枚収納するタイプです。

あらすじ
月にすむ人類「ムーンレイス」はいつか地球へと帰還することを夢見ていた。
物語の主人公「ロラン」は地球先行潜入員として選ばれて地球へ友人たちと共に下降し、生活を始める。
そして2年後、月の軍隊「ディアナカウンター」による地球への侵略が始まるのだった。
地球のために、月のために、ロランはホワイトドールと呼ばれるガンダムに乗り戦うのだった。

とまぁこんな感じかと。
はいっつーわけで、北米でもようやく∀ガンダムが発売されました。
ガンダムシリーズといえば派手な人間ドラマに戦争という感じですが、今作品はもちろんその要素は強いですが、どこか牧歌的な要素の強い、世界名作劇場みたいな雰囲気も魅力のひとつだと思います。とはいえそこはやはり冨野節、ストレートな物言いによるやり取りや人間臭さバリバリの登場人物たちは実に愛すべきキャラクターになっていたと思いますね。そしてそれらをさらに引き立てるのがすばらしい音楽です。

さて1巻は25話まで収録という事で、物語的には月の軍隊「ムーンレイス」が攻めてきて、地球側が抵抗し、月の女王「ディアナ・ソレル」も地球へとやってくる。和平を願うディアナだが、いきなり攻められた地球側は納得せず、月側が関与したと思われる暗殺事件や、技術者の地球側への裏切りなどにより、戦闘は膠着状態となる。地球と月の両方から攻められるディアナたちは身動きがとれず、その間地球人たちは過去の遺産「黒歴史」を掘り起こし着々と軍備を図る。補給すら乏しくなったディアナ側、そしてディアナは再び月へ行く必要があると考えるのだった。



とまぁこんな感じの前半ですかね。今作品の魅力として欠かせないのが、姿が瓜二つの月の女王「ディアナ・ソレル」と地球に住む鉱産家の娘「キエル・ハイム」による入れ替わりだと思います。女王から普通の少女・・っても貴族ではありますが、敵側の秘書官的な立場になったディアナ。これまで経験したなかったことに一喜一憂する姿も実に愛らしいのですが、自らの決断が地球の人たちの命を、そしてテテスのように月の民たちにもつらい思いをさせてしまっているという事。嘆くが前へ進む彼女とそれを支えるロランの関係が実に良いですね。

1巻は基本的にディアナサイドの話が多かったかと思います。名場面といえばやはり自分と瓜二つで入れ替わった少女キエル・ハイムの父親が戦争で死に、そのお墓参りのシーンですね。久々に見たけど全身にビリビリきました。彼女のストレートな本心を知ることが出来るすばらしいシーンだったかと思います。あと個人的にシャボン玉のシーンも好きですね。がんばるディアナ様に神様のごほうびとロランは言っていたけど、微笑むディアナ様は実に美しかったと思いますな。彼女はまだがんばれるそんな笑顔でした。

そして地球の一貴族から月の女王になってしまったキエル・ハイムもまたすばらしい女性ですね。初めの頃はディアナ様と連絡を取らないと!という感じでしたが、ディアナの事を考え、彼女の代わりを果たすために胸を張っている姿は実にかっこよかったと思います。そしてふとしたときにハリーに見せる弱みがまた良いですな。彼女の名場面はなんと言っても建国宣言ですなぁ。地球に勝手に建国宣言を行い、そこに攻めてきたら侵略者として対処する。そのための建国宣言なのだが、その場で月の女王と入れ替わりになった地球の少女は「再び交渉を!」というわけですよ。同じ人類同士、地球だけでなく、月の民たちのこと、そしてディアナの事を思っての発言なわけです。いやーディアナ様がかわいいのに対し、キエルはほんとかっこいいキャラクターでしたな。



とまぁだらだら書きましたけど、これ以外にもロランがかわいいとか女装がすばらしいとか、グエンgjとかいろいろあります。
2巻は8月発売予定。まだ見たことない人はぜひともかっとけ~。
[ 2015/07/05 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL