物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「神のみぞ知るセカイ 女神篇(第3期)」Blu-ray版


題 名:神のみぞ知るセカイ 女神篇(第3期)
米 題:World God Only Knows III, The Goddesses
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2015/03/10
定       価:$69.98
収録時間:300m
収録枚数:2枚
特   典:
○特典映像
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「神のみぞ知るセカイ 女神篇(第3期)」Blu-ray版。
TV12話を9.3の2枚に収録。
OPEDは日本語表記、題名などはオリジナル表記、次回予告あり。ED後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。ただプレイヤー側で音声のみ操作できるので、英語音声再生にした後、音声のみ日本語に切り替えれば字幕非表示可能。ただし1話づつで名称などの字幕は消せません。

画質など
1話。
Length: 0:26:22.580
Total Bitrate: 25.39 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19832 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1971 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1971 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 4.248 kbps
Subtitle: English / 50.905 kbps




1080p。
これまで出た2作と同じ感じです。明るいシーンが多いのでバンディングもほとんど気になりませんでした。
音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

あらすじ
プレイしたタイトルは5000、10000人以上ものヒロインを攻略したギャルゲー界の落とし神こと「桂木 桂馬」が主人公。学生である彼は、ある日、地獄の冥界法治省極東支局の「駆け魂隊」の悪魔「エルシィ」と誤って契約してしまう。その契約とは、取り憑かれた人間を恋に落とし、心のスキマを埋めること。よりにもよって普段「低次元」「理不尽な奴ら」とさげすんでいる三次元の女を攻略することになるのであった。

とまぁこんな感じというかこれが今までのストーリー。

くわしくは過去のレビューを参照してください。
神のみぞ知るセカイ(第1期)
神のみぞ知るセカイII(第2期)

この3期では新たに女神篇というストーリーが展開されていきます。1期2期が2,3話で1キャラ攻略していくだけのギャルゲー的作品だったのに、今作品ではいよいよストーリーが進む形になりますね。いやーーーストーリーが進んだのに、メインヒロイン?でもあるエルシーの影が薄すぎる(笑。視聴者の目の見えないところでがんばっていたのは良くわかるんですけど、もうちょっと出番がほしかったと思いますね。ブーブーやってる姿とかかわいかったし。

さて今作品はこれまで1,2でクリアしたキャラクター達に再度挑むわけです。女神を宿している少女は主人公とキスをして恋愛した記憶を持っている。そして女神を宿していない少女にとって主人公は赤の他人なわけです。この序盤の女神を宿していない少女たちとのやり取りは胸に来るものがありますよね。「誰あなた?」ですよ。いやーー桂馬はすごいやつだと思いますな。

そしてこの3期のメインヒロインは・・・やはり「小阪 ちひろ」でしょう。
TV放映見ていたから序盤のかのんに対しての嫉妬シーンとか思わずきゅんきゅんしてしまいましたね。扉越しの告白シーンとか非常に良かったと思いますね。ああいう間柄だからもっとフランクな感じでいくかと思ったんですけど以外に乙女チックな感じが良かった。そしてキャンプファイアーですよ。いい感じになっての彼女の発言「私初めてだから」。そうなんですよー彼女の中には女神なんていなくて過去の記憶もなく純粋に桂馬にほれていたわけですなぁ。桂馬の貴重なテレシーンとか見所非常にありました。

しかし・・・桂馬の目的は女神を見つけてかのんを救うこと。NOを突きつけるわけです。いやほんとさーーこのシーンはひどいよ。ひどい。わかっちゃいるんだけど、ちひろの涙が心にずーんと来ちゃいました。そしてストーリーは進む桂馬がなぜこんなことをしているのかちひろも知るわけです。そして不器用ながらも桂馬のために手を貸すわけですな。桂馬と同じように未知なる物と戦う。だけど彼女はあくまで人間の女の子、桂馬と同じものを見ることはできないわけです。そして事件が無事解決し、最後のライブシーン。舞台の上で翼をひらめかせて輝く人たちに対してちひろは・・・・。はぁ・・・何とか彼女を幸せにしてください。よろしくお願いします。

不満点。
今作品で一番の不満は私が一押しのヒロイン「榛原 七香」がダイジェスト扱いだったことです。もじゃもじゃしたかったんです。
あとラストバトルがダイジェストなのがwwww。まぁ原作もそうでしたけどね。



はいっつーわけで、これまでの1期2期のようなお気楽さがが薄れた今作品。
「一人の少女の始めての恋」をぜひとも見届けましょう。買っとけ~。
[ 2015/03/21 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL