物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「中二病でも恋がしたい!」DVD&Blu-ray版


題 名:中二病でも恋がしたい!
米 題:Love, Chunibyo & Other Delusions!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2015/02/24
定       価:$129.98
収録時間:325m
収録枚数:DVD3枚+Blu-ray2枚
特   典:
○特典映像
  ・中二病でも恋がしたい! Lite(ED「漆黒に躍る弧濁覇王節」は最終話のみ)
  ・ノンクレジットオープニング
  ・ノンクレジットエンディング
・限定版特典
  ・記事参照のこと
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「中二病でも恋がしたい!」DVD&Blu-ray版。
TV12話+OVA1話の計13話をDVD版は4,5,4の2枚、BD版は9.4の2枚に収録。
OPEDは日本語表記、題名などはオリジナル表記。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし(1話リセットタイプ)、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。また強

制字幕についてですが、リモコンで消すことは可能ですが1話ごとに元に戻ってしまうので、どーしても字幕がいやな場合は毎回変えなければいけません。めんどくさっ。

DVD版
リージョン1なので国内DVDプレイヤーでは再生できません。

BD版
1話
Total Bitrate: 25.52 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19840 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1997 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1994 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
* Subtitle: English / 56.655 kbps
Subtitle: English / 6.590 kbps
Subtitle: English / 58.433 kbps





1080p。
SENTAIにありがちなのっぺりした感じではなく、どちらかといえばFuniに近いややノイジーな感じ。CLANNADと同じく作品の質によってという感じかな。
EDのように暗転が激しいシーンではバンディングもあいまって気になるかな。

音声は英語音声も収録。
メニュー周りは各話選択、言語選択、エキストラ。
パケ周りについてですが、今作品はSENTAIにしては珍しいDVD&BDコンボボックスです。限定版ということで特典がいろいろついてきます。

・収納ボックス

がっしりとしたつくりでなかなか良いです。

・小冊子


冊子というか本ですな。エピソードガイドなど。

・キーホルダー

うーんwww。

・大量のポストカード等


大量です。

・ステッカー


・角度を変えると絵が動くカード

このシーンかよwww。

・眼帯


眼帯wwww。


以上。
$129.98にふさわしい内容かといえば、ぶっちゃけないわーという感じかと(笑。
まぁ昔はパンツアニメの特典に木綿のパンツつけたぐらいなので控えめかな(笑。

あらすじ
かつてダークフレイムマスターとしてその名を轟かせていた主人公「富樫 勇太」は高校入学を機会として普通の学生として生きようと決意していた。だがそこには彼を執拗に狙う邪王真眼の使い手「小鳥遊 六花」が立ちはだかるのであった!!嗚呼、彼の戦いの日々がまたやってくるのであった。・・・・ちょっと甘酸っぱくね。

とまぁこんな感じでしょうか。

つーわけで、中二病でも恋がしたい!、1期を鑑賞いたしました。DVD版が発売されてBDはないの?と思っていたらまさかの限定仕様・・・・のみ!・・・・まぁ、しばらくたてばBDだけで再度発売されるとは思うけど・・・・sentaiは廉価版ださないからどうでしょうなぁ。

さて今作品の魅力ですが、やはり京都アニメーションによる演出でしょう。各話に挿入されるバトル描写もすばらしいのですが、個人的には「かわいさ」を追求した演出がどれもこれもツボでしたね。ヒロインでもある「小鳥遊 六花」はキャラクターにあっている声もあいまって実に「萌える」キャラクターだったと思いますね。なんつーか、ハムスター見てるような気分にさせてくれます(笑。寝てばかりの猫や、かまってとうっとおしい犬とは違い、必死になってる姿が非常にかわいらしい。そんなキャラクターでした。

一般人代表の「丹生谷 森夏」。2期の記憶があるので、1期のキルミー成分の出ていないクラスのマドンナ的な彼女を見れたのは新鮮でした(笑。正統派美少女の彼女を見れるのは貴重ですな(笑。主人公たちとは一歩引いて付き合っているけどその面倒見のよさが非常に良く出ていたキャラクターでした。そんな彼女とベストカップリングな「凸守 早苗」。中二病要素のあるキャラクターでもあり、安易な金持ちお嬢様設定とテンプレをこれでもかとつぎ込んだようなキャラクター。いや、かわいくてよかったと思いますよ。うん。くみん先輩。別にいらなかったんじゃ・・・・(笑。

とまぁこんな感じのキャラクターたちによるお話は、ラブコメなわけです。まーーーまーーーこっぱずかしいラブコメなわけです(笑。いやさ六花ちゃんが恥ずかしがったりデレたりするのはいいんだけどさ、同じような事を男のほうでもやられてもなぁ~という思いがちょっとあるかな。まぁしょうがないんだけどさ(笑。終盤には六花の中二病になった訳とか、父親とのシリアスな要素もあるにはあるけど、まぁ、ぶっちゃけ・・・・。とはいえ、個人的には主人公を過去から知っていたという部分は非常に良かったかな。



はいっつーわけで、中二病な少年少女たちのおかしな日常ラブコメを高品質で楽しめる。
2期出してもらうためにもぜひとも買っておきましょう。かっとけ~。
[ 2015/03/07 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL