物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

機動戦艦ナデシコ


Martian Successor Nadesico:
機動戦艦ナデシコ
定価計$59.94 購入価格計$35.28
///////////////////////////////////////
リージョン : 1
収録時間 : 650m
音声 : 英語、日本語
字幕 : 英語、オフ可
ディスク : 計6枚
特典
コメンタリー1(米声優)
ノンクレジットオープニング
ノンクレジットエンディング
キャラクタープロフィール
プロダクションスケッチ
///////////////////////////////////////
1枚あたり5~4話で全26話6枚組みの3パッケージとなっております。
画質はまあ10年前のアニメだしあまりよろしくはありませんが
3月に出る国内BOXに期待しましょう。・・・え?買うのって買うに決まってんじゃン!
えー、個人的には昔取ったビデオよりずいぶん良いという感じで
値段と合わせると満足ですな。
焼付き字幕に関してですが、ナデシコ北米版は単品→単品BOXセット→廉価版と
販売しています。単品と単品BOXはひどい焼付き字幕が合ったらしいです(主に思金)
この廉価版については一切ありません。次回予告等も含めて。
OPEDは英語表記、タイトルも日本語タイトルの後英語タイトルが表示されます。
パッケージは実にシンプルでライナーノーツとかもありません。
その代わりリバーシブルになっていてそっちにいろいろ書いてありますが・・・。


<時代は未来、木星蜥蜴と呼ばれる謎の兵器群と戦う地球が舞台。
火星でコックとして働くテンカワ・アキトが主人公で、ある悲劇をきっかけに
気がつくとなぜか地球に。そこで再会した幼なじみのミスマル・ユリカに
両親の死について問いただすため追いかけ、彼女が艦長を勤める戦艦ナデシコに乗り込む
コックとして臨時のパイロットとして働くこととなり一路火星を目指す。


まあ簡単にですがこんなかんじ。
国内でBOXが発売されますが、その前にというわけではありませんが鑑賞しました。
私、この作品大好きで何度も見返しているんですがやっぱりおもしろい。うんうん。



序盤の展開はキャラ紹介という感じでコメディメインのラブコメたっちという感じで
テンポよくぽんぽん進むのですが、ちょっちキャラが薄くなりがちな気がしますなぁ。
エリカとかただの馬鹿じゃんという感じがしないでもなく
リョーコとかも今はやりのツンデレですが絡むこともほとんどなく
勢いだけという感じがします。ま、楽しいからよしとしましょう。(笑


そして後半。
後半は吃驚するほどシリアスに進みますな。
木星軍の正体、ルリの生誕の秘密、正義のための戦いから、ただの戦争へ。
それぞれの戦う目的。
未来を舞台にハチャメチャだった前半に比べ現実的・・・・
よりリアルににとでもいいましょうかそういう作りになっています。
個人的にはやっぱりイネスの正体というかあのくだりが最高ですな。
いやぁーーーあのシーンはほんと吃驚したと同時にぶわーっと涙でてなんつーか
恥ずかしい思いをした苦い記憶を思い出します。(W


最後がちょっと投げっぱなしというかそれは小説なりゲームで
という感じで終わり方はいまいちですが、やっぱ何度も見返しちゃうんですよねぇ。
しかし劇場版を知っているとほんと全編を通して切ないですなぁ・・・。
まあそれは劇場版で(笑



というわけで国内BOXほしいけど金がない。という方や
BRとか次世代が出たらまた出すだろうからそれ待ちという方や
ヤダモンBOX買うからほしいんだけど買えない!というような方には
安いのでお勧めでっせー。

[ 2007/05/02 09:55 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL