物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「けんぷファー 」Blu-Ray版


タイトル:けんぷファー 
米 題:Kampfer
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014年09月23日
定       価:$59.98
収録時間:350m
収録枚数:BD2枚
特   典:
○本編特典映像
    ・ぞうもつ奇想天外(11分)
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング1
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「けんぷファー 」Blu-Ray版。
12話+OVA2話の全14話を9,5のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

画質音質 1話
Length: 0:25:57.556
Total Bitrate: 24.36 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 20845 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2157 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 37.871 kbps





1080p。
ちょっとバンディングが目につくかな。はっきりくっきりしてるのはいいけどやっぱ作画が微妙だとちょっと目立つね。
音声はDVDと同じく日本語音声のみ。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

DVDも持っているのでそっちも簡単に紹介。

2011年1月18日発売のTV版全12話。
OVAは2013年5月14日発売されました。
どちらも英語音声はなし。BDでもなかったし、まぁとりあえず出したという感じですかね(笑。

あらすじ
ある日女の子に変身する能力を身につけケンプファー(戦士)となって戦う事となった青年「瀬能 ナツル」の物語。

はいっつーわけで、DVD持ってたけど見る気なくてBDまで待っていたけんぷふぁー鑑賞いたしました。
TV放映ももちろん見ました。改めて思うんだけど、何でまたこの作品かったんだろ・・・?という感じです(笑。
たぶん勢いです!!

さて今作品の魅力。それはやはり豪華声優人でしょうね。
メインももちろん豪華なのですが、マスコット役に旧しずかちゃんこと「野村道子」さん、「田村ゆかり」さん、「水樹奈々」さん、「能登麻美子」さん、「釘宮理恵」さん。まぁ・・正直、そこだけに力を入れた作品という気もしないでもないんだけどね(笑。そしてそれらキャラクターが織り成すギャグ描写もなかなかよいと思います。エンディングの腰が砕けるようなダンスもそうですけど、手を抜いているからこそでる笑い。このさじ加減が今作品の魅力のひとつかと思いますね。何度見ても終盤のジャンプシーンは大爆笑ものです。

そして・・・そう、今作品のヒロインキャラクター中島愛さん演じる「沙倉 楓」も魅力のひとつかと。
もうね、何でこんな女を好きなのかさっぱりわかりません(笑。この感覚・・・そう、かしまし ~ガールミーツガール~のあの女を彷彿とさせますな。いいところもある子だとは思いますけど、女ナツルの前で男ナツルのことぼろくそ言うシーンとかなかなかひどかったですな。とはいえ、ギャグアニメなのでそれほど神妙にならなかったのはよかったと思いますね。

さてストーリー。
まぁ語るようなストーリーではないかな。女性キャラが登場して、主人公がなぜかモテて、わいわいやってハプニングHもあったりと。
戦闘シーンも特に語るような部分はないかな。



はいっつーわけで、OVAも入ってお得!かっとけー。
[ 2014/10/12 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(5)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/05/29 17:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/04/24 18:05 ] [ 編集 ]
N
>日本のアニメ産業に全く貢献していないのに
一応、向こうにライセンス料を払ってる訳なので、まったくとも思わないなあ。
更に言えば北米も売れなきゃ、貴殿の言う退化とか新しい作品も出無い、、、
私もだが、批判してる人には国内と海外を買う人も多いと思うよ(物もの氏は知らんけどw
プレーヤーも好きな国産機種で再生したい人も多い(リーフリに多い三国製は勘弁
[ 2014/12/04 09:07 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/11/11 17:29 ] [ 編集 ]
字幕があると面白くなるアニメも多いかと・・・
出てよかったよね。DVD版から遅れて、発売される奇跡のディスクに、「TARI TARI」 と「Aチャンネル」「キルミーベイベー」などもあります。ちょっと前まで、DVDしかでなくて閉口していたのですが、ようやく外人も考え方が・・と思ったとたん「犬ハサ」DVD仕様のみ!とか・・・。「これはゾンビですか?」は何故か2期でDVDに退化するし。国内正規盤に英語字幕を入れてくれれば、国内、北米、両方買う面倒もなくなるのですが・・・特典目当てで、国内版を購入する数少ない外人の数も少なく見積もっても10倍以上になるだろうし・・(それでも焼け石に水なのでしょうが)あと、北米版は格差社会の駆け込み寺ではないので「強制字幕ムカつく」とか「ブルーレイとDVDコンボのDVD抜いて安くしろ!」とか「国内ブルーレイで再生できない!」(←リージョンフリープレイヤーを買う気持ちなんてサラサラない)・・・とか言うべきではないのではないかと思っています。悪いことしているとは思いませんが(日本のアニメ産業に全く貢献していないのに批判だけはするということに)もっと謙虚な気持ちで、遠慮がちに端っこにいるべきだと思います。(でも、買えないのだから、そういう人に国内版を買えとは言いません)
[ 2014/10/13 12:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL