物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「閃乱カグラ」DVD/Blu-ray版


題 名:閃乱カグラ
米 題:Senran Kagura: Ninja Flash!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014/07/29
定       価:限定版$69.98 通常版$64.98
収録時間:300m
収録枚数:計4枚(DVD2+BD2)
特   典:
○特典映像
   ・コメンタリー(4,10米スタッフ)
   ・プロモ映像
   ・国産コマーシャル映像
   ・USトレーラー
   ・ノンクレジットオープニング1
   ・ノンクレジットエンディング1,2,3
○限定版特典
     ・収納ボックス等
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「閃乱カグラ」DVD/Blu-ray版。
全13話をBD版は9,4の2枚、DVD版は7,6の2枚収録。
OPテロップは英語表記、EDテロップは英語表記、OP題名や副題などは国内オリジナル、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示され一切再生ができません。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。

画質など
DVD版は平均ビットレートが5.82Mb/Secの2層設計。R1仕様。
ボケ。

BD版1話
Size: 4,847,536,128 bytes
Length: 0:23:42.087
Total Bitrate: 27.27 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21997 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 780 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -5dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 864 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -10dB)
Subtitle: English / 45.137 kbps
Subtitle: English / 5.912 kbps





バンディングが結構気になります。
音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケース2枚にBD2枚、DVD2枚それぞれ収納する形です。
限定版はそれを収納するボックス付きです。


あらすじ

国家に所属し国益のため働く忍の集団・善忍を育てる学校「国立半蔵学院」が舞台。
主人公は伝説の忍「半蔵」の孫「飛鳥」。今日も今日とて仲間達と学び競い合うのだった。

とまぁこんな感じ。
はいっつーわけで、先月末に発売された「閃乱カグラ」鑑賞いたしました。
本放送は最後まで見ました。特に面白くもつまらなくもなかったかと思います!!(笑

さて今作品の魅力。それは外人さんも大好きな「NINJA」、そして嫌いな人がいないであろう「おっぱい」。これは海外でヒットしないわけがない!そう思っていたわけですが・・・・。そもそも主の命令に従う忍にとって善も悪もないと思います。うん。そして時空をこえる忍結界、コスチュームチェンジ、命懸け、そして召喚獣。oh...摩訶不思議ファンタジー。これ、忍者物である必要あるんだろうか・・・・・。とはいえ、敵側「秘立蛇女子学園」の強烈な訓練描写辺りは忍の世界の厳しさを感じる事が出来て良かったと思います。まぁあくまでキャラクター達はこれから忍の世界で頑張る卵達なわけだから、善とは悪とはを考え成長していくお話という事で、アリかと思います。

「おっぱい」メイン5人全員巨乳というおっぱいアニメにしては珍しい配置。敵側もおっぱいだらけで10人中一人だけ貧乳という、なんという巨乳推奨アニメ。そういえば巨乳ファンタジー新作出るらしいじゃないっすか。サクセスストーリーがほんとスカっとする出来なのでお勧めですよ!かっとけ!!・・・こほん。話がそれましたが、かわいいキャラクターとおっぱい、つまりエロがウリではあるんですけど、正直カラっとしたエロさなのがちょっと不満かな。パンツというより水着だしね。まぁかわいさの延長線上にエロが申し訳程度についている。そんな感じですかね。悪くはないと思います。

さてそんな作品で活躍するヒロイン達。今作品はキャラクター描写がメインな作品だったかと思いますな。
3年生の「斑鳩」。養子で育てられ、町内鎖鎌大会で6位の兄からは疎まれこの学園へやってくる。同じ3年の「葛城」と共に修行に励むが、似た者同士の二人故、いやな部分が目についてお互いに壁を作ってしまうわけです。でもそれが目につくほどお互いを知ったことにより、強い絆が生まれ最高の連携をとることができる。続いて2年の「飛鳥」。偉大な祖父を持つが故の苦悩、プレッシャーは普段の彼女からは見ることができない。それほど彼女は仲間のために、そして自らのために努力を続けるわけです。そして1年の柳生。交通事故でなくなった妹に瓜二つの「雲雀」を守るために周りと歩調を合わせることができない。だが、終盤は仲間とともに成長した姿を見ることができましたね。そして何をしても駄目な「雲雀」は・・・んーーー、最後頑張ってた。まぁひばりちゃんはカワイイってことで。

そんな結構ハードな過去を持つ彼女たちに立ち向かう秘立蛇女子学園の生徒たちもまたヘビー。まぁここら辺はアニメ見てもらえればいいんですけど、どちらかといえばこちら側のほうが忍っぽくて良かったと思いますね。あ、ちなみに個人的に一番好きなのは日影です。終盤は国立半蔵学院vs秘立蛇女子学園で盛り上がるわけですが・・・んーー正直共闘つーのも微妙だけど、ラスボスがしょぼすぎるのも問題と思うかな。なによりさ「任務失敗=死がおかしい!」っていうのがおかしいと思う(笑。まぁ、「自らの死を他人に左右されるのはおかしい!」っていうのはわか・・・・・いやでも忍者なんてそんなものじゃないの?と思うけど・・・・・・こほん、ま、まぁあれよ、忍者の学校だからね。学生にそこまでやらせる必要はない!という事で締めておきたいと思います(笑。



さて今作品の不満。上でだらだら不満言ってきたけど、基本的にキャラ可愛くて、おっぱいいっぱいで大満足なんです。うん。だけど、心に残っていると言えば霧夜先生と鈴音先生にもうちょっと進展というか深く突っ込んでほしかったと思うなぁ。特にあのラストはなぁ。それなりにケリを付けてほしかったと思います。あとナレーションの解説が多すぎかな。過去の話あたりはアニメーションでしっかり描いてほしかった気がする。

はいっつーわけで、いろいろ言いましたけど、かわいいキャラクターのおっぱいいっぱいです。
かっとけ~。
[ 2014/08/24 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)
これは一生忘れられません。
どうしても伝えたくて。
1つも幸せなんて知らずに生きてきました。
そんなとき、ものすごい人に出会ってしまったんです。
振込みをお願いするだけで、即日大金を手に入れることができてしまいました。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
イタズラじゃない人だけにすごい情報を教えます。
知りたい方はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
メールしてくれた人だけにすごい秘密を教えます。
[ 2014/08/24 08:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL