物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「はたらく魔王さま!」DVD/Blu-ray版


題 名:はたらく魔王さま!
米 題:Devil is a Part-Timer
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014/07/22
定       価:限定版$69.98 通常版$64.98
収録時間:325m
収録枚数:計4枚(DVD2+BD2)
特   典:
○特典映像
・コメンタリー(1,12米スタッフ)
・エンテイスラ語について
・ノンクレジットオープニング1
・ノンクレジットエンディング1,2
○限定版特典
    ・収納ボックス等
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「はたらく魔王さま!」DVD/Blu-ray版。
全13話をBD版は9,4の2枚、DVD版は7,6の2枚収録。
OPテロップは英語表記、EDテロップは英語表記、OP題名や副題などは国内オリジナル、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示され一切再生ができません。Sentaiおなじみの仕様ですが、FUNIでは珍しい気もしますな。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。

字幕についての補足になりますが、今作品はエンテ・イスラ語という主人公たちの故郷の言語がちょくちょく出てきます。
TV放映や国内版であればそこに日本語字幕が表示されていたのですが、北米版ではそこには英語字幕のみが表示されます。
この手の問題は昔からありますね。たとえば空港のシーンなどで管制塔とのやり取りなど。テイクオフとかそういうレベルであれば日本語字幕がなくても問題はありませんが、流石に未知のエンテ・イスラ語だとどうしようもありません。英語字幕は出るけど、ストーリーの根幹部分などにも関わるので、英語苦手な人はこの北米版はお勧めできませんな。


画質など
DVD版は平均ビットレートが6.7Mb/Secの2層設計。R1仕様。
ボケ。

Blu-Ray版 1話
Size: 5,544,357,888 bytes
Length: 0:23:46.967
Total Bitrate: 31.08 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21990 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 1911 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -7dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 814 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -10dB)
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 641 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -9dB)
Subtitle: English / 48.474 kbps
Subtitle: English / 10.919 kbps






1080p。バンディングは多少気になりますが、それ以外は特に問題ないかと。
音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケース2枚にそれぞれディスク2枚づつ収納するタイプです。
限定版だとそれを収納するボックス付きです。

あらすじ
魔王サタンは勇者エミリアとの戦いの中、追い詰められて悪魔大元帥アルシエルと共にゲートを開き撤退する。
だがその先は・・・なんと日本の首都東京の笹塚だった!未知の世界へとやってきた魔王とアルシエルは・・・・
とりあえず区役所で戸籍と住民票を手に入れ、ボロボロのアパートでバイト暮らしを始めるのだった。

とまぁこんな感じですかな。

はいっつーわけで、「はたらく魔王さま!」を鑑賞いたしました。
TV放映も毎週楽しみにしており、国内版BDも購入するか悩みました!3話収録タイプだったら間違いなく購入していましたね。(笑
北米版が出ることを知った時は喜びましたけど、上記にも記載しましたが、字幕問題ですなぁ。まぁ向こうの商品に日本語字幕付ける意味ないからしょうがない事ですけどね。

では今作品の魅力など。

まずは何と言ってもギャグ描写だと思いますね。
ギャグのベースはパロやネットスラングなどない作品の味を生かしたギャグ描写がほとんどですね。まずは何より別世界の魔王や勇者たちが笹塚で暮らし始めることに対しての面白さから始まり、とにかくテンポよく勢いよく展開されていきます。登場キャラ達の喜怒哀楽が実にうまく表現できている顔芸をはじめとして、キャラごとに見れば芦屋の主婦っぷりとか、勇者エミリアのキレ芸などに毎回大いに笑わせてもらいました。特にエミリアは中の人効果非常に良く出ていたと思います。からあげもそうだけど、そういうメタ的な要素・・・・いや、メタと呼べるのかは微妙なところですなぁ。とにかくそういう部分でも大いに笑わせてもらいました。



そしてそんなお笑い担当だらけの中で、人間代表のヒロイン「佐々木 千穂」が実にかわいらしく描かれていましたね。いやーー今作品見て思ったんだけど、大抵こういう作品のヒロインとの描写って終盤辺りに盛り上がって描かれるけど、今作品は結構速い段階で道端告白しちゃうし、デートで自ら手をつないで良いか発言したりと、なんつーか「最近の女子高生はアクティブだなぁ。」と、おっさんらしい思いを抱いてしまいましたね(笑。まぁだからこそ前にガンガン進むちーちゃんが勇者と魔王という強い?絆の二人に負けないぐらい印象に残ったのかもしれませんなぁ。がんばれ!ちーちゃん!!

そして個人的に良かったのは戦闘描写が結構迫力出ていましたね。1話序盤もそうですけど、中盤辺りでは芦屋vsオルバ戦とか良く動いていたと思いますね。

ストーリー。
ラノベのアニメ化といえばどれだけ巻数を消化するかで出来が何となく予想出来る物ですが(笑、今作品は原作2巻分程度ですね。まぁお話的にはそれほど大きく進んだ感じはありませんが、その分キャラクターを良く描いていたと思いますね。勇者であるエミリアの序盤のみじめっぷりから、中盤の人助けをする魔王に対しての思い、そして終盤は・・・。魔王達が悪魔らしく淡々としているのに対して、勇者エミリアの人間らしさが実によく出ていたと思います。まぁ、魔王サイドに関してはこれからの展開になるんでしょうけど、腐っても魔族を動かして人間を滅してきた魔王、そしてその魔族を狩ってきた勇者。この二人がどのような歩み寄りを見せるのか。先が気になりますな!2期はよ!!



不満点。
まぁエミリアとのいちゃいちゃが薄い点かな。ってもこればっかりは作品上しょうがないよなぁ。
やはり娘が出来てからの展開に期待しちゃうよね。2期はよ!!!

はいっつーわけで、んーー上記にも記載したけど字幕問題があるので個人的にはお勧めできませんが、かっとけー。
[ 2014/07/27 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)
いつも参考にしています。

今回のはたらく魔王さまの注文では色々ありました。
日アマ予約発注はkonozamaキャンセルを食らい、
米アマ予約に切り替えたら、発売日になっても発送に移行せず、
発送状態にならないままオーダー消失を食らい(米アマのミスらしい)、
一緒にオーダーしたゴルゴ13だけが残った状態を続けるのに不安があり
結局、自分でキャンセル。

あらためて発売日に今度は変猫と一緒にオーダー。
「消えた予約時から3ドル高くなった」と連絡したら差額が戻ってきた。
この返金は当たり前だと思ったが、後で気が付いたら実際は2.99ドルだった。
(価格最後の9と8の見間違え、米アマさん、申し訳ない)

この後、発送前に日本語音声時の字幕の仕様が分かり、物は昨日届いたんですが、
残念ながら未開封のまま即日返却を判断しました。
EMSで返送した、追跡番号、「自己都合なので、送料返却不要ね」、返却理由
(個人の都合だけど、この商品の仕様は日本では使い難いのが分かったのよ、ごめんね、次は注意するよ)
をメールしたら、「送料分も返却するように言うよ」と連絡があり、
直ぐに送料が返却されていました。この対応には正直驚いた。

2期を期待して、その時に日本向けBD-BOXが出るようなら購入かなぁ。
[ 2014/07/27 13:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL