物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「這いよれ! ニャル子さん」Blu-Ray版


タイトル:這いよれ! ニャル子さん
米 題:Nyaruko: Crawling With Love!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014年04月15日
定       価:$59.98
収録時間:288m
収録枚数:BD2枚
特   典:
○本編特典映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
    ・国産トレーラー映像
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「這いよれ! ニャル子さん」Blu-Ray版。
全12話を9,3のディスク2枚に収録。OVAは未収録です。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告あり。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

画質音質 1話
Size: 5,151,704,640 bytes
Length: 0:23:55.809
Total Bitrate: 28.70 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 25004 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Georgian / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 2304 kbps / 24-bit
Subtitle: English / 59.255 kbps







1080P。
画質はバンディング等も目立たず良いと思います。SENTAIのような明るくなっている感じもなし。

音声は日本語音声のみです。
パッケージは2つのThinPAKにディスクを1枚ずつ収納し、それをボックスに収納できます。
またおなじみのフルカラーアートブック付き。エピソードガイドなどが収録されています。



あらすじ
主人公「八坂 真尋」は謎の生物に追いかけられていた。そして彼を救ったのはあのクトゥルフ神話でおなじみの「ニャルラトホテプ」だったのだ。だが「ニャルラトホテプ」はカワイイ女の子、「ニャル子」だったのである。

とまぁこんな感じ。

はいっつーわけで、先週に引き続きアスミス大活躍の「這いよれ! ニャル子さん」を鑑賞いたしました。

さて今作品の魅力。やはりパロディでしょう。まぁ今作品自体がクトゥルフ神話のオマージュ?みたいなものなので、いわゆるパロディキャラがパロディをやるという無茶苦茶な展開が面白いかと思います。パロディと言っても先週紹介したえびてんのような体を使った学芸会のようなパロディは少なく、基本的には決め台詞とかそういったセリフをパロっているのが主体ですね。知ってる人は笑える、知らない人もなにそれwwwって感じで楽しめるかと思います。んーー正直実況向けというか、一人で見てるとちょっとむなしくなる気もしないでもないかな(笑。

さてストーリーだけど、まぁあってないようなものかと。序盤は登場人物達の紹介、そしてお決まりのように主人公がピンチになります。しかしその訳はBL俳優スカウトだったり、エロゲーのためだったりとそのオチは実にしょーもない「なんだそりゃ!」と楽しみましょう。水着シーンとかお決まりネタを挟みつつ、終盤は誰得のシリアス展開へと続きます・・・・ってもまぁ、オチは「なんじゃそりゃ!」だけどね(笑。

さて個人的な魅力として今作品の人間側の登場人物として目立っているのは主人公の「八坂 真尋」はもちろんだけど、その母親「八坂頼子」ですかね。終盤にはトシノーキョーコーとかがっばっていたですよ!って感じですけど、個人的にはなんつーかこう、甘やかされたい!俺、今作品で熟女の良さがわかったよ!!という感じでしたな(笑。そして・・・やはりハス太くんですなぁ。いやぁ・・・いいよね。うん。まぁあまり突っ込むと引き返せなくなるので、このへんで(笑。あとハーレムinというほどでもない立場のクー子も新鮮でよかったね。

で、真尋君なんだけど、まぁ、うざいのはわかる。よーくわかる。だけどフォークで刺すのはないと思います。僕、女の子に暴力とか大嫌いです。基本的に私はギャルゲー目線なので、真尋君を基本に見てたんだけど、ニャル子視点ならこの難攻不落な真尋君を攻略するって感じで見ることが出来るのかもしれませんな。というかそれが正しい見方なのかもしれませんな。



そんなわけで、ハイテンションパロディアニメ。面白いですぞ。かっとけ~。
[ 2014/04/27 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL