物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「えびてん 公立海老栖川高校天悶部」Blu-Ray版


タイトル:えびてん 公立海老栖川高校天悶部
米 題:Ebiten: Ebisugawa Public High School's Tenmonbu
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014年04月01日
定       価:$59.98
収録時間:275m
収録枚数:BD2枚
特   典:
○本編特典映像
・完全オリジナルエピソード「ギガゾーン23 PARTII 秘密く・だ・さ・い」
・ちょっぴりエッチな新作ショートアニメ1~5
・ミュージックビデオ「未来色の約束」
・プロモ映像
・WEBコマーシャル
・BD&DVDコマーシャル
・ノンクレジットオープニング
・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「えびてん 公立海老栖川高校天悶部」Blu-Ray版。
全10話+OVA1話の計11話を9,2のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告?あり、EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

画質音質 1話
Size: 4,343,279,616 bytes
Length: 0:26:12.571
Total Bitrate: 22.10 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19111 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1712 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 45.112 kbps






1080p。いつものsentai画質でバンディングはちょっと目立ったかな。
音声は日本語音声のみ。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

あらすじ

公立海老栖川高校天文部、もとい天悶部に所属する少年少女たちのパロディな日常劇。

とまぁこんな感じでしょうか。

私は「生徒会の一存」が好きです。もちろんTV1期のほうです。で、絵が似ていて学園物らしい今作品を楽しみにしていて、いざTVで見たわけです。
・・・・2話で切りました。で、今回、北米版が発売されることになり「いやまてよ。わざわざ北米で出すぐらいだし、あれからよくなるのか?」と思い、購入してみたんですが、えーーー、うん。

さて今作品の魅力!
まずは何と言っても狗神煌さんの描くかわいらしいキャラクター!そして今回は一存の頃よりもグッとエロ度がアップしているぞ!!エロ担当「金森 羽片」の脱ぎっぷりはなかなかだったと思います!そしてなんといってもパロディ。OP前のアバンから始まり、ストーリー展開、そしてEDに至るまでパロディありきで物語が進んでいきます。ぶっちゃけやりすぎだし、クオリティもあまりよろしいとは思えない。中途半端にえびてん色を出そうとしているのでどっちつかずのどっちらけ。・・・いやいや、むしろ学生による文化祭の演劇みたいで雰囲気があってよいかと思いますね!嫌いじゃないです!!そしてポイントポイントにはさんでくる小話もなかなか悪くない。個人的には生徒会長と天悶部副部長のバラ園ストーリーとかベタだけどだからこそよかったかと思いますね。というか今作品のキャラで好きなのは生徒会長かな。声は変だけど(笑。

で、基本パロディで中身はないんだけど、後半はなかなか良いストーリー展開でした。
まぁ、しょーもないパロディは相変わらずなんだけど(笑、別の自分を持つ主人公二人を見てくれた彼女。そしてそんな彼女を大切だからこそ自由にしてあげようとするもそれを不要と受け取ってしまう少女。このすれ違い描写とか、ほんとに糞パロディアニメか?と思うほどよい感じだったと思います。そして大切な物を守ろうとして臆病になっていた姉もまた共に進むと。そう。今作品、アスミスがヒロインだと思っていたら終盤は妹がメインヒロインでしたな。蚊帳の外というわけではないけど、んーーー、ちょっともったいない気がしないでもないかなぁ。

で、OVA。
OVAは・・・・正直見てるこっちが恥ずかしくなるような内容というか・・・・。いや、この痛々しさがえびてんの良さなのかもしれませんね。そして・・・おまけエピソード。はっきり言いますけど、私はこのおまけエピソード目当てで購入しました。なぜって?そりゃあんた!乳首☆解禁!だからです。クオリティはまぁおいといて、このキャラで乳首が拝めるのはありがたいと思います。ありがとうございました!!買ってよかったです!!



はい。つーわけで、改めて見ても正直パロディは・・・だけど、全体通して見るとそれほど悪くなかったと思いますね。
かっとけ~。
[ 2014/04/19 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL