物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

ブルーシード2

 
Blue Seed beyond Invasion from Within
ブルーシード2
定価$19.98  購入価格$10ぐらい
///////////////////////////////////////
リージョン : 1
収録時間 : 100m
音声 : 英語(2.0)、日本語(2.0)、
字幕:  英語、オフ可
ディスク:  1枚
特典
ノンクレジットオープニング
おまけ劇場1話
ADV作品紹介
///////////////////////////////////////
TV版ブルーシードはこちら


OVAの奇稲田封滅作戦Operation MITAMAの前編・後編、美人OL6人旅 秘湯大爆破の1話
計3話を1枚に収録しています。
OPは日本語表記の上に焼付字幕が入っており、EDは黒バックに英語テロップがダーです。
焼付き字幕に関してはOPのみで、まあ気にはなるけどしょうがないという感じですかね。
画質も古い作品ゆえか余りよろしくありません。OVAだけに作画等も良く、悪いっても年代の
悪さみたいなもので、ベターマンなんかと比べるとよいと思いますが。
平均ビットレートが7Mb/Srcで、年代考えればこんなものかな程度かと。
音声はTVシリーズにはスペイン語が入っていましたが、こちらは英語と日本語のみ。
映像特典としてはおなじみのおまけ劇場が入っています。wikiによると国内ではVHSで3巻
発売されたらしいですが、3巻ともおまけ劇場あったのかな。
このDVDには紅葉と草薙のダンスの1話が収録されています。



『奇稲田封滅作戦Operation MITAMA』はTVシリーズの後日談的なお話になっています。
TVシリーズで御霊にその運命を翻弄された藤宮紅葉と、彼女を守り続けてきた草薙護の物語が
終わり、このシリーズでは高校卒業後?なのかわかりませんが、かつて所属していた日本を守る
国土管理室での同僚、松平梓の元で御霊や荒神の研究をする紅葉、カメラマンとして生活する
草薙が描かれております。愛する草薙のためにも研究を続けるが、草薙の態度は以前と変わらず
付かず離れずな態度。
そんな中、滅んだはずの荒神の出現、草薙に近づく謎の少女バレンシア・タチバナをを交えたお話。


感想を言うといまいちでした。
TVシリーズはTVとは思えないほどよく動き、普通の恋もできず普通の女子高生として生活が
できない紅葉の苦悩、おろちの御霊に運命を翻弄された草薙や、国土管理室の面々と人々の
描写やクオリティの高い戦闘、夕方とは思えない演出の数々やテンポのよいコメディ描写など
傑作アニメでした。
OVAシリーズということでこれらのパワーアップを期待したのですが、まず紅葉がチョイ役(笑
アクションもTVシリーズより弱く、ボス敵との戦いも・・アレはあれで物語りとしては良いけど
ボス戦ぐらいは派手にやってほしかったですなぁ~。
焦点は紅葉と草薙の馴れ合いということで、草薙のために勉強する紅葉と化け物である事を理由に
避ける草薙の、TVシリーズで御馴染みのこっぱずかしい悶々とした描写ですな。
もうさ、おまえらまだこんな事やってんのかよ!って感じでした。んまあ最後はおまえを抱くぜ!
っていう感じで吹っ切れた感じはよかったと思いますがね。



美人OL6人旅 秘湯大爆破はOVAシリーズのバレンシア・タチバナを加えた
国土管理室の女キャラたちが温泉で遭遇した爆弾魔との戦い・・・・というかコメディ話ですな。
これはTV版のお色気を更にパワーアップしているので純粋に楽しめました。
TV版もエロエロで、やっぱブルーシードといえば紅葉のパンチラですよね!
SSのゲームでもさまざまなパンツ集めが楽しかった!!
みたいな人にはもうたまらないお話になっております。
ブルーシードってシリアスなお話なんですが、こういうギャグ描写も記憶に残っているんですよね。
そういう奴の集大成っていうかんじで、純粋に楽しめるお話になっていると思います。
ただこういうギャグ話でも「あちゃーやっちゃった」という感じで爆弾魔を射殺したりするので
10年前のアニメってやっぱすげーわと思いますな。




さて、今作品ですが絶版というわけではないでしょうがamazon.comやパシフィックなどでは
取り扱ってません。昨年BOXセットが発売された時も省かれたようなので今後も望み薄。
いまならamazon.caやライトスタッフで購入可能なので気になる人は購入しておきましょう。
国内版はアマゾンとかだとユーズドで8000円近くするんですなぁ~。

[ 2007/04/27 14:31 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL