物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「えむえむっ!」Blu-Ray版


タイトル:えむえむっ!
米 題:MM!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014年02月11日
定       価:$69.98
収録時間:300m
収録枚数:BD2枚
特   典:
○本編特典映像
     ・オーディオコメンタリー(第1話 竹達彩奈、早見沙織)
     ・ちょっと過激なショートストーリー『えすえすっ!』1~9話
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・プロモ映像
     ・CM映像
     ・DVDコマーシャル映像
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「えむえむっ!」Blu-Ray版。
全12話を9,3のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告あり、EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

1話。
Size: 5,059,074,048 bytes
Length: 0:25:12.511
Total Bitrate: 26.76 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19065 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2144 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1887 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1664 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 8.630 kbps
Subtitle: English / 44.449 kbps
Subtitle: English / 61.030 kbps





1080p。
DVD版も悪くはありませんでしたがよりクッキリして見やすいですな。
にゃんこい!と似たような感じ。

音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

あらすじ
ドМな高校生「砂戸 太郎」はドMな体質を治すべく「ちっぽけな人間の願いを叶える」をモットーに生徒の願いをかなえている「第二ボランティア部」を訪れる。そしてそこにいたのはドS少女「石動 美緒」だった。はたして「砂戸 太郎」はドMを治すことができるのだろうか!こうご期待!

という感じ。

感想などは北米DVD版「えむえむっ!」を参照してください。
http://mono2nk.blog102.fc2.com/blog-entry-693.html

はいっつーわけで、2011年9月に北米版DVDが発売され、あらためて英語音声を収録してリリースされた「えむえむっ!」を鑑賞いたしました。

んーー、やっぱり今作品は声優さんの演技が非常に良いですな。あやちのドSっぷりは言うまでもありませんが、個人的には姉と母親役のアスミスと大原さやかさんがやはり良かった。あーーこういう二人とあまあまいちゃいちゃな作品つくってくれねーかなぁ(笑。オススメのエロゲーがあれば教えてください!よろしくお願いします。

で、ストーリーに関しては、一度見た作品なのでそれほど新鮮ではありませんけど、相変わらず嵐子の過去話は・・・すいません飛ばしました(笑。あの話は胸糞悪くなるからもう見たくないんだよね(笑。あとそのあとのノアとのやり取りも個人的には好きになれないし、んーー、再度見ても嵐子は好きになれなかったかなぁ。それ以外は相変わらずのテンポのよさで変体たちが舞い踊るという感じでよかったと思います。



というわけで、癖のありすぎる登場人物たちのテンポのよいギャグ描写がウリの今作品。ぜひともかっとけ~。
[ 2014/03/16 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(1)
[ 2014/03/17 07:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL