物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「青の6号」Blu-Ray版


タイトル:青の6号
米 題:Blue Submarine No. 6
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2014年1月21日
定       価:$29.95
収録時間:130m
収録枚数:BD1枚
特   典:
○本編特典映像
     ・青の6号 digital plus
     ・家庭用ゲームアニメーション集(PS)
     ・郷田ほづみ「青の6号」を語る(インタビュー)
     ・我が愛しき「青の6号」(小澤さとる、岡部いさく)
     ・青の6号 CREATORS' EYE
     ・予告集(英語音声のみ)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「青の6号」Blu-Ray版。
全4話収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックなしです。

画質はこんな感じ。

1話。
Length: 0:28:43.179
Total Bitrate: 39.69 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 29484 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 4677 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit
Subtitle: English / 27.183 kbps





1080P。
かなり前の作品ですが思っていたよりも画質良いですね。くっきりとしてて線などもきれいに描写できていました。
ただ暗いシーンなどではざらつきやバンディングが見受けられるかな。
あとは今作品は3DCGを多用しているんだけど1999年-2000年代なので今と比べちゃうとしょぼさが目に付きますね。
HDではっきりくっきりになると余計しょぼく見えるかな(笑。

音声は日本語音声2種類と英語音声を収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにDISK1枚収納するタイプです。

あらすじ
物語の舞台は未来。世界を否定した「天才科学者ゾーンダイク」により生まれたミュータントたちと、それに立ち向かう「青」の面子たち。主人公は海水面が上昇し、水没した町でサルベージを営んでいた元青の「速水鉄」。彼の元に再び青に戻るようにヒロイン「紀之真弓」が彼の元へ向かうのだった。

とまぁこんな感じでしょうか。

はいっつーわけで、青の6号鑑賞いたしました。私はDVD版は所有しており初見ではないのですが、いやーーー北米版とはいえ画質のよさにちょっと驚きましたなぁ。

さて今作品の魅力。
ストーリー的には絶望した科学者が暴走してそれを守るために戦う人々という感じでありがちですが(まぁラストはありがちな勧善懲悪とはいえませんが)、その戦闘方法が潜水艦による海の中での戦いにあると思いますね。潜水艦のバトルといえば・・・Das Bootみたいな静と動といった感じを思い出しますけど、まぁアニメの尺の関係上もあるんでしょうけど、ありがちなドンパチ物にはなっていましたな。とはいえ、スクリュー音を発しながら進む魚雷や先の先を読む展開など見所は盛りだくさんかと思います。なによりOVAゆえのクオリティの高さが光る戦闘シーンだったと思いますね。

そしてもうひとつの魅力は・・・・いうまでもなく「ミューティオ」でしょう。
私が始めて心から萌えた獣娘でした(笑。ただ、いま改めて見ると結構ケバイですな。とはいえこの獣娘の存在こそ再び今作品を購入するきっかけになったのは確かですな(笑。まぁ、正直物足りなさはあるよね。もうちょっと主人公といちゃこらじゃないけどやり取りしてほしいと思った。TVシリーズだったら絶対盛りだくさんだったと思うし(笑。でもそういう話ではないんだよね。ラストの女性二人に抱きしめられて嘆く男達のシーン。非常に良かったけど、結局両者は別れてしまうんですよね。んーーいろいろ考えさせられるラストかと思います。

さて番外編。
今作品はゲームが出ているので紹介。



神ゲー、ドリームキャスト版「歳月不待人 TIME AND TIDE」です。

基本的には小型艇を操ってのサルベージを楽しむソフトなのですが、操作感、臨場感、シュミレーターとして実によくできているゲームだと思います。酸素満タンでサルベージに挑み、地下鉄跡を発見。覚えたての垂直潜行で進入しお宝を得るも、帰り道で落盤事故にあい閉じ込められる。地下鉄内を爆走するも酸素残量は・・・。いやーーーー個人的にはゲームをプレイしていて息苦しさを感じた始めてのゲームですな(笑。良質なパーツを手に入れたらいつもサルベージしている海域にある海溝へと進入そして深海へと永遠ともぐっていく・・・。そこに現れる巨大な敵とのバトル。フロート弾を使用しての引き上げがうまくいかないwwwwなど、いろいろ思い出深いゲームでしたなぁ。で、久々にやろうと思ったらVGABOXは見当たらないし、S端子とかもうTVについてないしwwww。ぜひともリメイク・・・は難しいでしょうけど、潜水艦ゲーム出してほしいと思いますね。



はいっつーわけで、短いしさくっと見れるのでお勧め。ゲームはもっとお勧め。
かっとけ~。
[ 2014/03/09 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(1)
意外なところに極めて数が少ないフリーのサルベージャーが!
歳月不待人は、深海で音楽が止まる演出が良かった。
そんな真っ暗な深海で、パッシブソナーが敵かコンテナか解らない何かの気配を感知する中、アクティブソナーのPingを打つあの緊張感!
[ 2014/03/09 01:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

online payday loans
物もの日記 北米版「青の6号」Blu-Ray版
[2014/07/28 22:28] online payday loans