物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「にゃんこい!」Blu-Ray版


タイトル:にゃんこい!
米 題:Nyan Koi!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2013年12月31日
定       価:$69.98
収録時間:300m
収録枚数:BD2枚
特   典:
○本編特典映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「にゃんこい!」Blu-Ray版。
全12話を9,3のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告あり、EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

では画質など。
1話
Size: 4,132,515,840 bytes
Length: 0:25:41.831
Total Bitrate: 21.44 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 15683 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2153 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2133 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 4.209 kbps
Subtitle: English / 44.236 kbps


2010年度DVD版との比較。

北米DVD(2010)

北米BD(2013)


北米DVD(2010)

北米BD(2013)


北米DVD(2010)

北米BD(2013)


1080p。
SENTAIらしいくっきり画質。輪郭線などもきれいですね。
バンディングはそれほど感じなかったかな。ちなみにもちろん規制解除版です。まぁパンツだけだけど!

音声は英語音声も収録。以前リリースされたDVD版には収録していなかったのにわざわざ収録したんでしょうね。
いやーわざわざ収録するほどのタイトルなんでしょうか・・・・、いや、僕は好きだよ!!
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚収納するタイプです。

あらすじ
主人公は高校2年生の「高坂 潤平」。
ある日、あやまって猫地蔵の首をもいでしまってから、猫の声が聞こえるようになってしまった。
そして彼に課せられた使命は100匹の猫の願い事を聞くということ。もしできなければ猫アレルギーな彼自身が猫になってしまう!!
猫の依頼を適当にこなしながらも、愛しの「水野 楓」や幼馴染の「住吉 加奈子」とのイチャラブ生活が始まるのだった!
「仕方ないわよ!お年頃だもの!!!!」

感想などはDVD版のレビューを参照してください。
北米版DVD「にゃんこい!」

はい。つーわけで、にゃんこい!BD版が昨年末、無事に発売されました。
DVD版が発売されたのが2010年12月14日、ちょうど3年後にBD版が英語音声付でリリースされたわけですなぁ。
今回はBD版の紹介ですが、DVD版も同時リリースされています。なんと価格は3年前のDVD版より10ドル高くなっています。
まぁ英語音声付いたからなんでしょうけど、しかしSENTAIは廉価版とかやらないよね。個人的にはほぼ買ってるからどうでもいいんだけどさ(笑。

さてにゃんこい!久々に鑑賞いたしました。んーやっぱり前半のテンポが最高に心地いいですね。あまりぶっ飛んでない展開に行きすぎないラブコメ描写、ぬるい!ぬるすぎる!だがそのぬるさこそ最高の癒しとなる。まさにそんなアニメかと思いますね。ゆかちの正統派ヒロインとか最近じゃなかなか見れないかと思いますぞ(笑。



はい。つーわけで、とがった部分はありませんけど、まったりとあっという間に見終えてしまう。
続きが気になる!原作は・・・・。こほん。かっとけ~。
[ 2014/02/09 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL