物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「ガールズ&パンツァー」Blu-Ray版


タイトル:ガールズ&パンツァー
米 題:Girls und Panzer
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A,B
発 売 日:2013年12月03日
定       価:$69.98
収録時間:300m
収録枚数:BD2枚
特   典:
○本編特典映像
     ・第5.5話「紹介します 1!」
     ・第10.5話「紹介します 2!」
     ・国産プロモ映像
     ・国産CM集
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「ガールズ&パンツァー」Blu-Ray版。
全12話を9,3のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、次回予告あり、EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕あり、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。それと以前まではプレイヤー側からの操作で字幕のオンオフを切り替え可能でしたが、今回は切り替えできません。FUNiの強制字幕のタイプと同じですな。

では画質など。国内版も持っているのでその比較。
第1話。

北米版BD
Size: 4,517,652,480 bytes
Length: 0:24:12.451
Total Bitrate: 24.88 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19009 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2145 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2119 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 3.278 kbps
Subtitle: English / 43.805 kbps


国内版BD
Size: 8,396,163,072 bytes
Length: 0:24:11.116
Total Bitrate: 46.29 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 36207 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.1 / 48 kHz / 2051 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.1 / 48 kHz / 768 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 2304 kbps / 24-bit
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit


北米版BD


国内版BD



北米版BD


国内版BD



北米版BD


国内版BD


1080p。
sentaiの北米版標準画質といったところですね。全体的に国内版よりも薄いというか明るく、グラデーションがガクついてバンディングが発生しているという感じ。ってもほかの北米版よりもバンディングはないと思いますね。空気感が薄れている感じはあるけど、シリアスアニメでもないのでそれほど影響はないかな。それと第1話だけ表示位置がずれています。

北米版BD


国内版BD



2話以降は左側と下側にある黒枠はなく、全画面になっています。んーーー、PS3で最初見たときは気づかず、こうして比較して気づいたわけですが、一度気づくと気になりますな(笑。回収とかはたぶんないと思いますね。次の出荷時に修正してくるかは・・・ないような気もしますな。まぁ、コレが北米版だ!という事で。あとは、日本語音声時強制字幕なのですが、会話以外の字幕。たとえば携帯メッセージとかそういう絵の文字部分などは直接上に字幕が表示されます。ゆえにその部分は日本語が見づらい状態なわけですな。



まぁしょうがないですなこれは。

音声は英語音声も収録。
それと音声についてですが、第8話のプラウダ高校戦で「カチューシャ」が流れて歌うシーンがあります。北米版はこのシーンが「カチューシャ」ではなく「コロブチカ」に差し替わっており、歌がないため口パクもなしの差し替えになっています。注意。
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク2枚を収納するタイプです。


あらすじ
華道や茶道と並び大和撫子の嗜みとされている武道「戦車道」が存在する世界。
主人公の女子高生「西住みほ」は戦車道のない学校「大洗女子学園」へと転校してくるのだが、生徒会の陰謀により再び彼女は戦車道へと関わることになってしまう。学園でできた友人達と共に彼女の新たな戦車道が始まるのだった。

とまぁこんな感じですかね。
つーわけで、ガルパンこと「ガールズ&パンツァー」を鑑賞いたしました。いやぁーー、国内版も何度も見ているのですが、改めて北米版も一気に鑑賞してしまいました。んーーやっぱテンポが非常に良いと思いますね。1クールだからこそのテンポだと思います。日常と戦闘をきっちり分けて、あまり深く突っ込まず(笑、だらだらさせずに大円団でびしっと締める。物足りなさはもちろん感じますけど、見終わった感を感じられるアニメは久々だったような気がしますね(笑。

さて今作品の魅力。まずは言うまでもなくその独特の世界観ですね。女の子が戦車に乗って戦う。それが当たり前の世界でのお話になるわけで、ぶっちゃけ序盤の1,2話はそんな世界で普通の女子高生が何をやるつもりなんだろう?といった感じでした。しかし模擬戦から聖グロリアーナ女学院戦。ここの戦闘描写のクオリティにやられましたな。これまでのアニメで出てきた戦車とは違う、戦車が主役のクオリティ。そしてBGMとの調和がすばらしく、個人的には終盤のマウス登場から黒森峰女学園の行進あたりが最高にかっこよかったですな。ゾクゾクしちゃいました。うん。やっぱ男の子だもん。戦車かっこいいよね!!そしてかわいい女の子たちが青春という名のもとに必死に戦うわけで、そりゃ熱く応援しますよな!!

そしてそんな戦車で戦う女の子たちもステキでしたな。
主人公の「西住みほ」率いるあんこうチーム。主役だけあって目立つチームなんだけど、それゆえ仲間達の絆が光るチームでしたね。終盤、沈没しそうになってる戦車にたいして心の葛藤を見せるシーン。そこでやさしく「行ってあげなよ。」と言った武部 沙織。ここまで感動とは無縁だったんですけど、ここでちょっとぐっと来てしまいました(笑。いいですなぁ仲間って。生徒会率いるカメさんチームは凸凹コンビはもちろんですけど、やっぱ生徒会長の能力のすごさが印象にありますね。序盤はいやな糞野郎でしたけど、終盤はなかなかいいポジションをキープしていたと思います。
アヒルさんチームはなんだかんだ生き残ってるしぶといチームでしたな。リーダーの体系がしょっぱいというのもまた良し!俺に良し!!

うさぎさんチーム。序盤は戦車から逃げ出してしまうしょーがない子で低学年らしくキャイキャイワイワイと騒がしい彼女たち。しかし終盤では仲間のために自ら犠牲になって敵を撃破しましたな。今作品で一番成長が見られたチームだと思いますね。といっても相変わらずな1年生たちでした!という感じもまた良し!俺に良し!!カバさんチームはイロモノ担当という感じでしたな(笑。カモさんチームは「もくもくよーい」の変なアクセントが印象に残っています。レオポンさんチームはなんだかんだいって今作品で一番すごいのは彼女たち自動車部でしょうな(笑。終盤の橋を破壊しての走行シーンとかこいつらかっけーなぁーって感じでした。アリクイさんチームはイロモノ担当2という感じか。まぁこれから?ですかね。

そして敵側もまた魅力的でしたな。まぁどれもこれもかなりアクの強いキャラクターばかりでしたけど(笑、個人的に一番好きなのは・・・ペコちゃんですぁ。ペコちゃんかわいかったですなぁ。グロリアーナ編とかやってくれねぇかなぁ。vitaでゲームでるらしいじゃないっすか。ペコちゃんといちゃいちゃしてねぇなぁ。だれか何とかしてくれねぇかなぁ・・・はぁ・・・ペコちゃん・・・・・。コホン。敵でやはり一番良かったのは西住 まほでしょうな。厳しさは当然ありますけど、妹が自分の戦車道を見つけられるように本気で戦うラストのシーン。ん~、最後はリトルアーミーなんかともつながっていて余計にジーンとくる名場面だったかと思いますな。



はい。つーわけで!今後も劇場版やゲームソフトなど、展開目白押しです。
北米版で予習しておきましょう。かっとけ~。
[ 2013/11/30 00:17 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(2)
 海外のには、黒線が入っちゃってるんですか。これは比較してみないと分からない。安いには安いなりの理由があるということでしょうか。数字を使っての比較も分かり易く、感謝です。
 ところで、私もぺこちゃん好きです。ぺこちゃん最高です。ダージリンが卒業するとペコちゃんが指揮するんでしょうか。胸熱です。
[ 2013/11/30 03:11 ] [ 編集 ]
 
×大円団
○大団円
[ 2013/11/30 01:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL