物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「王立宇宙軍 オネアミスの翼」Blu-Ray版


タイトル:王立宇宙軍 オネアミスの翼
米 題:Royal Space Force Wings of Honneamise
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2013年10月15日
定       価:$39.98
収録時間:125m
収録枚数:BD1枚
特   典:
○本編特典映像
     ・国内トレーラー映像
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「王立宇宙軍 オネアミスの翼」Blu-Ray版。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、共和国側の日本語字幕は焼きつきなので消されていることもなし。
EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕なし、強制字幕なし、国ロックありです。
BDプレイヤーのセキュリティ項目の国コードが「日本」になっている場合、警告メッセージが表示されて一切再生ができません。日本以外の設定であれば通常メニューが表示されます。お使いのプレイヤーが変更可能かどうか確認してから購入しましょう。なお字幕はメニュー上からは非表示にできませんが、プレイヤー側の操作で消すことが可能です。

では画質など。

Size: 25,684,008,960 bytes
Length: 2:01:28.281
Total Bitrate: 28.19 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 20000 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 2117 kbps / 24-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 4344 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 0.032 kbps
Subtitle: English / 22.452 kbps








1080P。サウンドリニューアル版。
26年前とは思えないほどきれいな映像ですな。この手のフィルム作品だと結構ノイズが酷く感じるけど、今作品に限ってはそれほど強烈には感じず、バンディングなども気になりませんでしたね。

音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから再生、チャプターセレクト、言語セレクト、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク1枚を収納するタイプです。

あらすじ
もうひとつの地球にある「オネアミス王国」にて人類初となった宇宙飛行士の物語。

はいっ、つーわけで、名作「王立宇宙軍 オネアミスの翼」を鑑賞いたしました。
今作品、2007年に北米市場にて一度Blu-Ray版がBandai.Entより発売されていますが、価格が$79.98となかなかお高い価格でした。それから6年、バンダイが北米市場から手を引いて引き続きSentai Filmworks/MAIDEN JAPANが販売ライセンスを取って北米市場に再度登場したわけですな。価格は$39.98とようやっと購入することができました(笑。

さて今作品の魅力。
何と言ってもその世界観、緻密でリアリティのある描写の数々でしょうね。若きGAINAXの情熱というか若きパワーという物を画面からひしひしと感じ取ることができると思います。昔らしいキャラクターデザインも古臭さを感じさせず、その綿密な世界にぴったりと溶け込んでいますな。そして物語を盛り上げるBGMには世界の坂本ですな。サイケデリックで奇抜だがごみごみとしたこの世界に妙にあった不思議な音楽でした。いやぁーこの豪華さこそ、劇場版という感じですね。

さてストーリー。
まぁストーリーに関しては、幼いころの夢だったパイロットをあきらめた主人公と仲間達が力を合わせてロケット打ち上げに成功するといったありがちな話ではありますな。そこには恩師・・・とまではいかないだろうけど、ロケットに命をかけてきた博士の死、ロケットは戦争の道具だ!と批判する人々、そして他国からの圧力といくつもの障害があるわけです。それを乗り越えて、主人公は宇宙へと行くわけです。なぜ行くのか。それはまぁ見てのお楽しみという事ですかね(笑。

さて、個人的に好きなシーンは空軍での飛行訓練シーンですね。目をランランと輝かせて子供のような笑顔で飛行機に乗る主人公が良かったですな。そしてラストの「命をかけてまでやることではない。くだらない。」とあきらめてしまった大人たちに「くだらないなんて言うな。俺は十分立派にやるんだ!」と言ったシーンですな。ここまできたらやめられませんよな。私も見ていて強く思いましたね。



はい。つーわけで、名作です。かっとけ~。
[ 2013/10/19 00:00 ] 日記 | TB(1) | CM(1)
特典映像に
こんにちわ。
いつも購入の参考に読ませていただいてます。
質問なんですが、
パイロット版の映像って入ってますか?
これも字幕が焼き付きだったような、うろ覚えです(LDで見た記憶です)
よかったら、教えてくださいませ。
[ 2013/10/22 19:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プラダ バッグ
物もの日記 北米版「王立宇宙軍 オネアミスの翼」Blu-Ray版
[2013/11/26 11:32] プラダ バッグ