物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「映画けいおん!」Blu-ray版


米 題:K-ON! The Movie
題 名:映画けいおん!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2013/05/21
定       価:$39.98
収録時間:110m
収録枚数:1枚
特   典:
○特典映像(日本語音声+英語字幕)
   ・田中みな実のアフレコ潜入リポート
   ・放課後ティータイムin TBS 記者会見映像
   ・映画「けいおん!」ナビ番組 1・2・3はけいおん!
   ・12/3 初日舞台挨拶映像
   ・山田尚子監督inロンドン
   ・向井政生のけいおん音楽堂
   ・国内トレーラー映像
   ・国産ティザー映像
   ・国産番宣映像(映画化決定!など)
   ・ノンクレジットオープニング
   ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「映画けいおん!」Blu-ray版。
OPEDテロップは日本語表記、日本語EDテロップ後に英語テロップが流れる仕様です。
焼き付き字幕や強制字幕はありませんでした。国ロックもなし。
なお字幕はメニュー上では操作できませんが、プレイヤー側で消すことが可能です。

Size: 24,896,145,408 bytes
Length: 1:50:49.643
Total Bitrate: 29.95 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19858 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 4215 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 4064 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 6.426 kbps
Subtitle: English / 32.391 kbps









1080p。
収録時間の少ない映画だし25GBのBDでも使ってくるかと思いきや、50GBBD使用でレートも高く非常に高画質ですね。1期はもちろん2期よりも良いと思います。
sentaiに良く見られるバンディングも気になるような部分はありませんでした。

音声は英語音声も収録。なお歌の部分は日本語の歌に差し替わっています。
あと外人さんのセリフには日本語字幕はありません。国内版見たことないので、あったかどうかわかりませんけどね。
メニュー周りはトップから再生、言語選択、チャプターセレクト、エキストラ。
パケは通常のBDケースにディスク1枚を収納するタイプです。
ライナノーツなどはなし。

あらすじ
大学も決まり卒業までの日々をいつものようにだらだらと過ごす「平沢 唯」「秋山 澪」「田井中 律」「琴吹 紬」らけいおん部の面々。後に残る「中野 梓」のために何かをしたいと思う彼女たちは、梓も巻き込んで卒業旅行へと出かけるのだが・・・。

とまぁこんな感じでしょうか。
TV1期2期のレビューも参照してください。

北米版けいおん!BD版

北米版けいおん!!BD版

はいっ!つーわけで、映画!けいおん、鑑賞いたしました。劇場版には当然ながら足を運んでおらず、クリスマスのTV放映もみておりません。北米版まで待っておりました!!!というわけでさっそく鑑賞したわけですが・・・。

正直いうと1期はともかく2期はマッタリしすぎでやや退屈な部分がありました、映画といってもそれほど変わりはないだろうなぁ・・・と思いつつ見始めたら、いきなりのハードロック!そして音楽性の違いによる対立!!・・・・、つかみは最高でしたな(笑。序盤はこのどこか懐かしくも映画版!という事で気合いの入ったギャグ描写、そしてテンポが非常に良かったと思いますね。個人的に旅行の行き先をトンちゃんが決めるってどーなんだろうとは思いましたな。あと澪は母親の事をママって呼んでるのが衝撃的でした(笑。

そしてロンドンまでの描写。ここすごく良かったですな。
薄暗い人気のない朝早くに駅に集まり、電車に乗って空港へ。そして活気のある空港描写に歩く歩道や待合室でのだらだら描写。映画を見ている私自身も旅をしているかのようなわくわく感が伝わってきましたな。飛行機が飛び立つときの座席個別モニター映像とか「こまかいなーーでもこれ、いいなーわかるわ」って変に感心してしまいました(笑。そして現地について、自分の荷物だけがまだ来ないwwwww「あるある」ですな(笑。

さてロンドン。
基本的には観光描写を入れつつ、目玉はスシバーでのライブでしょうかね。そしてその後はジャパンエキスポみたいな所での臨時演奏とけいおん!らしさが満載だったと思います。んーー、まぁロンドン描写はいつも学校や家の描写が多いけいおん!では珍しさがあったけど、これといったインパクトもなく、じつにけいおん部らしい彼女たちを安心して見ていられたという感じですかな。個人的にはあずにゃんの描写が良かったね。唯と一緒の部屋でドキドキしてる描写とか。・・・・えっ?そういうんじゃないって?うん。

さて、帰国後、あずにゃんのために歌を歌います。
今作品で一番良かったのが屋上での描写かな。いつも一緒にいた一番身近で大切な人のために歌う、これまでのどんなことよりも緊張する4人の描写。なんつーかここで一線というか、いよいよお別れなんだなぁ・・・と実感してしまいましたね。彼女たちは無事歌えるんだろうか?あずにゃんも良い子だからお互い涙でぐちょぐちょになってしまわないだろうか・・・・。正直その手のお涙ちょうだいエンディングを想像していたんですけど、今作品は全く違いましたな。卒業はしてしまうけど、いつもの延長線上で終わりではなくまだまだ先がある。なかなか良い終わり方だったと思いますな。



はい。つーわけで、北米けいおんシリーズも無事終了。
久々にけいおん部の彼女たちを見たけど、いやーーーあずにゃん、ほんとかわいかったですな(笑。
劇場版はあずにゃんみるためと言っても過言ではないと思います。かっとけ~。
[ 2013/05/25 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

フェラガモ アウトレット
物もの日記 北米版「映画けいおん!」Blu-ray版