物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「異世界の聖機師物語」DVD/Blu-ray版


題 名:異世界の聖機師物語
米 題:Tenchi Muyo War on Geminar
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A,B
発 売 日:2013/05/21
定       価:1巻通常版$64.98/限定版$69.99 2巻$64.98 
収録時間:322M+271M
収録枚数:1巻DVD3枚+Blu-Ray2枚 2巻DVD2枚+Blu-Ray2枚
特   典:
○特典映像(コメンタリー以外は日本語音声+英語字幕)
    ・コメンタリー(米スタッフ)
    ・Alchemy+"DESTINO"メイキング映像
    ・発売記念イベント用 ダイジェスト(第1話後半~第2話)
    ・異世界の聖機師物語 音楽収録風景
    ・ペイ・パー・ビュー 番宣告知#1~#13
    ・teaser trailer 先行PV1~5
    ・第1巻、第2巻 発売告知
    ・或る日の聖機師放送局収録風景(8:04)
    ・Webトレーラー映像1~3
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
○1巻限定版特典
    ・小冊子
    ・収納ボックス
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「異世界の聖機師物語」DVD/Blu-ray版。
1巻は前半7話をDVD版は3,3,1、Blu-Ray版は5,2で収録。
2巻は後半6話をDVD版は3,3、Blu-Ray版は4,2で収録。
OPEDテロップは英語表記、副題なども英語表記、次回予告あり。
焼き付き字幕なし、差し替え強制字幕あり、強制字幕なし、国ロックなし。

差し替え強制字幕だけど、第1話、一番最初の日本語字幕と最終13話の一番最後の日本語字幕は英語に差し替えてあります。
まぁ・・・差し替えられる部分ならわざわざ日本語残す必要もないだろうし、しょうがないですな。
昔みたいに上書き強制字幕よりはマシかと。とはいえ、ある意味一番重要なポイントなのでわからない人は検索でもしてみましょう。
あと、明らかにおかしいのはOPの題名がない(笑。OP城アップ後の「異世界の聖機師物語」ってやつね。
これ英語と差し替えでもなく単純にないんだよ。おかしいだろこれwww。

仕様は以下の通り。

○DVD版
・リージョン:1
・映像仕様:16:9
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1 448Kbps
      日本語 ドルピーデジタル5.1 448Kbps

平均ビットレート6.73Mb/Sec。
ボケジャギ。

○BD版
Size: 6,077,085,696 bytes
Length: 0:51:03.977
Total Bitrate: 15.87 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 5991 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2287 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -5dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 1706 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -11dB)
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 581 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -6dB)
Subtitle: English / 38.312 kbps
Subtitle: English / 1.938 kbps








1080p。
なんつーかボケっとした画質。1時間アニメにしては容量的も少なめで低レートですな。個人的にはハーレムアニメなんて艶ってテカってなんぼだと思うので、せっかくのHDなのに残念だなぁと思うかな。でもアップとかはきれいだし、彩色も鮮やかで良いかと思います。あとはバンディングもちょっと目立つかな。

メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常場のBDケースにそれぞれディスクを収める形になります。1巻限定版には1巻2巻を収納できるボックス付きですね。いやーーボックスアート良いですな。これぞハーレムアニメという感じです。また1巻限定版には小冊子が付いてきます。アート集ですね。

あらすじ
空気中のエネルギー「エナ」を利用した技術「亜法」によって文明を支える異世界ジェミナーが舞台。大国「シュトレイユ皇国」の若き姫「ラシャラ・アース」はとある暗殺者に命を狙われる。彼の名前は「柾木 剣士」。あの「天地無用!魎皇鬼」の主人公・柾木天地の異母弟だったのである!!!

とまぁこんな感じでしょうか(笑。

というわけで、梶島ワールド炸裂の「異世界の聖機師物語」を鑑賞いたしました。いやぁ・・・・少々古臭く感じる部分もあるにはあったのですが(リアクションとか)、逆に安心感というか昔に戻ったみたいな気分で鑑賞出来ましたな(笑。では今作品の魅力を。

まず何といっても重要なのが「俺TUEEEE」。
主人公の「柾木 剣士」は柾木天地の異母弟ってだけで天地無用を知っている人からすれば納得できるんですが、そのスペックは恐ろしいです。純粋な戦闘能力はもちろんですが、聖機人を操る力だけでなくワウの作るメカを操る能力。もちろん戦闘方面だけでなく、ぱっと見ただけで効果のある薬を作ってしまう調合能力、料理はもちろんのこと、マッサージテクニック、果てはサバイバル生活まで難なくこなしてしまう。もうお前だけでいいんじゃないかな・・・・まさにそれです。とはいえそれだけを全面に押し出して女がよってくるわけではありません。たとえば第1話終盤などは剣士寝てるだけでしたからね。

そう、やはり「世界観」をしっかりと描いている部分も素晴らしいと思います。
基本的に物語は導入部を除いて前半は「学園編」、そして後半は・・・んーまぁ単純に「バトル編」ですかね。学園編はこの異世界「ジェミナー」についての説明、スカートの中身で勝負とかお風呂描写といった描写、そしてそれぞれの国を代表するヒロインたちとのやり取りにより浮かんでくる国のあり様など、世界観や生活観を身近に感じられる演出が良かったですね。1話あたり50分のおかげか中途半端に区切られることもなく、じっくりとその世界を味わえるのもポイントかと。そしてそんな世界観に紛れ込むのが・・・、授与式でのバニースーツ?や猫耳、そしてまくら投げ大会にあーーれーー!、そしてナイスブルマ!!ほんと誰だこんなの持ち込んだやつはwwwwと思ってしまうほど違和感があるんですが、このコテコテさが梶島ワールドらしさを感じさせる良いポイントでしたな。褐色エルフのブルマ姿、最高でした。



さてさて、忘れてはならないのが「ハーレム描写」でしょう。
ハーレムといってもどちらかといえばお姉さまハーレムというのが梶島ワールドの醍醐味かと思いますね。そして今作品でももちろんそうなんですけど、規模がまた素晴らしい。メインキャラクターはもちろんですけど、フローラ様(松来未祐)みたいなのや、終盤でも新たに「ネイザイ」といったキャラクターを追加したり、そして終盤は国を作り集まる女子生徒の山山山。そしてそれら大量の女性たちとやることといえば・・・ぶっちゃけいろんな追いかけっこなわけですな。はぁ・・・ほんとしょーもないと思う(笑。だけど、いやぁ・・・素晴らしい。はぁ・・・、癒される(笑。

こほん。個人的に一番好きなのは言うまでもなく「ユキネ・メア」。基本お姉さまキャラばかりなので気が強いキャラクターばかりじゃないですか。そんな中で恥ずかしがり屋で天然キャラのユキネにはほんと癒されました。ていうか本編での描写もちょっと優遇されていたと思いますね(笑。あとワウも個人的に好きかな。「女性でよかったー」とか時たま見せるデレ描写が良い。あと褐色エルフのアウラ様も寝起き描写とか非常にかわいらしかったね。ていうか基本的にそれぞれのヒロインにしっかりとスポットが当たっていて良かったと思いますね。・・・・・、あ、ドールは元に戻らないでほしいと思います(笑。

さてラストは不満点。
今作品はストーリー的には聖機神とババルンがラスボスなんだけど、ぶっちゃけそれは最終話だけで、戦闘のほとんどはプライドだけが高い「ダグマイヤ率いる山賊団」なんです。ぶっちゃけ、しょぼすぎるwwwww。剣士にすら「そこまで頭よさそうじゃない」と言われる奴らなんです。いや、これが初見だったら「ダグマイヤ・・・何をやるつもりなんだ!!」とか思ったかも知れないんですけど、一度全部見ていると「だwwwぐwwwまwwwwいwwwwやwwww」になってしまう。まぁ・・山賊のおばさん抱いたり、ラストは恐怖をこらえて一騎打ちと頑張っていたと思うよ。だけどさ、1分もしないでやられちゃって、側近の学生男から「潮時だな・・」とか言われてんだよ。潮時って潮すらきてねーよという感じなのにさwww。こほん。いや、まぁ実に愛すべきキャラクターだったとは思うけどね。あとはまぁ不満というか天地キャラのカメオ出演みたいなのがなかった点かな。とはいえ彼らが来たら全部持ってかれちゃうからこれは良かったと思うかな。



はい。つーわけで、いやーーこのテンポ、懐かしい感覚で非常に癒されましたな。
天地好きなら楽しめると思います。かっとけ~。
[ 2013/05/18 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(3)
 
嫌いじゃなかった
嫌いじゃなかったんだけど・・・なんか最後までモヤモヤしっぱなしだったな
[ 2013/05/19 02:37 ] [ 編集 ]
最終話で続編の含みをもたせてたから、2期を期待したいんだけど・・・製作されないかな。

天地も国内廉価版DVD(1~3期)出てますけどGXPも出ないかなぁ・・・。北米版BDが出れば即買いするんですけどね・・・。
[ 2013/05/19 00:13 ] [ 編集 ]
懐かしい。
全体として楽しめたけど、なんとなく1話が一番好きだった。
[ 2013/05/18 07:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

フェラガモ 財布
物もの日記 北米版「異世界の聖機師物語」DVD/Blu-ray版
[2013/07/03 12:32] フェラガモ 財布