物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「ペルソナ4」DVD版


タイトル:ペルソナ4
米 題:Persona 4
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2012/09/18
定 価:$59.98
収録時間:300m
収録枚数:3枚
映像仕様:16:9
音声仕様:英語   ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
          日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
          日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps(コメンタリー)
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
    ・TVバージョン1話(オンエア版が特典扱い)
    ・オーディオコメンタリー(国内スタッフ 全話)
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「ペルソナ4」DVD版。

前半12話を3,4,5のディスク3枚に収録。
OPEDは日本語クレジット、タイトルや副題なども国内オリジナル、次回予告あり、各話終了後英語テロップが流れます。
焼き付き字幕や強制字幕は見当たらず。
画質は平均ビットレートが6.5Mb/sec。DVDらしい解像度の低さはありますが、ボケもなくクッキリタイプの見やすい画質です。
音声は英語音声も収録。あと珍しく日本語コメンタリーも全話収録されていますね。
メニュー周りはトップから各話選択、言語選択、エキストラ。
パケは通常のDVDケースに3枚収納するタイプです。小冊子などは当然ながらなし。

あらすじ

主人公は両親の仕事の都合で叔父「堂島 遼太郎」家に居候することになった青年「鳴上 悠」。
転校した学校では「雨の夜の午前0時に点いていないテレビで自分の顔を見つめると別の人間が映る」という噂がながれ、時を同じくして不可解な連続殺人事件が始まるのだった・・・・。

とまぁこんな感じかな。



はい。つーわけで、P4鑑賞いたしました。
・・・・まぁ、いろいろあった作品ですな。
詳しくは↓
北米版「ペルソナ4」BD版は日本語オリジナル音声カット!!

さて今作品の魅力から。
やはりストーリーでしょうね。ゲーム版では仲間たちとの絆、そしてペルソナという力を使った戦い、1年という短い期間だがその中身は実に充実した日々でした。PS2版、そしてVITAをやりこんだ感想なんだけど、それを忠実に再現していると思いますね。まぁぶっちゃけストーリーの先が見えているので飽きるといえば飽きるけど、実際キャラクターが動きまくっているのは見ていて新鮮でしたね。ホモ編あたりとかアニメで動き回るからこそ出来るという感じでよかったですな(笑。

キャラクター。
キャラクターの再現度というか作画なども非常に良かったと思う。特に良かったというか、アニメ版を見て可愛さに初めて気づいたのが「里中 千枝」でした。ゲーム版では筋肉バカって感じで眼中に無く(というかテレ顔がいまいち・・・)、雪子とか直斗、そして菜々子ばかりを追っていたんですが、いやーー確かに筋肉バカではあるんだけど、なんか小動物みたいで可愛い!チエちゃんかわいいクマ!というかアニメ版放映により増えた同人関係で彼女の魅力に気がついたというのが本音でございます!!ただ・・・まぁなんつーかあのヒゲみたいな陰はなんとかならなかったんでしょうかね。

あとキャラクターと言えばやはり主人公「鳴上 悠」ですな。
ゲーム版ではプレイヤー自身で選択しり行動が決まるキャラクターですが、アニメ版ではそういうわけにもいかないわけで、当然ながらキャラ付けがされています。基本的にはノリのよい先輩タイプと言う感じか(笑。まぁ悪くはないと思いますね。ペルソナを使い分け連携させる戦闘シーンなんかは当然ながらゲーム版では見られないので非常に熱くかっこよかったと思いますな。



はい。つーわけで、1巻は12話収録。
基本的に出会い、そして仲間たちとの絆を描き一応の結末を迎えます。が・・・果たして事件は解決したのだろうか・・・。というわけですな。そして2巻は2013年1月発売予定です。んーーー、日本語も含まれた完全版BDBOXが出るのかはわかりませんが、とりあえずクオリティで損はないかと思います。かっとけ~。
[ 2012/11/11 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL