物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

仏版「Fate/Zero」DVD/Blu-ray版


題 名:Fate/Zero
仏 題:Fate/Zero - Integrale saison 1
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:B
発 売 日:2012/10/03
定       価:EUR49.95
収録時間:352m
収録枚数:計4枚
特   典:
○特典映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
    ・お願い!アインツベルン相談室1,2,3
    ・プロモ映像
/////////////////////////////////////////////////////////////////
仏版「Fate/Zero」DVD/Blu-ray版1巻。
北米版じゃないけど、今回もおまけということで。

Blu-Ray版は前半13話をディスク1枚に収録。DVD版は4,5,4の3枚に収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名は日本語オリジナル、アバンあり、次回予告あり。副題はフランス語表記になっています。
Blu-ray版には焼きつき字幕があります。
またリージョンはBなので国内BDプレイヤーでは再生できません。再生出来るプレイヤーが必要になります。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版

・リージョン:2
・収録時間:352m
・収録枚数:3枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:日本語 ドルピーデジタル 192Kbps

リージョンは2ですがPAL方式での収録なので国内プレイヤーでは通常は再生できません。
画質はDVDらしく解像度が低い感じでボケはそれほどでもないけどかなりノイジー。
平均ビットレートは6.23Mb/Sec。
ちなみにノンテロOPED以外の特典はDVDのみに収録されています。

○BD版

第1話
Size: 6,169,214,976 bytes
Length: 0:47:39.106
Total Bitrate: 17.26 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 14652 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit
Subtitle: French / 36.148 kbps








HD作品。
はっきり言って悪いです。DVDよりは解像度が高いこと、そしてufotableによるクオリティの高さに大分助けられている感はありますが、暗い場面などではチラツキザラツキがひどく、バンディングもクッキリと現れて雰囲気台無しです。



このシーンとかよくわかると思います。
暗い画面以外はノイジー感はあるけど、ブロックノイズで映像が潰れるとかそういうことはなし。細かい部分もきれいに描写は出来ていると思います。んー、というか、これほどクオリティ高い作品をディスク1枚に13話詰め込むほうが無理がありますな。国内版、北米版共に3万、仏版は実販4千円。価格差ほどにクオリティに差があるかどうかは国内版見たことないのでわかりませんけど、ん~ちょっと厳しいね。

音声は日本語音声のみ。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、エキストラ選択。
パケは観音開きのデジパック仕様。印刷品質は北米版とあまり変わりないかな。

あらすじ

ベースになるあらすじは以下を参照。
北米版「Fate/stay night」DVD版。
北米版「Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS」
独版「Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS」
今作品は上記「第五次聖杯戦争」の前、「第四次聖杯戦争」の話です。
五次の主人公「衛宮士郎」の義父「衛宮 切嗣」が主人公で、五次の時、セイバーが言った「前回の聖杯戦争は遅れをとらなかった」といった前回の聖杯戦争の物語になります(笑。

1巻は1話~13話まで収録。
基本的にはキャラクター紹介をベースに前哨戦みたいな感じでしたね。
では陣営ごとに前半で感じたことなど。

セイバー陣営
魔術師殺しでゲスな戦いを平然と行う「衛宮 切嗣」、切嗣の妻であり聖杯の器として作られたホムンクルス「アイリスフィール・フォン・アインツベルン」そして英霊はセイバー。基本的に前半は地味でしたな。一応主人公だけに戦いのメインになるわけだけど、横槍が来て危ないところを助けられる美味しいところをもってかれるし。切嗣の過去や戦う理由など2巻からが本番という気もしますね。前半の見所は戦闘シーンももちろんだけど、王としての問答のところかな。「そんな事よりおつまみはないのですか!」といったギャグ要素は一切ありませんが(笑、理想に準じてこそ王というセイバー。そして切嗣もまた理想の世界を求めて戦う。そういえばこの二人って本編で会話したシーン・・・思い出せないな(笑。

アーチャー陣営
凛ちゃんのパパ「遠坂 時臣」と英霊はアーチャー「ギルガメッシュ」
基本的に裏に回るばっかりで活躍は2巻ですかね。とはいえ単独行動スキルのお陰で動きまわるギルガメッシュが素晴らしかったですね。「そもそも聖杯は俺のもの」「俺の酒が飲めないのか!」から始まる王どうしの問答シーンはなかなかのジャイアニズムっぷりが良かったですな。そしてはやりこの陣営で忘れてはならないのが凛ちゃん。1話丸々使った凛ちゃん探偵物語はほんわか・・・しねーーよwwww。いや、まぁ、グロいシーンはなかったけど。いやそれよりも最後に登場したおじさんが「俺のサーヴァントは最強なんだ!」とかアイタタタな発言してたことのほうが記憶にあるな(笑。

アサシン陣営
本作品のもう一人の主人公「言峰 綺礼」、英霊はアサシン「ハサン」
追跡者といった感じで切嗣を追い続ける言峰。あの剣のもち方を見た時思わず「シエル先輩と一緒だ!!!」と興奮しました(笑。・・・・いや、まぁ、それはそれとして、見所はやはりアーチャーとの対話シーンですかね。なんとなく言峰の落ちる先が見えるというか、終盤の展開が非常に楽しみでありますな。(ちなみに私、TV放映は2期の1,2話程度しかみてません)。一方英霊のアサシンだけど・・・・、まぁ、ヤラレ役ですな。

ライダー陣営
貧弱な青年「ウェイバー・ベルベット」と英霊はライダー「イスカンダル」。
・・・・・・、いやぁ、私そう言う属性はないんだけど、なんつーか大は小を兼ねるというか、この二人の関係は確かにキュンキュンくるものはあると思う。コホン。暗い世界観の中で明るい二人には実に癒されました。見所は・・ありすぎですな。セイバーとランサーの戦いに参戦し「双方剣を治めよ!王の前だぞ!」発言。問答シーンでの王のあり方。そしてその流れで固有結界「アイオニオン・ヘタイロイ」発動。仲間たちとともに砂漠を駆ける王、あの一連の流れは丘の上で一人で佇むセイバーを思い出しましたな。まぁ、個人的にはそれよりもウェイバー君に対して元気づけるとは違うと思いますが、力強い言葉をかけるシーンが好きですね。13話の坂の上での会話とか。バックから本を取り出すシーンでキャッ!とか思っちゃったけどね(笑。

ランサー陣営
講師「ロード=エルメロイ」と英霊はランサー「ディルムッド・オディナ」
色気というのは男女関係ありませんな。もうね始終「キャーーー!グリーンリバーー!!」って感じでした。
騎士道精神に忠実な誇り高き英霊。序盤、VSセイバー戦もそうだけど、いちいちカッコイイです。そして彼が願うのは忠義ですよ。くぅうー。しかし、そう、ババァ登場ですわ。いや、イケメンも大変なんだなぁ・・・とつくづく思いましたな。彼が忠義を果たせるのか、この先非常に気になりますわ。

バーサーカー陣営
おじさん「間桐 雁夜」と英霊はバーサーカー。
見所は序盤のVSギルガメッシュ戦ぐらいですかね。おじさんはロリコンっぷりがなかなか良く出ていたと思います。
そんな事よりも、桜ちゃんだよ。凛ちゃん探偵大活躍の時とか桜の事を思ってちょっと暗い気持ちになっちゃいましたな。

キャスター陣営
シリアルキラー「雨生 龍之介」と英霊はキャスター「ジル・ド・レェ」
直接的な描写こそ少ないですけど、実にエグいキャラクターたちですな。一方ラスト前、神について脳天気にハイテンションで盛り上がる二人はちょっと笑っちゃいましたな。



こんな感じですな。
にしてもやはりクオリティは凄まじいですね。ぐるぐる回るだけの会話シーンとかあったと思えば、舞い散る石ころ一つも緻密に描くかのような戦闘シーン。いやぁ、今作品は高画質で見てこそだと思います。んーーー、とはいえなぁ。国内版高いよなぁ。廉価版が出たら欲しいと思います。

つーわけで、2巻が楽しみではあるんだけど、現状は未定かな?まあ出るとは思いますが。
うーーーん。今回はちょっとかっとけ~できないかな(笑。
[ 2012/10/27 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

コーチ 長財布
物もの日記 仏版「Fate/Zero」DVD/Blu-ray版
[2013/07/17 09:31] コーチ 長財布