物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「デトロイト・メタル・シティ」DVD版


タイトル:デトロイト・メタル・シティ
米 題:Detroit Metal City
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2012/10/02
定       価:$29.98
収録時間:150m
枚  数:計2枚
映像仕様:16:9
音声仕様:日本語   ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
字   幕:英語
特   典:
     ・ノンテロップオープニング
     ・ノンテロップエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「デトロイト・メタル・シティ」DVD版。
全12話を4,8のディスク2枚に収録。
OPEDクレジットは日本語表記、題名なども国内オリジナル、次回予告あり。
次回予告後に英語クレジットが流れる仕様です。
焼き付き字幕や強制字幕などはありません。

画質は平均ビットレートが6.9mb/sec。sentaiらしいクッキリタイプで特に問題ないかと。
音声は日本語音声のみ。ちょっと残念ですな。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
ノンテロップエンディングだけど、もともと暗い画面にテロップが流れるだけなので、ノンテロだとただの真っ暗な画面に歌が流れるだけ(笑。ギャグか(笑。
パケは通常のDVDケースにDISK2枚収納するタイプです。

あらすじ

大分県犬飼町出身の素朴で心優しき青年「根岸 崇一」が主人公。
フランスに憧れをもち、今よりももっとおしゃれでトレンディなロハス男になるために東京へとやってくる。
が、彼が東京でやっているのは悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のリーダー、「ヨハネ・クラウザーII世」だったのだ。

こんな感じですかね。
つーわけで、今更ながらアニメ版DMC鑑賞いたしました。



今作品の魅力・・・というか、やはり原作が非常に素晴らしいと思いますね。ギャグ系なんですけど、ここ最近ギャグ系といえば「ブヒヒヒヒ!」としか笑えないような作品を見ていた私にとっては実に新鮮な笑いがありました。絵に描いたような滑稽なおしゃれ描写、いちいちむかつくおしゃれな台詞、そしてデスメタルに対する誤った・・・いや、なんというか、オシャレやデスメタルという物に対して「こんなもんだろ!」的なアプローチが凄く、それで乗り切ってしまう勢いが凄まじい作品だと思います。・・・いや、でも実際にステージで脱糞してる海外バンドがなんかいたような気がするな・・・・。この作品はノンフィクションなのか?(笑

とにかく全12話、150mと非常に少ないですが凄まじいパワーを感じた作品でした。
そしてやはりアニメ版では「ヨハネ・クラウザーII世」役のうえだゆうじさんの演技が素晴らしかったですな。ぶっちゃけそれ以外の声優はへっぽこというかそれが逆にこのイカれた世界観に合っていてよかったんですが、その中でふとシラフに戻るけど声がクラウザーな演技には笑わせてもらいました。

あと個人的に感じたのはヒロインも含めてキャラクターがアホすぎること(笑。
まぁ、それが世界観にマッチしているんですけど、なんというか、テンション上げて勢いつけると「ねーーよ!!」なんて思わずに「クラウザーさんすげーーー!」って思えるんだから面白いですな(笑。
つーわけで、旬は過ぎましたが(笑、かっとけ~。



[ 2012/10/13 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL