物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「うさぎドロップ」DVD/Blu-ray版


題 名:うさぎドロップ
米 題:Bunny Drop
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/08/07
定       価:$69.99
収録時間:251m
収録枚数:BD2枚+DVD2枚
特   典:
○特典映像
    ・オリジナルミニストーリー
      2.5話「はっぱの水族館」
      3.5話「サンタさんへ」
      6.5話「おそらにまんかい」
      8.5話「かえり道」
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
    ・コマーシャル映像
○封入特典
    ・フルカラーブックレット
    ・収納ボックス
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「うさぎドロップ」DVD/Blu-ray版。
Blu-Ray版は全11話を9,2のディスク2枚に収録。DVD版は6,5の2枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、OP題名などは国内オリジナル、アバンあり、Cパートあり。最終話終了後に英語テロップが流れる仕様です。
次回予告らしきものは収録されていませんでしたね。焼きつき字幕や強制字幕は見当たりませんでした。

仕様は以下の通り。

○DVD版
・リージョン:1
・収録時間:251m
・収録枚数:2枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:日本語 ドルピーデジタル 192Kbps

平均ビットレートが6.36Mb/Sec。
クッキリしててよいですが、ノイジー。

○BD版

第1話
Disc Title: Bunny Drop Disc 1
Disc Size: 43,766,526,600 bytes
Playlist: 00000.MPLS
Size: 4,805,613,888 bytes
Length: 0:22:50.952
Total Bitrate: 28.04 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 24990 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: Japanese / LPCM Audio / 2.0 / 48 kHz / 1536 kbps / 16-bit
Subtitle: English / 29.000 kbps






HD作品。
全体的にクッキリ画質でよろしいと思いますが、アバンなどの水彩画風?な場面がややちらつき、輪郭部などのジャギが気になったかな。
全体的にHDらしいツルテカ感はないけどどこか温かい感じが実によろしかったと思います。

音声は日本語音声のみでLPCM収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択(チャプターなしだがチャプターは切れてます)、字幕選択、エキストラ。
パッケージは上記通り。NISAおなじみのボックス仕様です。フルカラーアートブックにはエピソードガイド、キャラクタースケッチ、アート集、インタビューなどが収録されています。

あらすじ
30歳の独身男、河地大吉が主人公。
祖父の葬式で祖父には隠し子がいることが発覚し、大吉はわずか6歳の歳の離れた叔母”りん”を預かることになる。
こうして30歳独身男の子育て生活が始まるのだった。

と、まぁ、こんな感じ。

というわけで、うさぎドロップ鑑賞いたしました。

冴えないおっさんがある日パパに?・・・実によくある題材ですな。今作品の魅力はパパと娘といった話ではなく、一緒に住むことになった大吉とりんがたくさんの人たちに助けられて世の父親とは?母親とは?を知り、大吉は大吉として成長し、りんを育てていく。そんな一風変わった絆を描いたひじょぉーーにあったかい話だと思います。この手の話によくある展開として娘が病気なのにふらふらしてたりして「父親としてどうなのよ!!」みたいな胸糞悪い展開はなく(病気という展開はある)、常に大吉はりんの立場、りんの気持ちを考えて行動しているところが良いですね。そしてそれに答えるりんちゃんのストレートな可愛らしさ。いやーーー、世界に悪人はいないんだよね。世界はお花畑でできているんだよ!うんうん。・・・・いや、実母がいるな。まぁ、それは追々。

で、こうして始まったおっさんと幼女の生活。
初めての買い物から始まり、保育園に入るまでの過程。出会った頃とは随分違うりんの元気な様子に、大吉はりんの立場になって考えます。周りの都合に振り回され続けて置いてけぼりを喰らってきた彼女。今の仕事を続けていれば必ずあの頃のような気持ちにさせてしまう事。大吉は変えの効く自らを犠牲にし、変えの効かないりんの大切な時期を守るために仕事を変えます。CLANNADの時も思ったけど仕事を変えるって大変ですなー。

一人で悩み苦労してきた大吉ですが、保育園入園と共にりんの友達二谷コウキ、そしてその母親二谷ゆかりと出会います。シングルマザーの彼女に出会ったことで、子供にとって母親は必要ではないだろうか?と大吉は悩みます。そんな中、手がかりを得て出会ったりんの母親「吉井正子」。りんに対し自分を母親ではなくお手伝いさんだと名乗り、いつも怒っていた彼女。いつもりんの立場になって考える大吉とは全く違う、いつも自分本位な彼女。それでも彼女はりんの母親に違いない訳で、大吉はりんに選ばせようとします。そしてその答えは、これまで母親や父親などが必要では?と思っていた思いを吹き飛ばす一言でした。「大吉は大吉でいい。」男泣きの大吉に、私も男泣き(笑。



小学生編。
成長していくりんと大吉。パパ友が出来たり、参観日に行ったり、歯が抜けたり。とごく普通な日々がゆっくりと過ぎていきます。その中でも良かったエピソードは、ある日、大吉の従姉妹「前田春子」が娘「前田麗奈」を連れて夫の元、夫の家族の元から逃げてきます。そんな時でも大吉は娘の立場になって考えろ!と言うわけですが、春子からは自分を抑え続けて、閉じ込め続けなければならない辛さを大吉にぶちまけます。。途中の過程をすっ飛ばしていきなり6歳の少女を育てる事になった大吉。彼もまたいろいろと学ぶべき事がたくさんあるということですな。共に成長です。

終盤実に良い台詞がありました。
自分の時間を持てなくなるが、子どもとの時間も大切な自分の時間だということ。人の親だからって何一つ特別なことはない。だって世の中のほとんどは父親と母親なんだから。なかなか目からウロコでしたな(笑。こうしてりんと大吉の同居生活は暖かく育まれていくのでした。と、いう感じですな。

不満点。
アニメに関してはないんだけど、原作についてね。
まずはやはりあのエンド。プリンセスメーカーとかプレイしていた頃は神エンド!!と思っていましたが、実際目の当たりにすると・・・・ないわ~。なんでだろうな・・・、なんつーかそう言う雰囲気が全くないんだよね。プリメはぶっちゃけエロ目線だった(笑。だけど今作品はそう言う気持が全く生まれないんだよね・・・・。

あとは子捨ての糞女だ。あの糞女、終盤の終盤にものすごい発言しましたよね。まぁ、なんとなくという部分はあったけど、「あとは二人で考えてください!!」みたいにぶん投げまくったよね。そりゃぁ「生んだほうがいい」と行った爺さんにも責任があるかもしれんけど、河地家にどこまで迷惑かけりゃ気が済むんだ・・・いい加減にしろよと思いました。んで、自分は成長して子供生まれて、なんかハッピーみたいな感じでしょ。あの子が大きくなってお母さんがお姉ちゃんを自らのために捨てたこと聞かされたらどう思うんだろうね。私は子供を捨てたんだから、漫画をやらなくちゃ!漫画を書かなくちゃ!!とか実にどーでもいいことですな。思い出しただけで気分悪くなりますわー。



はい。
つーわけで、ここで終わっておくのが一番良かった気もします(笑。
これからパパやママになる人もならない人も。いろいろ学べますので、ぜひともかっとけ~。
[ 2012/08/18 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(13)
高校生編はラスト含め完全な蛇足だったな俺にとっては
幼少期だけでよかった
[ 2012/08/21 03:51 ] [ 編集 ]
 
原作も非常に良かった。最後も良かった。
漫画家については同意。あの女漫画家に腹立てない人は人の親になるべきじゃないと言いたいw
[ 2012/08/18 22:52 ] [ 編集 ]
大吉に萌えるアニメだった
[ 2012/08/18 18:56 ] [ 編集 ]
いやほんと、申し訳ない。猛省です。
[ 2012/08/18 08:58 ] [ 編集 ]
バサロだな
[ 2012/08/18 03:38 ] [ 編集 ]
ダイチキwwww
[ 2012/08/18 02:59 ] [ 編集 ]
ワロタw
[ 2012/08/18 02:37 ] [ 編集 ]
原作のオチは普通にアリ
まぁ結末だけネットで見ちゃった系の人にはわからないかーーー
[ 2012/08/18 01:49 ] [ 編集 ]
アニメだけなら英語音声で聞き間違えたのかと思うけど、
原作読んで間違えるのは・・・w
どこぞのサイトで結末だけしったとかじゃないですよね?w
[ 2012/08/18 01:08 ] [ 編集 ]
原作の結末に文句言いながら大地連発はねーわw
本当に見たのか?読んだのか?っていうwww
[ 2012/08/18 00:28 ] [ 編集 ]
ダイキチだろwww
[ 2012/08/17 23:10 ] [ 編集 ]
俺は原作の結末もまーちゃんのキャラも特に嫌じゃなかったなあ
作品全体を通して不快さや怒りを覚える様な感情の振れ幅が特になくさらっと読んだ感じ
[ 2012/08/17 23:07 ] [ 編集 ]
大地って誰だよwww
[ 2012/08/17 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL