物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「ストライクウィッチーズ」DVD/Blu-ray版


題 名:ストライクウィッチーズ
米 題:Strike Witches
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/07/31
定       価:$54.98
収録時間:300m
収録枚数:計4枚
特   典:
○特典映像
    ・コメンタリー(米スタッフ)
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「ストライクウィッチーズ」DVD/Blu-ray版。
Blu-Ray版は1期12話を8,4のディスク2枚に収録。DVD版は6,6の2枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、OP題名は日本語オリジナル、各副題は英語表記、アバンあり、次回予告あり。
焼きつき字幕や強制字幕はなし。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1
・収録時間:300m
・収録枚数:2枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  448Kbps
        日本語 ドルピーデジタル 192Kbps

以前発売されたDVD版と同じですな。

○BD版

第1話
Disc Title: STRIKE_WITCHES
Disc Size: 47,716,203,605 bytes
Playlist: 00028.MPLS
Size: 5,874,806,784 bytes
Length: 0:24:11.992
Total Bitrate: 32.37 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 24988 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2187 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -6dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 828 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -7dB)
Subtitle: English / 35.384 kbps
Subtitle: English / 4.620 kbps








北米DVDとの比較。
北米DVD版


北米Blu-Ray版


SD作品をアプコンした今作品。
所詮アプコンなのでHDらしさは感じず。砂粒感、ざらついてる感じかな。キャラクターのロングショットなんかはちらつきが気になる。とはいえクッキリとはではいかないけどDVDにあったファニらしいボケも軽減されつつバンディングを抑えている感じでこぎれいにまとまってる印象。
あと伝勇伝とかでさし換わってた本編中の町名とかの字幕は、もともと日本語焼きつきなので変化なし。
それともちろん光規制なんかはありません。

音声は英語音声も収録。DVD版もそうだけど第8話、TV放映の時にミーナ中佐が歌ってた「リリー・マルレーン」がキャラソンの「願いの灯」に差し替え。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、音声&字幕選択、エキストラ。
パッケージは上記通り。

あらすじ
あらすじや感想などは

北米版「ストライクウィッチーズ」DVD版

を参照してください。

というわけで、ようやくストパンがBlu-rayで発売されました。
経緯を簡単に説明すると・・・・、まず、2010年3月に北米版DVDが発売されました。1年後の2011年4月、amazonに突如として登録された7月発売予定のDVD&Blu-ray版。パッケージ画像なども出てきて盛り上がったのですが、結局発売されたのはDVDの廉価版でした。そして誰もが忘れていた1年後の2012年4月。3ヶ月後の7月に発売されることが発表されました。いやぁ~、長かった。そしてありがとう。ありがとう。

で、PC組み立てながら今作品を改めて見なおしてみたんですけど、やはり、リーネちゃんは良いね。まず声が良い。名塚さんの可愛らしい声。守ってあげたくなります。そしてセーターとストッキングが織りなす春の日差しの様な暖かさを感じる絶対領域。神々しささえ感じますな。そしてそこから見えるシンプルなパンツ。シンプルだからこそ難易度が高いのに、それをいとも簡単に履きこなす姿はまさに女神です。そしてそう、最も尊重すべきはやはりおっぱい。自らを回帰させ、記憶の深淵に刻まれた起源の意識を思い起こさせるおっぱい。それはまさに極上の癒しではないかと思います。

もちろんバルクホルン大尉やルッキーニちゃんも相変わらず可愛かったですけどね。
シンプルな宮藤も元気いっぱいで良いですな。大人らしい魅力を感じさせた坂本やその中に子供らしい可愛らしさがあったシャーリーも良い。マニア向けなハルトマンやサーヤにエイラも悪くない。ペリ犬もあれはあれで良い。いやー、ほんと、ぶっちゃけ可愛いキャラクター見てるだけで満足なんですよ。それで十分なんですよ。うん。(笑



つーわけで、北米ストパン2も10月予定と動きが見えてきたようなので勢いをつけるためにも買っとけ~。
[ 2012/08/05 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL