物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」Blu-ray版


題 名:劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
米 題:Gin Tama: The Motion Picture
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/05/29
定       価:$39.98
収録時間:93m
収録枚数:計1枚
特   典:
○本編特典映像 なし
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」Blu-ray版。
OPEDテロップは日本語表記、題名なども国内オリジナル、焼きつき字幕、強制字幕なし。
終了後に英語テロップが流れる仕様です。
字幕はメニュー上は消せませんが、プレイヤー側でオフにすることが可能です。

映像音声は以下のとおり

Disc Title: GINTAMA MOVIE
Disc Size: 22,965,468,776 bytes
Playlist: 00004.MPLS
Size: 21,530,658,816 bytes
Length: 1:38:22.897
Total Bitrate: 29.18 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 19567 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 3892 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 5.1 / 48 kHz / 3935 kbps / 24-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 24-bit)
Subtitle: English / 3.267 kbps
Subtitle: English / 35.746 kbps






くっきりタイプ。で暗い画面ではややノイジー、ですがバンディングは抑えられています。
あまり高画質という印象はなく、TVの延長線上な画質ですな。後半の殺陣シーンなんかはよく出来ていたと思いますな。
まぁ・・・正直・・・劇場で見るほどでも・・・ゲフンゲフン。

音声は英語音声も収録。そういえば北米TV版は英語音声が収録されていなかったですな。
メニュー周りはトップから連続再生、言語選択、エキストラ。
シーンセレクトはありません。劇場作品にシーンセレクトがないのはちょっとどうかと思いますな。一応チャプターは区切られているので、プレイヤー側で飛ばすことは可能です。
パケは通常のBDケースにディスク1枚を収納するタイプ。ライナノーツなどはありません。

あらすじ
基本的なあらすじは
北米版「銀魂」を参照してください。
劇場版は盗まれた名刀「紅桜」、そして謎の辻斬りに殺された桂。
物語は銀時と高杉、因縁の二人へと収束する・・・。

という感じですな。

つーわけで、サクッと鑑賞しました。
個人的に銀魂にはパロやギャグを期待していたのですが、出だしこそいい感じで期待が持てて、モロだしした近藤勲で銀魂らしさを実感したのですが・・・・まぁ、劇場版の大スクリーンで下ネタやってもしょうがないとは思いますけど、マダオとかさっちゃんみたいなおなじみの駄目人間がグズグズと時間だけを消費するよな展開が見たかった気がしないでもない・・・・・。んんんんまー、劇場版じゃしょうがないよなーー。金払って見に来てるんだしね(笑。

基本的には銀魂のもうひとつの顔でもある熱血とか友情とか勝利方面を押しだした作品でしたね。
殺されたはずの桂が復活して皆にとづかれるシーンとか、銀魂っぽくてよいとは思うんだけど、個人的にああいうシーンはかっこよく締めてほしかったかな。銀魂らしさが逆にうぜーと思う場面も多々あったり。「どけどけーーい万事屋銀ちゃんのお通りでーい。」みたいなの(笑。やーかっこいいとは思うんだけど、なんかちょっと古臭い感じがね。まぁ、時代劇がかった部分も銀魂の魅力ではあるとは思いますがね。

まぁ何度もいってるけど劇場版だから、アクションシーンとか熱いシーン、シリアスっちゃったりを短い時間に詰め、結果そういうシーンばかりになるのはしょうがない。だけど、TV放映を見ていた身としては「いつも各方面に誤りながら良い意味でグダグダやってたのに、何劇場版だからってかっこつけちゃってんのwwww」と思ったな。無論良い意味でだけどさ(笑。だから最後のオチ(第二弾)はなかなか良かったと思う。この映画すべてが前フリみたいで(笑。

はい。
つーわけで、北米でもTVシリーズの続き出してもらうためにぜひとも買っとけ~。
[ 2012/06/23 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL