物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「セキレイ~Pure Engagement~」DVD/Blu-ray限定版


題 名:セキレイ~Pure Engagement~
米 題:Sekirei 2 Pure Engagement DVD/Blu-ray
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/01/03
定       価:$69.98
収録時間:350m
収録枚数:計5枚
特   典:
○特典映像
    ・第零羽「閑話弐題」(英語音声+日本語音声+英語字幕)
    ・オーディオコメンタリー(5話,10話 英語音声)
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング2種
/////////////////////////////////////////////////////////////////
1期「セキレイ」のレビューはこちら

北米版「セキレイ~Pure Engagement~」DVD/Blu-ray限定版。
Blu-Ray版は13話を9,4+OVAのディスク2枚に収録。DVD版は7,6の2枚+OVAの3枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、OP題名や副題は日本語オリジナル、次回予告あり、焼きつき字幕なし。
焼きつき字幕はありませんが、強制字幕はあります。プレイヤー側でも字幕はオフにすることはできません。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1
・収録時間:350m
・収録枚数:2枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  448Kbps
        日本語 ドルピーデジタル 192Kbps

平均ビットレートが6.15Mb/Sec。
ファニらしいボケた画質。

○BD版
1話
Disc Size: 31,876,317,393 bytes
Playlist: 00028.MPLS
Size: 3,686,406,144 bytes
Length: 0:23:37.999
Total Bitrate: 20.80 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 13970 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2165 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -8dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 777 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -9dB)
Subtitle: English / 38.498 kbps
Subtitle: English / 3.322 kbps


適当にピクチャ






HD作品。
作風故かHDらしい発色の良さみたいな物は感じませんが、ノイズもなく線もきれいに描写出来ていると思います。
暗い画面でのバンディング、あとは多少ボケている気もするかな。国内版みたことないので何とも言えない部分もありますが、HDらしさは感じないけど、DVDとは違うな!という感じ。

音声は英語音声も収録。
なお、英語音声再生時は強制的に字幕なしです。
基本的に、英語音声時字幕非表示、日本語音声時強制字幕の二つしか選べません。
昔は音声選択で日本語、英語、そして字幕選択で英語オン・オフを選べたものですが、今では音声選択で日本語、英語しかない。
ほんと、昔に比べると北米版もいろいろ手抜きが目立ってきてますな。
メニューはトップから連続再生、各話選択、音声選択、エキストラ。
注意点。音声選択だけど、トップメニューからはもちろんですが、各話再生中にサブメニューを出して音声を選択することができます。ただしOVAの場合はサブメニュー画面には音声選択がないので、トップメニューで音声を選択しなければなりません。・・・他にやり方あるのかもしれませんが。

パケは通常のDVDケースに5枚ぶち込む形です。
限定版には1期を収納できるボックスが付いてきます。
2012年4月に1期がリリースされるので、それを入れておきましょう。


あらすじ
あらすじは
北米DVD版「セキレイ」のレビューを参照してください。

つーわけで、いまさらながら2期を鑑賞いたしました!
1期は主人公「佐橋 皆人」と「結」が出会い、鶺鴒計画をしり、さらに「草野」「松」「月海」といったヒロイン達と契約し、続くという感じで終わりました。そして2期は「風花」「焰」、二人のヒロインとの契約がメインになります。

「風花」
いわゆるババァ枠。かわいい所もあるにはあるんですけど、基本的にババァ過ぎる。
ていうか、あのサンバの衣装来てホォーーー!とか時代を感じて、すごく、萎えた。
ゆかなさんの声はバッチリだったと思う。それがある意味残念(笑。

「焰」
1期では主人公たちにとって同じアパートの住人。クールな男性で近寄りがたい印象があるが、羽化する前のセキレイ達を助けたりと熱い一面もある。主人公と出会ったときは男だが、主人公に少しずつ惹かれていき、肉体が女性化していく。そして主人公に責任を取ってもらうことになるのであった。・・・・・・、いや、カワイイ。しょーーじきね、このセキレイってアニメはテンプレ見たいな脳みそ足りてないお姉さんボインボインキャラばかりで若干飽きがあった。いや、うん。まぁ、草野がいるにはいるけどさ。



そこでコレですよ。男性的な魅力を持ったお姉さん。女性化したことに戸惑う姿はほんとごちそうさまでした。
んんーーーー、でも、個人的には女性にならず男性のままでも面白かったんじゃないかなと思いますね。いや、まぁ、私そういう系はあまり得意ではないんですけど、最近「かみのゆ」ってエロゲでそういう話見て、おもしろいなーと思ったのでね。・・・、まぁそれはおいといても、もう少しイチャコラもほしかった気がしますね。というかハーレムアニメとしてヒロイン一人一人に対してのイチャコラがいまいちですな。ストーリーを進めることも大切だけど、1話まるまる使ってヒロイン一人一人との話があっても良かった気がしますね。この点が物足りないかな。

で、2期はこの二人を交えて、同じアパートに住んでいる「鈿女」とその葦牙である「千穂」の物語へと進むわけです。
確か当時はここら辺で原作を追い越したような気がしましたな。このアニメはノホホンとした内容とは別にセキレイ達の命をかけた戦いがあって、結構残酷というかきついシーンがあります。(というか、鴉羽だけ出るアニメ間違えてるよね(笑))。今まで同じアパートで暮らしていた「鈿女」の機能停止。正直ハーレムアニメばんざーいという感じで見ていたんですけど、身近な人の死、最後の1羽になるまで戦うということは、「結」「草野」「松」「月海」「風花」「焰」達もいつかは戦うことになるんだよなー。と神妙な気分にさせてもらいましたな。というか、そこまでぜひともアニメでやってほしい気がしますねーーー。すごい盛り上がると思うんだけど、そこまでの体力があるのかといえば・・・・くっ。正直2期のあのラストはね・・・。

個人的にいまいちな所。
今回は1期よりグズな葦牙が多かった。ほんと見てるだけで気分悪くなる。二度と見返したくない!と思うぐらいだ。だからたぶんもう見ない(笑。あとは、1期のときから思ってたけどなんですけど、早く兄と妹の再開シーンがみたいです!!!原作はどーなんだろう。



はい。
つーわけで、強制字幕が糞ですが、気が向いたらかっとけ~。

[ 2012/03/17 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(1)
マーダダレモー
[ 2012/03/17 04:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サルバトーレフェラガモ
物もの日記 北米版「セキレイ~Pure Engagement~」DVD/Blu-ray限定版