物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「Aチャンネル」


タイトル:Aチャンネル
米 題:A-Channel
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2012/2/28
定       価:$49.98
収録時間:300m
枚  数:3枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:日本語   ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
   ・+Aチャンネル11話(完全新作映像)(日本語音声のみ+英語字幕)
   ・AチャンネルTV 3,4,9,10(日本語音声のみ+英語字幕)
   ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「Aチャンネル」は12話を6,6のディスク2枚、映像特典1枚のディスク3枚収録。
OPEDクレジットは日本語表記、題名や副題は国内オリジナル、アバンあり、次回予告あり、焼きつき字幕なし、強制字幕なし。各話の最後に英語テロップが流れる仕様です。
画質については平均ビットレートが4.8~5.2Mb/Sec、安心の2層設計です。ん~じゃっかんボケてるけど、DVDだし北米版だし、こんなもんじゃないでしょうか。
音声は日本語音声のみです。国内版にあったオーディオコメンタリーなどは収録されていません。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケ周りは通常のDVDケースにディスク3枚収納するタイプです。
最近のぶっさしケースよりは良いですな。

あらすじ
るん、トオル、ユー子、ナギの女子高生4人の日常を描いた作品。



はい。
というわけで、いわゆる何の変哲もない日常アニメです。
あずまんが大王のようにギャグに特化しているわけでもなければ、らき☆すたのように「あるあるwww」と連発することもなく、日常のように????となることもなければ、女しか出ないから百合物というわけでもないし、宇宙人&異星人&超能力者が出てくるわけでもない。4人の少女のキャラクターを生かしたごく、ごく普通の日常を描いているだけの作品です。

主人公の「るん」。パンツをはき忘れるほどののんびりおっとり天然系ドジっ子タイプ。人柄はよく、男子にも結構友達がいて面倒見も良いお姉さん。「トオル」幼馴染のるんのことが大好きで近づく人たちにバットで威嚇する。「ユー子」高校生とは思えないプロポーションだが内面は弱気な性格。「ナギ」いわゆるツッコミ役。

とまぁ、ごく普通のキャラクターですな。
普通の日常系アニメと違うのはメイン主人公のるん、そしてトオルは上級生と下級生の間柄という事。とはいえ実際アニメ上では対等に接している、だけど、ちょっとしたことで下級生のトオルに優しくする3人がすごくいい。すごいあったかい。序盤は持っていたバッドがだんだん登場しなくなったり、カラオケでの話とか、トオルが3人に見守られながら毎回入る挿入歌にあわせのーんびりと成長していく物語。というのがこのAチャンネルなのかな。うんうん。



・・・



と、建前はこんな感じですが、個人的にこのアニメはユー子(西 由宇子)声 - 寿美菜子を楽しむアニメが正しいと思います。

確かにトオルはロリキャラです。というかボーイッシュなロリキャラという非常に高度な設定です。ちっちゃくって寸胴だし、袖が伸びてぷらぷらしているところとかズッ☆キューンでした。個人的にビキニがスットーンは素晴らしかったというか、最高でした。なによりあの絶対領域!おかわり!!!
ナギ。ナギはあれだね、「家では兄貴のことをお兄ちゃんと呼んでいる。」という設定だけでおなかいっぱい。あんなクールな眼鏡っこが家ではお兄ちゃんだと・・・・。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ふう。
るん。うーーん。るんなぁ・・・・。るんちゃんは俺的萌えポイントがなかった。残念。


で、ユー子だけど、明らかに浮いている。



確かにこの手のキャラはいます。らき☆すたでいえば高良みゆきのような大人なポジション。だけど、このユー子はある意味3人の中でだれよりも子供。というか「おちつけ!」と思わず言いたくなるほど喜怒哀楽の激しい子。たとえるなら、社宅に越してきて周りからいろんな目で見られる団地妻という感じ。



トオルという旦那の連れ子がなかなか懐かず、となりの奥さんるんは天然で話が通じない、学生時代の友人ナギはいまだにニートで家から出てこない。そんな中で高良みゆきのようなババ臭さ万能感を感じさせず、初々しさ全開で頑張るユー子に、おはずかしながら、私は恋をしてしまいました。(。-_-。)ポッ

いやーーほんとね、オンエア中、ずーーっとユー子の事しか見てませんでしたよ。
まずね、カワイイ。夜の学校から帰ってきて一人ぼっちで寝るのが怖くて「ひさしぶりやなー」という感じでくまさん抱っこして寝るとかどういう事?あんなでかいずーたいして、くまさん抱っことか・・・・カワイイ!!あと旦那の連れ子であるトオルとのやり取りが実にかわいらしいね。甘えたいけど甘えないトオルの態度(注:ユー子主観)に何とかして振り向かせようと飴でつろうとする姿。くっ、がんばれ!そして、カワイイ!!!



そしてもちろんエロイ。天然系のエロさ(お胸がきつーい!だから脱いじゃう!!)ではなく、もちろん意図的なエロさでもない。初々しさからにじみ出る自然系エロさがたまらない。水着を選ぶ所とかお前高校生なんだろ?なんだその肌の露出度は!!!と言いたくなるような水着選びのセンス。でもまぁ、似合ってるというか、すごくステキだった。うん。(。-_-。)ポッ。旦那の連れ子トオルに胸パンチされてずっこけるシーンとか、旦那の連れ子トオルと一緒にお風呂入っているシーンとか、映像的にエロさはないんだけど、改めて思い出すと、なぜかエロイ。うーん。不思議だ。そして声優さんもバッチリだったと思います。
なんだろうね、姿と中身のギャップ、この純粋さ。だけど純粋だけじゃない大人っぽさ。
それがユー子。



はい。というわけで、DVDだけなのが残念ですが、今月末には国内では続編がリリースされます。
その前に学習するのもありかと。かっとけ~。
[ 2012/03/10 00:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(7)
>>カシムさん
ずいぶん前に使ったことあるんだけど、試用品?だとBDサーバ更新できませんってでて使えなかった記憶があります。
今は変わったのかな。でも使用期限過ぎてるのでテストできません。申し訳ない。
[ 2012/03/14 11:17 ] [ 編集 ]
ヒアリング教材乙
[ 2012/03/11 12:08 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/03/10 15:40 ] [ 編集 ]
吹き替えが入ってれば欲しかったな
[ 2012/03/10 13:53 ] [ 編集 ]
真の主役はユタカ
[ 2012/03/10 11:41 ] [ 編集 ]
Aチャンネルって海外で評判いいよね。(一部のファンの声が大きいだけ?)
U子は作中キャラや視聴者限らず誰がどう見てもお姉さんポジションだろ、って期待されているだけに、それを汲み取って期待に答えようと背伸びして頑張ろうとする所が初々しく生々しく、リアルだね。
[ 2012/03/10 09:39 ] [ 編集 ]
X
Aチャンネルいいよね
OPが好きだった
[ 2012/03/10 01:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL