物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「ef - a tale of memories.」Blu-Ray版


題 名:ef - a tale of memories.
米 題:ef - a tale of memories.
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2012/1/31
定       価:$69.98
収録時間:300m
収録枚数:計2枚
特   典:
○特典映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング集(13分49秒)
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「ef - a tale of memories.」Blu-Ray版。
全12話を8,4のディスク2枚編成。
OPEDテロップは日本語表記、題名や副題なども国内オリジナル、アバンあり、Cパートあり、次回予告あり。
各話終了後に英語テロップが流れる仕様です。
焼きつき字幕や強制字幕はなかったと思いますね。

画質など
1話
Disc Title: EF MEMORIES DISC 1
Disc Size: 35,347,279,580 bytes
Playlist: 00002.MPLS
Size: 4,488,148,992 bytes
Length: 0:25:15.514
Total Bitrate: 23.69 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 18826 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1637 kbps / 16-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1682 kbps / 16-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Subtitle: English / 2.072 kbps
Subtitle: English / 31.021 kbps


適当にピクチャ




HD作品。
鮮明で多彩な美しい背景もノイズが乗ることなくきれいに描写出来ていたと思います。
目まぐるしく変わる演出面でも画質が足を引っ張っている感じはなく、多少のバンディングも気にならないレベルです。

音声は英語音声も収録。
メニューはトップから各話選択、言語選択、エキストラの標準的な仕様。
パケは通常のBDアマレーにdisk2枚収納するタイプでライナノーツなどはありません。

あらすじ
進路を決める年齢になり自分が何になりたいのか探す少年「麻生 蓮治」は、ある日廃駅で空を見つめる一人の少女「新藤 千尋」と出会う。この出会いはたった45秒だが、13時間しか記憶を維持できない彼女にとっての45秒。すべての始まりの45秒なのであった。

とまぁ、こんな感じでしょうか。
基本的にこのアニメは二つ三つの物語が同時進行しています。
まず上に述べた少年「麻生 蓮治」と記憶障害のある少女「新藤 千尋」の物語。
少女漫画家でサボり魔の「広野 紘」と同じくサボり魔の「宮村 みやこ」。
そして「広野 紘」の幼馴染でもあり「新藤 千尋」の姉「新藤 景」と「麻生 蓮治」の友人のカメラマン「堤 京介」
そして、それらが「シャフト」演出によって進行していきます。

ぶっちゃけこのシャフト演出、そして飛びぬけて美しい背景描写のおかげで現実感が乏しく、ぶつ切りのように目まぐるしく展開していく第一話をみておっさん付いていけるかすごく心配でした(笑。なにより「女の子天使説」を唱え「ハーレム主義」な私にとって、ある意味もっとも苦手なジャンルだったりするわけです。


↓ネタバレとかあるので注意



「麻生 蓮治」と「新藤 千尋」の物語。
13時間しか記憶を維持できない少女「新藤 千尋」。映画なんかでもよくあるベタと言えばベタな設定ですが、そんな彼女が失敗する恐れを「麻生 蓮治」とともに乗り越えながら夢だった小説を描くわけです。そして惹かれあう二人。だが、これまで何もせず空を見上げていただけの少女にとってこれらの出来事はあまりにも膨大だった。忘れないために、彼女は寝る間も惜しんで出来事を記録し読み返すわけです。もうこの時点でこの先の展開がわかってしまいますな・・・・。そして彼女は12年前の少女に戻ってしまうわけです。小説の行方は?そして二人の行方は?

・・・・。あんまり話すとネタバレになってしまうので控えますけど、最終話前の屋上での出来事、そして最終話の日本語OP。
ここで、おっさん、涙崩壊しました。涙崩壊って意味わかりませんけど、そういう感じでした(笑。シャフト演出による12年という首輪を付けた羊のシーン、何もせずに上を向いていたのは涙をこぼさないためだったetc。この先を展開をみながらいろんな思いがおっさんを締めつけました(TT。そしてそんな中で立ち上がる少年、そして最後の最後、駅での少女の告白。おっさんね、このラストの告白で超心がほっこりしちゃいました。なんだよもーーー!なんだよおまえらもーーーー!良かったというか、なんだよもぉおおおおお!!って感じで超顔が超にやけてしまいましたね。いやはや。

少女漫画家でサボり魔の「広野 紘」と同じくサボり魔の「宮村 みやこ」、そして幼馴染「新藤 景」との三角関係。
少女漫画家で思い出しましたけど、今月末いよいよ「オレは少女漫画家」が発売されますね!!体験版、もちろんプレイしました。箒星さんのテキストは相変わらず面白く、あかざさんの絵は激プリチーでしたね。なによりもMay-Beファンにはたまらないカメオ出演がよりハチャメチャ感、期待感をアップされてくれたと思います。ただ、やはり明らかに見えているであろうポジションで巧妙に隠されているのをみると、エロゲ移植を希望しちゃいますね。エロゲ移植となればやはりメイビーお得意の一風変わったエロシステム。洗濯機が女になったり、男がパンツになったりが当たり前の中でどのようなエロを出していくのか。やはり漫画であればそれぞれのジャンルを選べてそのジャンルに合わせたエロシチュなんかを期待したいところですね!!よーし!今回は魔王と囚われの姫様だから、参考資料としてこれを着ろーーーー!!みたいな!!!あかざさんのいろんなシチュ絵がみたいですな!!!

・・・いや。こほん。
よくよく考えるとそれじゃあ「俺は少女漫画家」じゃなくて「俺はエロ漫画家」ですな。
いやーーまいったまいった。

・・・。
まぁなんというかさ、どのアニメでも幼馴染は不幸ですな。(TT。
幼馴染が大好きなお兄ちゃんに呼ばれて喜んで家に行ってみたら、お兄ちゃんに手の速いイケメン友人を紹介された。このシーンで、すべてのアニメの幼馴染キャラってほんとうにかわいそうな立ち位置だよなぁーーってしみじみ実感してしまいましたね(笑。お兄ちゃんはお兄ちゃんでゴミだし、サボり魔少女は怖いし(笑、イケメン男子は何考えてんだかわからんし、そんな中で行動力があってきっぱりしている幼馴染「新藤 景」は良いキャラだったと思いますね。まぁもう一つのヒロインらしくサボり魔少女も最後はなかなか良い見せ場を作っていたと思います。というか、電話で始まり電話で終わった「宮村 みやこ」という感じですな(笑。

不満というか。
あとはやっぱこの二つの物語がからまない所がちょっと気になったかな。まぁそれが仕様なのかもしれませんがね。
幼いころよく遊んでいた広野 紘と新藤姉妹。事故からこのアニメまでの間の話がなく、広野 紘が新藤 千尋と昔はあれだけ一緒だったのに全くからまなくなっていること、後は姉のほうもメールだけという事。記憶障害というのがあるんでしょうけど、広野 紘は麻生 蓮治みたいにはなれなかったんでしょうかね。より一層ゴミに見えてくるんですわ。広野 紘のちょっといいとこ見せてくれてもよかったんではないでしょうかね(笑。

はい。
つーわけでね、いや、なかなかおもしろかったですわ。
んーー、個人的にもうちょっと地に足付けた日常を2クールぐらいで見たかった気もしますけど、シャフト演出による盛り上げる場面では最高の盛り上げ方だったと思いますね。名場面が本当にいっぱい浮かびます。
つーわけで、かっとけ~。オレは少女漫画家も買っとけ~。
[ 2012/02/18 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

モンクレール アウトレット
物もの日記 北米版「ef - a tale of memories.」Blu-Ray版