物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「狼と香辛料 1期」Blu-ray版


題 名:狼と香辛料1期
米 題:Spice and Wolf Season One
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A
発 売 日:2011/8/30
定       価:$49.98
収録時間:312m
収録枚数:計2枚
特   典:
○特典映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「狼と香辛料 1期」Blu-ray版は全13話を9,4のディスク2枚に収録。
OPEDテロップは英語表記、題名は英語+日本語、副題は英語表記。
次回予告2種あり、焼きつき字幕なし、強制字幕なし。

映像、音声仕様は以下の通り

第1話
Disc Size: 47,259,763,394 bytes
Playlist: 00028.MPLS
Size: 5,202,960,384 bytes
Length: 0:23:52
Total Bitrate: 29.07 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21827 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2087 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz / 448 kbps / DN -7dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 719 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz / 192 kbps / DN -6dB)
Subtitle: English / 37.298 kbps
Subtitle: English / 3.392 kbps


適当にピクチャ。






SDマスタをアプコン。
国内TV放映を見て、国内DVDやBly-Ray版を見ていない上での感想ですが、ガングレイヴと全く同じ感じのアプコンですね。くっきりタイプで背景などの一枚絵はきれいに見えます。くっきりしすぎで夜なのに暗くない、場の空気感がない、ボケはないがざらついた画質といった感じかな。キャラクター描写などはアップ時はそれほど感じませんが、輪郭などの線がブレたような感じで、特に遠くからのキャラクター描写だと強調される線と相まって崩れてしまいます。崩れるというか、ガングレイヴのときと同じく、いまいちな作画がやけに目についちゃう感じ。ん~、まぁ、3000円だからね。くっきりが好きな人には良いと思います。

音声は英語音声も収録。
メニュー周りはトップから連続再生、各話選択、音声選択、エキストラ。
パケは通常のアマレー2枚収納タイプでそれにジャケット・スリーブが付いています。


あらすじ

町から町へと行商をしている青年「クラフト・ロレンス」は、ある村で素っ裸の一人の少女「ホロ」とであう。その村の豊作をつかさどる神、巨大な狼の姿を持つ彼女は故郷ヨイツへと帰るために彼とともに行商の旅へと出るのであった・・・。

とまぁこんな感じ。

このアニメの見どころとしてはやはり「行商」でしょうね。
町から町へと物を安く買って高く売るという定番から、直接現金をやり取りしない為替取引、さまざまな金貨や銀貨といった貨幣価値を交えた話など、へぇ~と思わずうなってしまうような話を、商人たちが裏の裏を読むように展開されるところが魅力ですね。基本的に1期はこういった商いをベースに絆を深めていくロレンスとホロがメインでしょうね。2期になると登場人物もぐっと増えて多彩に、華やかになっていきますな。

そしてもう一つの魅力がロレンスとホロの会話でしょう。
時には少年と少女だったり、男と女だったり、夫と妻だったり、息子と祖母だったり(笑。町から町へと馬車に揺られてのんびりと話し合う二人。このなんともホンワカした雰囲気が非常に良いですね。つーか1話全部馬車の上で会話のみでも十分やっていけるほどのポテンシャルを持っていると思います(笑!いやーーほんとホロが可愛い。ババアのくせになにかわいこぶってんだよ!!とかこれっぽっちも思わないほどトゲのない純粋なかわいさ。そしてそれに振り回される俺・・・じゃなくてロレンスのへたれっぷりがよい(笑。ほんと助けられてばかりですな(笑。

しかし、終盤になると金髪羊飼いの少女とか現れてこの二人の絆がさらに強まるわけですけど、なんつーか出会った瞬間からこの二人はらぶらぶという印象がありますな。見せつけられまくりなわけですが、なぜか腹が立たない。これ非常に不思議な感覚ですな(笑。



はい。
というわけで、引き続き2期を鑑賞したいと思います。
ホロが可愛いので、かっとけ~。
[ 2011/09/11 00:00 ] 北米版レビュー | TB(1) | CM(5)
小説の方って面白いかな?ちょっと興味がある
[ 2011/09/11 13:41 ] [ 編集 ]
No title
日本で売ってくれよ。
5000円とか安すぎだろ。
9800円でも買うから。
[ 2011/09/11 05:53 ] [ 編集 ]
本当に酷い画質だな・・・
くっきりとか悠長なこと言ってる場合じゃない
[ 2011/09/11 03:21 ] [ 編集 ]
原作小説のラストが秀逸でねぇ、終わらせるのもったいないんですよ。
[ 2011/09/11 01:52 ] [ 編集 ]
売れると良いなあ
[ 2011/09/11 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/
物もの日記 北米版「狼と香辛料 1期」Blu-ray版