物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「バカとテストと召喚獣」Blu-ray/DVDコンボ版


題 名:バカとテストと召喚獣
米 題:Baka and Test Season 1
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A,B
発 売 日:2011/8/2
定       価:$64.98/$69.98
収録時間:325m
収録枚数:計5枚
特   典:
○特典映像(日本語音声のみ)
    ・Mission:Impossible:Baka~予告編
    ・Mission:Impossible:Baka~Mission:01 ムッツリーニは殺しの番号
    ・バカ限定女装コンテスト
    ・姫路瑞希の女子ごはん
    ・王様ゲーム in 文月学園
    ・バカテス童話 ~召喚獣は見た!? 赤く染まったウェディングドレス!
   みちのく湯けむり密室の悲劇! 孤島の狭小物件、黒髪の匠の技~
    ・クリスマス特別映像/文月学園オンラインAクラスクレジットエンディング
    ・プロモ映像
    ・オリジナルコマーシャル映像
    ・オリジナルDVDコマーシャル映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・ノンクレジットエンディング1,2
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「バカとテストと召喚獣」Blu-ray/DVDコンボ版は1期全13話を9,4+特典のディスク2枚に収録。
DVD版は全13話を7,6,特典ディスクの計3枚に収録されています。
OPEDテロップは英語表記、題名や副題などは日本語表記、アバン、アイキャッチ、次回予告、エンドカードなども収録されています。焼きつき字幕なし、強制字幕表示もありませんでした。OPテロップは英語表記に差し替えてありますが、オリジナルの作風を崩さずにうまく作ってあると思いますね。

映像、音声仕様は以下の通り

○DVD版
・リージョン:1,2,4
・収録時間:325m
・収録枚数:3枚
・映像仕様:16:9 スクイーズ
・音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1  448Kbps
        日本語 ドルピーデジタルステレオ 192Kbps

DVDは日本国内のリージョン2にも対応していますので、国内プレイヤーで見ることも出来ます。
DVDのビットレートは6.2Mb/Sec。ボケボケかと思ったけど、意外と悪くないですね。

○Blu-Ray版
第一話
Disc Size: 46,203,157,097 bytes
Playlist: 00028.MPLS
Size: 5,091,170,304 bytes
Length: 0:23:56
Total Bitrate: 28.34 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21056 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / Dolby TrueHD Audio / 5.1 / 48 kHz / 2398 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 5.1 / 48 kHz
/ 448 kbps / DN -10dB)
Audio: Japanese / Dolby TrueHD Audio / 2.0 / 48 kHz / 825 kbps / 16-bit (AC3 Embedded: 2.0 / 48 kHz
/ 192 kbps / DN -9dB / Dolby Surround)
Subtitle: English / 61.318 kbps
Subtitle: English / 12.770 kbps


適当にBDからピクチャ。
北米DVDと比較しようと思ったけど、セットなので比較いらない気がしますな。







HD作品ですね。
演出で全体的にソフトな感じの画質です。この手の映像は北米DVDになるとビットレートが下がり、昔のファニメーションとかだとより一層ボケボケになって見れた物じゃなくなりますが、Blu-Rayはノイジー感もなく、にじむ様なカラーノイズも見当たりませんでしたね。というか個人的にファニの作品で初めてボケてるけど北米版ボケじゃない!と実感できる画質でしたな。作品のもつ柔らかなカラフルさを十二分に味わえるかと思います。まぁ暗い画面などでは相変わらずバンディングが発生していますがね。

映像という事で注意点ですが、このアニメはアイキャッチや次回予告などの映像で小テストが流れるのですが、その英語訳がありませんね。他のメーカーの場合は字幕などで覆ったり、映像特典などでまとめてたりしますが、それらしきものは見当たらず。ちょっと手抜きですな。

音声は英語音声も収録されています。
メニューはトップから連続再生、各話選択、言語選択、エキストラ。
映像特典は上記通り。コメンタリーとか実写といった中の人系がごっそり削られていますね。
パケ周りについてですが、通常のDVDケース2個に2枚、3枚収納されています。ライナノーツなどはなし。パケはリバーシブルで背表紙などもいい感じに作ってあると思います。葉賀ユイさんの絵は良いね。うん。
今作品には限定版がありますが、限定なのは収納ボックスが豪華というだけです。$5の価値があるかといえばないですが、収納ボックスあるに越したことはないので限定版で良いと思いますね。



あらすじ

すべてが学力で決まる「文月学園高等部」。
成績毎にクラス分けをし、そこに目に見えるような優劣を付けくわえる。そこから抜け出すためにはクラス一丸となって学力を上げて、「試験召喚システム」という学力によって力の差が出る戦闘システムを使い、上位クラスへと勝負を挑む。勝てばその施設が自分たちのものに、そして負ければ環境が悪くなる。主人公はその学園で最下位のクラス「Fクラス」で、もっともバカと称される「観察処分者」である少年「吉井 明久」。仲間たちとともに、彼の戦争が始まるのだった。

とまぁ、こんな感じですかね。

つーわけで、私、原作も読破しております。

まず何よりギャグが良い。
基本的に突っ込みギャグが多いのですが、大抵のアニメの場合、雰囲気をびしっと断ち切るようなツッコミ、プロレスでたとえるならシンプルな抑え込みのようなギャグ描写が多いです。それに対して今作品は突っ込んだまま共に落ちていく、プロレスで言うならローリング・クラッチ・ホールドといったクラッチ技、クラッチ系ギャグという感じですね(笑。吉井&美波+ムッツリーニによる定番な流れは、テキストの良さと下野紘さんの演技力、美波の体を張った流れ、そしてパンツを追い求めるムッツリーニの孤独な戦い、これらが実にうまくまとまり、一つの技へと昇華されていたと思いますね。いやー、アニメ化でこの点が素晴らしかったと思います。

後半に覚醒する姫路 瑞希も良かった。というか、この女子二人の吉井に対する気持ちがどんどんあっち方向へと飛んでいくのが面白かった(笑。序盤のラブレターがどうこうの辺りとか、終盤や2期の姫路からは想像もつきませんな。姫路が次はどんなとんでもない事をいうんだろう。と、毎回わくわくさせてもらいましたね。そしてその女子の輪に自然と加わって吉井LOVEをする久保君が最高だった(笑。「あれなんで久保君がいるの」この吉井のセリフまでの流れが、よかったですな(笑。

そして男の娘。
このアニメを語る上で外せないのが「男の娘」でしょうね。
クラスの内訳が男子47名、女子2名、「秀吉」1名。という扱いを受ける美少女のような男性「木下 秀吉」。女装姿にファンクラブまでいるアキちゃんこと「吉井 明久」。恥ずかしさによる物静かさが、まともな女子のいないこの学園の中でより清楚として目立つ「土屋 康太」。あくまで男であり、男として行動する。というのが昨今巷にあふれている男の娘と違っていましたね。・・・ってもまぁ、巷の男の娘なんてほとんどあっち方面ですからね。たとえばさ、秀吉が吉井にちょっとでもデレたりしたら、それは違っちゃいますからね。秀吉が「わしは男なのに明久の事を・・・」とかやり出したら、それはもう、別物ですよね。うん。いや、みたくないと言っているわけではなく、お勧め本があればぜひ教えてもらいたいけど、やっぱりそれは違うよ!うん!



で、不満点だけど、基本的にキャラクターを掘り下げる過去の話っていうのがなかったね。
まず何より登場人物たちの過去のつながり。2期でやったけど、吉井と姫路と美波妹のつながり、雄二と翔子の関係とか。まぁ、どのアニメでもそうだけど、回想話ってちょっとだれるんですよね。区切りみたいなのがついちゃうので、テンポの良いギャグアニメだといきおいを殺してしまいますよね。とはいえ、やはり説明なしに美波妹とか出してきて、吉井と姫路の知り合いだったのはちょっと違和感あったし、翔子の雄二に対しての行動とかちょっと説明不足ですよね。まぁ、原作組からすれば一定のテンポで楽しめるからよいんですけどね。

はい。
つーわけで、ギャグアニメとしてなかなかの一級品かと思いますぞ。
2期も北米ライセンス取得済みなので出ると思います。安心してかっとけ~。
[ 2011/08/11 00:01 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(4)
値段の開きが10倍以上ですからね。半端じゃない差です。
その代わりテレビを録画すればほぼ無料…と非常にバランスが悪いです。
[ 2011/08/11 22:09 ] [ 編集 ]
 
※1
両方だと思うぞ
海外の値段では元取れないはずだし
日本は信者の財布期待して高すぎる
[ 2011/08/11 18:25 ] [ 編集 ]
海外が安すぎるのか日本が高杉なのか・・
まあ後者なんでしょうが
米アマゾンだとさらに半額くらいだし
[ 2011/08/11 05:05 ] [ 編集 ]
 
ABはボロカスだけど、バカテスは絶賛なんだな・・w
[ 2011/08/11 04:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL