物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

独版 Fate/stay night Unlimited Blade Works Blu-Ray版


題 名:Fate/stay night Unlimited Blade Works
米 題:Fate/stay night Unlimited Blade Works
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:B
発 売 日:2011/5/27
定       価:EUR29,96
収録時間:105m
収録枚数:計1枚
特   典:
○本編特典映像
     ・プロモ映像
/////////////////////////////////////////////////////////////////
独版「Fate/stay night Unlimited Blade Works」Blu-ray版は本編をディスク1枚に収録。
オープニング、エンディングのテロップは日本語表記、焼きつき字幕などは見当たりませんでした。
映像、音声仕様は以下の通り

Disc Title: Fate - Stay Night
Disc Size: 22,297,709,631 bytes
Playlist: 00006.MPLS
Size: 21,043,169,280 bytes
Length: 1:41:19
Total Bitrate: 27.69 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 21999 kbps / 1080i / 25 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: German / DTS-HD High-Res Audio / 5.1 / 48 kHz / 2046 kbps / 16-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD High-Res Audio / 5.1 / 48 kHz / 2046 kbps / 16-bit (DTS Core: 5.1 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Subtitle: German / 0.858 kbps
Subtitle: German / 31.885 kbps

スクショ






映像は悪くないと思います。暗い画面の多い作品にありがちなバンディングも、特に目につくような感じはありませんでした。国内版は見たことない上での感想ですけど、やっぱりじゃっかんボケてる感じがありますね。個人的にもう少しクリアなのが好みかな。

音声はドイツ版なのでドイツ語も収録。
んーー、まぁ、ドイツ語はわからんので、印象になるけど、あまり良くはないね(笑。というか巻き舌の凛とかね(笑。
メニュー周りはトップから再生、チャプター選択、言語選択、エキストラ。
パケは上記通りでライナノーツなどは一切ありません。

あと、このBlu-RayはリージョンBです。
日本はリージョンAなので、国産のプレイヤーなどでは再生することができません。
リージョンフリーのプレイヤーを探すか、PCならAnydvdなどを使用しましょう。
購入方法ですが、Amazon.deですかね。amazon.deはamazon.comのアカウントを使用できるので、comで購入したことのある人なら数クリックで購入できます。配送は一番安いやつでも1週間程度ですね。


あらすじ
北米版DVD Fate/Stay Night を参照してください。
基本的にTVアニメがセイバールートであれば、劇場版は凛ルートという感じですね。

はい。
正直、映画始まって「スタジオディーン」という表示を見たときの私はなんとも言えない表情だったと思います(笑。あとロングショットでのキャラクターもちょっと劇場版とは思えない出来だったかな。ですが、それ以外は素晴らしかったと思います。



この映画、とにかくテンポが早い。
たとえば序盤でバーサーカーと戦闘してボロボロになる衛宮士郎ですが、次のシーンでは元気に新たな敵と戦っていたりします。傷ついて苦しんだり、緊張感のある心理戦というのはなく、とにかくぶつかり合いで動きまくっている映画でしたね。とはいえその戦闘シーンについては流石劇場版というクオリティで、終盤の衛宮士郎vsギルガメッシュのあたりはすごい良かったと思いますね。画面へと突っ込んでくるような感じが最高に盛り上がりましたな。

ス トーリーも凛ルート、凛が主役というよりも、衛宮士郎とアーチャーのお話でしたね。理想を求めて戦う衛宮士郎と理想を求めて戦ったアーチャー。それでも自分を信じてアーチャーを打ち破る衛宮士郎はかっこよかったと思います。次々に武器を構築しての戦闘シーンは最高でしたなー。ただ、生み出す痛みといった魔術を使う弊害みたいな描写がないので、原作の持つ緊張感は一切なかったですな。特に凛がやった魔術回路の移植シーンが物足りない!!!!え?結局そこかよって?うん。そうだ。

んーー、そういう意味じゃラヴコメうんぬんもごっそり抜けてる感じはありますよね。セイバーははらぺこライオン感がないし、凛はアーチャーとがメインだし、メディアは奥様感がないし、イリヤはグロいし(TT、桜wwwwwwwww序盤だけwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。。大河は結構 暴れてて良かったと思いますね。いやーーぜひとも桜ルートで劇場版とか作ってもらいたいなぁ。とこ上手な桜とSっけたっぷりの桜、そしてライダーとのコラボ。桜編は夢があるよね!

ゴホン。
まぁ、いろいろ不満書いたけど、104分じゃ無理なのはわかっています。
劇場版サイズならやはり戦闘シーン主体で、原作を知っている人が対象になってしまうのもしょうがない。
そういう意味では、盛り上がるシーン盛りだくさんで何度見ても飽きないアクションの連発。十分楽しめると思いますね。



はい。
つーわけで、国内版も安い状況であえてドイツ版を買う利点はありませんが、「イリヤスフィール・フォン・アインツベルンちゃんはやっぱりドイツ語じゃないとね!」という本格嗜好のあなた!かっとけ~。
[ 2011/07/09 00:14 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL