物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

機動武闘伝Gガンダム


G Gundam: Anime Legends Complete Collection
機動武闘伝Gガンダム
定価計$99.96  購入価格計$56.42
///////////////////////////////////////
リージョン : 1
収録時間 : 1225m
音声 : 英語(2.0)、日本語(2.0)
字幕:  英語、オフ可
ディスク:  12枚
特典
Gファイル
バンダイ作品紹介
///////////////////////////////////////
BOX1は1話~24話をディスク6枚で、BOX2は25~49話をディスク6枚で収録。
焼付き字幕はなく、OPEDは日本語表記。次回予告もちゃんと入っております。
画質は普通ですかね。平均ビットレートが8Mb/Srcで2層です。
特典はGファイルとかいうQ&A集がディスク毎に乗っていますが英語のみね。
BOXは相変わらずのバンダイ糞BOXですが、ださいジャケットではなく
シンプルで非常に良いと思います。


時代は未来世紀60年。
かつてモビルスーツと呼ばれている兵器で戦争行っていたが、この時代は、地球をリングとした
国の代表同士が1対1で戦い、勝者が向こう数百年を支配するという、”ガンダムファイト”
と呼ばれる物が行われている。
その中で、ネオ・ジャパン代表としてガンダムファイトをする一方、
祖国ネオ・ジャパンを裏切り、父親の作ったアルティメットガンダム(デビルガンダム)を
奪って失踪した兄を探し、同じく罪に問われ冷凍刑に処せられた父親を助けるために戦う
ドモン・カッシュが主人公。幼なじみでもあり、医者でもあり、整備担当でもある
レイン・ミカムラと共に、各国の代表たちを打ち破り、師匠でもある東方不敗(マスター・アジア)
を倒すことができるのか!?
そして、デビルガンダムを倒すことができるのか!!


という感じです。



序盤は主人公ドモンが兄を探しつつ、ガンダムファイトに進むために世界各国を回ります。
ある意味お決まりの展開というか、新しい国で新しいガンダムファイターと出会い、人間ドラマがあり
最後はガンダムに乗りバトルするという展開で、10話前後なんて超だれます(笑
しかし東方不敗の登場で一気に盛り上りました。初めて登場したと思ったら、ザコMSを素手でぶん殴り
腰紐のような物で締め上げ、視聴者置いてけぼりという感じですな。
このドモンと東方不敗との師弟の関係が実に熱い。
前半後半の師匠の裏切りからデビルガンダムを倒すまで、ここら編は実に良かったですなぁ。


そして後半は香港で開催されるガンダムファイト決勝戦が舞台です。
まぁここもまたドラゴンボールの天下一武道会のような物で、結構だれるんですけど、
後半の40話~が、最強に熱かった。(TT
毎回絶叫に近いかんじで喋り捲るキャラ達も実に熱いのですが、弟と兄、弟子と師匠、
この2話は傑作といっても過言ではないですな。
そしてこの後半で、このGガンダムがただの格闘ロボアニメではなく、
ガンダムなんだなと思わせる部分がありますね。
自然を取り戻す。何が自然なのか。ここらへんはシャアの逆襲と似たような感じですなぁ。



正直な所、中盤のレインのパンチラと44話、45話、
人の恋路を邪魔する奴は!うまにけられてぇ地獄に落ちろ!!、レインとの合体技
だけ見ておけばOKな気はします(笑。
でもまあ、ここらで感動できるのも序盤のやり取りがあったわけでそう考えるとやっぱ全部見ないと
だめかもしれませんなぁ。んーちょっと50話は長かったかなぁという感じです。


それとこのアニメですげぇと思ったのがやはり声優さんの熱演ですな。
ドモンなんて毎回叫んでます(笑 BGMと叫びのリンクが非常に宜しいので
ガンダーーーーーム!からが実に盛り上りますなー。
あと熱いがゆえレインとのからみは実に恥ずかしい(笑
んで、ガンダムなのでMSですが、シャイニングガンダムとゴッドガンダム、マスターガンダム
以外はどれも微妙ですなぁ。シャッフル同盟の連中はまだマシですけど、風車ガンダムとか
マーメイドガンダムとか、どう見てもキンパツの制服少女みたいなガンダムとか、
まあこれは笑いどころですな(笑 いいじゃないでしょうか。



というわけで、従来のガンダムシリーズから一線を超えた、
別にガンダムじゃなくてもよいんじゃないの・・・とか思わずにぜひともかってくれぇえええ!!!

[ 2007/05/01 16:24 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL