物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

北米版「いちばんうしろの大魔王」Blu-ray盤


題 名:いちばんうしろの大魔王
米 題:Demon King Daimao
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:A,B
発 売 日:2011/6/14
定       価:$69.98
収録時間:300m
収録枚数:計2枚
特   典:
○本編特典映像
     ・プロダクションスケッチ
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「いちばんうしろの大魔王」Blu-ray盤は全12話を8,4のディスク2枚に収録。
OPEDは日本語テロップ、題名や副題なども日本語表記、アイキャッチあり、次回予告あり、焼きつき字幕は見当たらず。
画質音質は以下の通り

第1話
Disc Title: DEMON KING 1
Playlist: USER.001
Size: 5,114,996,736 bytes
Length: 0:23:42
Total Bitrate: 28.77 Mbps
Video: MPEG-4 AVC Video / 23617 kbps / 1080p / 23.976 fps / 16:9 / High Profile 4.1
Audio: English / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48
+kHz / 1662 kbps / 16-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Audio: Japanese / DTS-HD Master Audio / 2.0 / 48 kHz / 1689 kbps / 16-bit (DTS Core: 2.0 / 48 kHz / 1509 kbps / 16-bit)
Subtitle: English / 2.454 kbps
Subtitle: English / 59.483 kbps
20110616p01
20110616p01 posted by (C)ものもの

画質はくっきりしていてなかなか良いと思いますね。
ア ニメの種類や品質にもよりますけど、ギャグアニメとかだとこれぐらいなら不満は全くありませんな。ま、好みの問題だけどね。暗い画面がややノイジーなのはしょうがないかな。
なお、発売元でもある Sentai FilmworksはこれまでVC-1でのリリースが多かったのですが、今作品はAVCでリリースしていますね。どういう差があるのかは詳しくわかりませ んけど、何となくですが、これまでのサムドや神霊狩が映像的に薄く感じますね。まぁ作風もあるでしょうけどね。

音声は英語音声も収録。ころねとか結構いい感じかと。
メニューはトップから各話選択、言語選択、エキストラの標準的な仕様。
特典といえば国内版にはHなミニエピソードが収録されていましたが、北米版には収録されていません。
残念すぎる!!!



あらすじ
西暦30世紀。魔法がごく普通に存在する世界が舞台。
主人公は老人を助けたり、他人に気を配ったりと、常に平等と博愛を説き「聖人君子」を地で行く孤児院育ちの青年「紗伊阿九斗」。魔法学園「コンスタン魔術学院高等部」に編入した彼は、その学園の職業適性審査で的中率100%の精霊に将来の職業を告げられる。

「編入番号021番・紗伊阿九斗。将来の職業・・・・魔王」

こうして、魔王の学園生活が始まるのだった。

まぁ、いわゆるハーレム物ですな。
魔王である主人公を中心に、いつも爆発などの被害を受けては乳出しまくりで、主人公の悪気のないセクハラの被害にあっている女忍者「服部 絢子」。魔王を監視するために政府から送られてきたアンドロイド少女、しかしてその実態は人形焼きが大好きで主人公の部屋の押し入れで寝ている少女「ころね」。主人公をアニキとしたい、お風呂で主人公のあそこを流石魔王!とほめたたえる青年「三輪 寛」。えげつないエロ担当「江藤 不二子」。そしてボーイッシュなボクっ子「リリィ 白石」。米少女「曽我 けーな」。

とまぁ、他にもいろいろいるわけですが、彼らとのやり取りがなかなか面白いですね。
というのも、主人公はハーレムアニメなどにありがちな流されっぱなしでヘラヘラしてるだけの主人公ではなく、周りに迷惑をかけずに穏便に過ごす事をモットー とし、自分が標的になっても冷静に物事を分析し、天才的な答弁でその場を切り抜ける。いや、切り抜けるどころかそれがきっかけでさらに状況が悪化する。と いう、この独特なテンポが素晴らしいですな。



さて肝心の物語ですが、序盤はキャラ紹介メインですが、中盤からグロいシーンなども織り交ぜて魔王へと覚醒していく主人公Vs帝国公安委員会の「大和 望一郎」。100年前の大戦争を再現!という流れになっていくわけですが、正直いまいちですかねぇ。覚醒した主人公とヒロインたちのやり取りはなかなか熱いものがありましたがね。
それよりも服部家とのやり取りとか、ころねの誘惑大作戦といったヒロインキャラメインの小話のほうが楽しかったですな。あーーそれで思い出したけど、リリィ 白石&生徒会役員とのらぶちゅちゅがみたかったなーーーー!これすっぐい不満でなぁ。

はい。つーわけで、キャラが可愛いし、スピード感のあるギャグ描写はなかなか面白いですよ。
かっとけ~。
[ 2011/07/03 00:27 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL