物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

恋姫†無双


タイトル:恋姫†無双
米 題:Koihime Muso
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2011/01/04
定 価:$49.98
収録時間:325m
収録枚数:2枚
映像仕様:16:9
音声仕様:日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
・ノンクレジットオープニング
・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「真・恋姫†無双」2期シリーズについてはこちらを参照。
北米版「真・恋姫†無双~乙女大乱~」2期シリーズについてはこちらを参照。


北米版「恋姫†無双」は全12話+OVA1話の計13話を6,7のディスク2枚に収録。
OPEDは日本語クレジット、タイトルや副題も日本語表記、次回予告あり、焼きつき字幕は見当たりませんでした。各話終了後に英語テロップが流れる仕様になっています。
画質については平均ビットレートが4.9~5.9Mb/Secの2層設計。
私、国内版Blu-Rayを所有しているので比較してみたいと思います。

国内版Blu-Ray


北米版DVD




購入価格で比較するなら

25,329円画質


 2,122円画質


DVD版は引き伸ばしなのでTVで見たらまた微妙に違いますけど。
まぁ、国内版はCDとかコメンタリーとか大量のおまけとか付いてるので、純粋な比較にはなりません。レンタルとか入れたらまた話は変わってくるけど、10倍ですな。ていうか国内版BDBOXは「さんごくし」だから定価35,940円っていうノリがね。・・・・・・・・ふざけてるわね。

北米版は言うまでもなく画質悪いですけど、動きの速い場面とかブロックノイズだらけというわけでもなくボケ安定していますね。この手のアニメって、お菓子とかジュース用意して椅子の姿勢をただして「よーし!みるぞーー!」というより、ロード長いゲームやりながらとかサクッと見る感じなので、画質云々よりも入替が楽な北米版のほうが今後見る回数は増えそうな気がしますな。・・・、いやまぁBDからごにょごにょして自分でつくりゃいいんだろうけど(笑。あとは音質はぜんぜん違うのでコレばっかりはしょうがない。

ただ問題があって、この恋姫無双は

・TV放映版(一部SDキャラ、光で肝心なところ見えず)
・セルノーマルバージョン(一部SDキャラ、光なし)
・セルオリジナルバージョン(一部SDキャラを等身大キャラに差し替え、おもにエロ系、光なし)

(ちなみにSDシーンは1話あたり1,2分程度)

と種類があって、国内セル版は下2種類が選択できるような仕様になっています。
一方北米版は

・セルノーマルバージョン(一部SDキャラ、光なし)

のみとなっており、等身大のエッチいシーンなどは見ることができません。
エッチいシーンが見れないわけで、大問題なわけです。が、がっかり乳首とか見るよりはSDキャラのほうがかわいらしくて個人的には良いですね。

音声は日本語音声のみ。国内版はコメンタリー入ってましたけど、かなりぐずぐずな出来だったのでなくても問題ないかと。
メニュー周りはトップから各話選択、エキストラ。
パケは通常のDVDケースにライナノーツなどはありません。



あらすじ
三国志をベースに、世を正すため旅をする関羽がたくさんの仲間たちと出会う話。

とまぁ、こんな感じですね。

さてさて、どんなアニメかと申しますと、三国志で活躍した人物たちの性別が入れ替わっちゃった!!みたいな話です。話の内容やギャグなど、全体的に一昔前の懐かしい雰囲気が感じられ、たくさんでるキャラクターたちもSDキャラになったりと非常にかわいらしいですね。いわゆる萌えアニメってやつですわ。そしてみんな大好きでお世話になりまくってるエロゲ声優さんがこれでもかと出演、熱演なさっているわけです。エロゲ声優さんたちのアニメといえば、まぁ、エロアニメなわけで、たいていのエロアニメは出来がかなり悪かったりするわけですけど、流石一般向け、作画等もなかなかよろしいですな。

基本的な話の流れは世を憂いだ関羽が旅をしていて、張飛、孔明、趙雲、黄忠、馬超といったのちに仲間となる人々、曹操、孫権といった権力者たちと出会い、終盤、人々のために何をすべきか悟り行動するわけです。まぁ、出会い始まりのお話といった感じですな。それぞれのキャラクターにエピソードはありますけど、さすがにキャラクターが多いのか顔見せだけで終わっているキャラもいたりして、ちょっと物足りない感はありますね。あくまで蜀が主役なので、魏や呉のキャラクターはすごく影が薄い。しょうがないけどね。

今作品はエロゲー原作ですが、エロゲーの楽しさ、本来の恋姫を味わえるのかといえば否。
原作には北郷一刀という男主人公が存在して、三国志の世界へと迷い込み、美少女武将らとイチャイチャしながら歴史を辿っていくわけです。が、アニメ版には北郷一刀がいないため、感情移入、歴史に介入していく楽しさといった本来の恋姫は味わえません。んーー、個人的に北郷一刀がいない恋姫アニメも面白かったけど、やっぱり北郷一刀が居て、アニメ版よりも血なまぐさい感じの恋姫が見たかったですねー。というかね、かっこいい愛紗もいいんだけど、やっぱりでれでれな愛紗をアニメで見たかったよ。あと月の「へうー」とか詠や桂花にいじめられたかったね。犬みたいになついてくる恋とかも見てみたかったな。朱里との結婚式も見てみたかったよ。うん。

こう書くと本来の要素が全然なくてキャラだけ多い暴走アニメと思いがちですが、内容はそれほど突起している部分のないよくある話が多いですけど、丁寧に描いていると思いますね。ただOVAはやり過ぎだ(笑。この後続く2期も終盤のアイマス展開とかもちょっとやりすぎでしたな。ま、それはおいおい。



はい。
つーわけで、引きつづき「真・恋姫無双」を鑑賞したいと思います。
かっとけ~。
[ 2011/06/17 20:37 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(2)
国内もだいぶ廉価”DVD”ボックスが増えてきて、買おうかな?という気になるものも結構ありますね~。でもDVDだし・・という事で買ってませんが(笑。
[ 2011/06/22 13:57 ] [ 編集 ]
おや・・・
海外版DVDって、DVDに6話も入れているから荒いのかなと思ったら、そうでもないみたいですね。これだけ見ると綺麗そうです。残念ながらリージョンの関係で買っても見れないですが…。

日本製はいつになったら適正価格で売ってくれるのだろう…。
[ 2011/06/21 21:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL