物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

天空のエスカフローネ


Escaflowne Anime Legends Complete Collection
天空のエスカフローネ コンプリートコレクション
定価$49.98  購入価格$28.21
///////////////////////////////////////
リージョン : 1
収録時間 : 650m
音声 : 英語(2.0)、日本語(2.0)
字幕:  英語、オフ可
ディスク:  8枚
特典
ミュージッククリップ(OP、ともだち、青い瞳、光の中へ)
クラブエスカフローネ
(ディスク毎に計6回収録。声優やスタッフの座談会みたいな物)
プレイステーション版オリジナルカット集(12個収録)
劇場版の紹介(なんかぜんぜん違うw)
コンサート映像
///////////////////////////////////////
4,4,3,3,3,3,3,3,3の8枚で計26話収録。OPEDは英語表記で次回予告あり。
焼付き字幕はタイトルや副題に付いています。
タイトルとかは、直接上にかかっているので、ちょっと気になるかもしれませんな。
画質については標準北米品質。最近の物に比べるとちょっと荒い感じはしますが
まあ10年も前、エヴァと同時期と思えばこんな物ですな。
4話収録の平均ビットレートは4.8Mb/Src、3話の場合は平均5.6mb/src。
それと、一部で再生不良やブロックノイズが出るといううわさですが、私の物は出ませんでした。
ちなみにこれが発売されたのが2006年4月、実際購入したのがバックオーダーで6月だったかな。
あと以前発売されたコンプリートBOXは劇場版も付いていましたが、これには付いてきません。
パッケージは1クール用のバンダイ糞BOXを2個、厚紙でぐるっとまとめた感じです。
まーここらへんに質を期待してもしょうがありませんが、さすがバンダイという感じですね。


占いが好きで、同じ陸上部の先輩に恋焦がれる、どこにでもいる高校一年の神崎ひとみが主役。
先輩が外国へ行ってしまう事を知ったひとみは、100mを13秒で走れたらキスをしてください!と
先輩に告白をし、暗い夕方グラウンドで先輩の見守るなかスタートする。
1秒・2秒・3秒・・・とつぜん眩しい光と共に現れた一匹の竜とそれに対じする一人の少年。
その少年と共に、おばあちゃんにもらったペンダントに導かれるように、
地球を天空に抱く、剣と魔法が存在す異世界ガイアへと飛ばされてしまう・・。



こんな感じですかね。


正直、見るまえまでは少女アニメ?テイストあふれる美少年たちが、たわわに実ったぉヴしおGFR
って感じの物を想像していたのですが、これは大きく裏切られました。
序盤から渋いオヤジが、熱い演技で、儚く散る。キチガイ敵キャラよる白熱の演技。血!血!血!
レイアースに近い物を想像していましたが、それよりも国と国との戦争の中での人々という感じが強くて
実に血なまぐさい演出が光るアニメだった。というかんじでしたな。
そして、いわゆるロボットに乗って戦うんですけど、そのロボもロボというより巨大な鎧という感じで
一撃一撃を繰り出す時の、内部でめまぐるしく回転するゼンマイ等のギミックや摩擦で飛び散る火花
ガチーーンジジジジガキーーンっていうのが超燃える!(笑 
それに乗り優雅に戦う姿は最高でしたな。


まあ、当然美少年キャラとかありますけど、外見よりも中身のインパクトが強かったですな。
その中で、主役としてがんばるひとみも「こんな子いねーよ!」という感じでしたが、
まぁレイアースとかに比べると実に”普通”って感じがよかったですな。
演技している坂本真綾さんも当時高校生だったらしいですが、いやーすごいです。
すごいというか、実際女子高生だし、自然というか。(笑
菅野よう子と坂本真綾のコンビは、まさにこの時誕生したという感じでしょうか。



難点というか、こういう感じで暗いストーリーなのかと思いきや、
幸運血液や運命改変装置といったギャグ?も盛り込まれていて、
全編を通して”思い”がすべてみたいな感じでちょっと拍子抜けしちゃう
部分もありますがね。んーでも思いがキーなんだけどねぇ。
それと、まめ知識!
この作品はイタリアで第4次アニメブームを作った一本であるということ。
ここ見てもらうとその流れが分かりますが、いやーすごいねぇ。
暴力がNGなのにこれが受け入れられたって言うことは、
やっぱり外見よりも中身がしっかりしていたということですよねぇ。



というわけで、外国でヒットした近作。
海外行くなら見ておいて損はありませんぞ!!(笑

[ 2007/05/01 16:10 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL