物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

バッカーノ!


タイトル:バッカーノ!
米 題:BACCANO!
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2009/12/29
定   価:$49.98 (購入 $30.48)
収録時間:400m
収録枚数:計3枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語 ドルピーデジタル5.1ch 448kbps
       日本語 ドルピーデジタルステレオ  192kbps
字 幕: 英語
特 典:
○本編特典映像
     ・コメンタリー(米スタッフ)
     ・バッカーノ!完全ナビ
     ・プロモ映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「バッカーノ!」はTV放映された13話+DVD3話の全16話を6,6,4のディスク3枚に収録。
OPEDは英語表記、副題も英語表記、次回予告あり、OP中のダイジェスト映像はちゃんとそれぞれ変わっています。
画質については標準的な北米品質のDVDですかね。ファニらしいややボケた映像で6.57Mb/Secの2層設計です。
音声は英語音声も収録されています。
メニューはトップから、連続再生、各話セレクト、音声選択、エキストラの標準的な仕様。
コンプリートボックスと言うことで、ケースは廉価版で一般的なthinpakです。
ライナノーツなどは一切ありません。
んー英語音声が入っている分割高といった感じでしょうかね。



あらすじ
舞台は1930年代、禁酒法時代のアメリカ。
ギャング達が町を支配し、買収された警察は機能をなくした無秩序な時代。

はい。
実はわたくし、この舞台設定&パッケージだけで今作品を購入致しました。
「アンタッチャブル 」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 」といった作品が好きで、ギャング達が主人公ということで「ゴッドファーザー」、アニメで言うなら「ガングレイヴ」的な熱い物語を期待していたわけです。
主人公でもある青年「フィーロ・プロシェンツォ」が出てきた時に、こいつが成り上がっていく物語なのかなぁ~とワクワクしていたら・・・・。

錬金術師が召喚した悪魔により不死者になったギャング達とその不死の酒をめぐる話。

と話の筋が見えてきた段階で、なんともいえない気分になりました。(笑
いや、完全にこっちの落ち度なのはわかっていますし、作品にはなんの罪もありません。それはわかっています。
ただまぁ・・・ちょっと期待と違ったなぁ・・・という出だしだったわけです。



↓ネタばれを含みます

実際のアニメの中身もかなり変わっていますね。
1話1話の中で頻繁に主人公が入れ替わり、年代すらも飛んだりします。キャラたちの背景も説明されずにどんどん物語が進んでいくので序盤は軽パニック状態になりますね。え?今、少年がショットガンで頭潰されたけどこれ何・・・え?え?仮面強盗?意味分からない。え?え?・・・・終わっちゃった。と(笑。まぁ、もちろん終盤にはそれぞれの主人公達の物語が綺麗・・とは言い難いですが、終わりらしく終わるので黙って最後まで見ろということなんでしょうけど、とっつきにくさはありますね。

基本的には不死の酒をめぐる話と列車「フライング・プッシーフット号」での一夜というかギャング達の対立話がメインになっています。不死の酒に関してはフィーロとエニスの関係、あとはラストで全員で不死者になっちゃってお騒ぎ!が良かったぐらいですが、「フライング・プッシーフット号」での話は戦闘も熱くてなかなか面白かったですな。

「自分は安全」と信じる人間を殺す快楽殺人者ラッド・ルッソ率いるルッソ・ファミリー、ルッソファミリーから逃げる「ジャグジー一味」、テロリスト集団「レムレース」、伝説の殺し屋「ヴィーノ」、不死者の「チェスワフ・メイエル」、そして我らが主人公泥棒カップル「アイザック&ミリア」。こんなメンツがそれぞれの思惑のために列車に集まってバトルをするわけです。

個人的に好きなのが伝説の殺し屋「ヴィーノ」。ただでさえ最強な奴らと不死者なんてのがいる中で、ひときわ凶悪さが目立ってサイコーにカッコよかったですな。特に終盤のラッド・ルッソとの対決場面で格の違いを見せつけるシーンが鳥肌モノでしたわ。そして本作品の一番の主人公でもある泥棒カップル「アイザック&ミリア」。お笑い担当なんですけど、彼らの過去・・というか、してきたことが明らかになるにつれて、「ほとんどこいつらが原因みたいなもんじゃねーか」と笑ってしまいましたな。いやー愛すべきキャラクターでしたわ。

あとグチ。
んー、馬鹿騒ぎで不死の酒というわけなので、主要キャラが死んでグッと来るシーンなんてのはお門違いだとは思いますけど、ちょっとこう胸にくるような話が欲しかったですなぁ。まぁ、こう、静かな物悲しい話ってのは趣旨が違うからしょうがないんですけどな。あとは1クールでキャラ多くて詰め込みすぎという印象もちょっとしたかな。



つーわけで、気になったらかっとけ~。

[ 2010/03/21 19:38 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL