物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~


タイトル: かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
米 題:Kashimashi Girl Meets Girl
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2008/10/14
定 価:$29.95 (購入計 $20.09)
収録時間:325m
収録枚数:計3枚
映像仕様:4:3
音声仕様:日本語 ドルピーデジタルステレオ 192kbps
字 幕: 英語
特 典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・最終話ノンクレジットオープニング
     ・最終話ノンクレジットエンディング
     ・番宣&DVD販促映像
     ・かしましい人たちの肖像1,2,3,4,6,すぺしゃる
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」はTV放映された12話+DVD1話の全13話を5,4,4のディスク3枚に収録。
OPEDは英語テロップ、副題は日本語、アイキャッチあり、次回予告あり。
画質は普通(笑。平均ビットレートが5.52Mb/Secの標準的な北米仕様かと。
音声は日本語音声のみになります。
メニュー周りもトップ、チャプター、エキストラの標準仕様。
ボックスは相変わらずのうすっぺらい紙でつぶれやすい仕様になっています。

あと、今作品は隠しメニューがあります。
3巻でエキストラでカーソルをぐりぐりやってればハートマークの部分に飛ぶのでエンターで再生です。
しかし・・・特典映像のかしましい肖像は5だけがないっぽいんだが・・・。

あらすじ
主人公はクラスではあまり目立たず、趣味と言えば植物を愛でる事と山へハイキングに行く事といった何とも地味な少年「大佛はずむ」。そんな彼はある日、初恋の相手「神泉やす菜」に告白するのだがふられてしまう。傷心を癒すために思い出の山へと深夜出かけるはずむだが、そこで彼は宇宙船と正面衝突をして死んでしまうのだった!惑星間保護法により再び命を与えられたはずむだが、性別が逆転してしまう!!主人公が女性になったとわかるやいなやアタックをかける「神泉やす菜」、ほのかに主人公に対し恋心を抱いていた幼馴染「来栖とまり」。女3人のかしましい恋愛物語が始まるのであった。



とまぁ、こんな感じですね。

前回、おとぼくが予想以上におもしろかったので、次何見ようか考えていたら「そういえば男が女になる話なにかあったなぁ・・」と思いだして棚から引っ張ってきました。あかほりさとるらしい古臭さはともかくとして、キャラもかわいいし恋愛模様もとまり視点で見ることが多くて、「とまりがんばれ!」と応援しちゃいましたね。正直11話とか12話辺りは「ビッチ!ビッチ!」言いながらエトペンぬいぐるみの腹を殴っていましたけど、OVAでなんとかそいつも収まって、総じておもしろかったですな。いや、まぁ、ラストの結婚式はしょーじきはずかしすぎるというか、朝8時のアニメじゃねーんだから・・・とは思いましたけどね(笑。

ダメなところ・・・。
まず男から女になったはずむが軽すぎるのがなぁ。親の方針か知らないけど、女の子になっちゃったのに葛藤もそれほどなく、初めから女みたいな感じなんだよねぇ。そして最終回あたりの尻軽っぷりですな。ったく・・・・・それでも憎めないかわいさがたまらないというか、 まったくはずむきゅんはしょうがないなーーーー!(笑

そして神泉やす菜。
病気でああなったのはかわいそうだと思うけどさー一度ふった主人公が不幸にも女になった瞬間に

この顔はねーよ(笑。
いやわかるよ。男女関係なく「大佛はずむ」という人を見ることが出来てうれしいっていうのは。でもなぁ(笑。
ただ彼女、終盤で駅のホームをダッシュしてビンタするシーンがあるんですが、あそこだけは最高にかっこよかった。
とはいえラストの展開もそうだけど、常にビッチビッチな感じでした。

個人的に一番ダメだと思ったのが男の親友「曽呂明日太」の扱いかな。
せめてひとつぐらい良いところほしかったと思いますわ。特に終盤で摩利あゆきがはずむを叱ったシーン。明日太もいたんだから男として何か一言あっても良かったと思うんですよね。なんかほんと役立たずのかませ犬って感じで、同人では大活躍してくれよ!と思ってしまいましたな。いまさらだけどね(笑。

というわけで、はずむ君かわいい!はずむ君の無防備な姿にメロメロだよ!という感じで締めたいと思います(笑。
かっとけ~。

[ 2010/03/13 19:48 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL