物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

真・恋姫†無双 第11話 「第十一席 馬超、尿意をこらえんとするのこと」

1期もそうだったのかは忘れましたが、前回10話で趙雲が霧の中に消えてしまいました。そして現れたのが、なんと、CMのちびきゃらフラッシュ劇場でしたね。あれは実に恋姫らしい(恋姫らしいって都合のいい台詞だよ!!)演出で、なかなかよろしかったと思いますね。

では、真・恋姫†無双 第11話 「第十一席 馬超、尿意をこらえんとするのこと」の感想。

今回の話しを簡単にいえば、馬超の元に馬岱が来て、関羽たちも帰ってきて黄巾党討伐に向かいました。という感じ。
ズバリいわせてもらえれば、今回の話はほんとよく出来ていました。正直、これまではかなりグズグズというか、恋姫らしい展開だったのですが、今回は恋姫らしさは失わず、ストーリーとして三国志の黄巾党討伐をうまくからめ、キャラも多数登場で、充実した1話に仕上がっていたと思います。

まずOP後は前回から引き続き、役人に追われることになったしまった張三姉妹が登場。
今思えば、この真・恋姫でまさか張三姉妹がここまで出ずっ張るとは思いませんでしたなぁ。流石に登場回数が増えるとキャラとしても実に味が出てきます。張角お姉ちゃんとか天然っぷりが板についていて、非常に可愛らしかったと思いますね。まぁ、そんなわけで、役人から追われないようにするために、歌で人々を操り何十万という人間を味方につけてしまおう!ということになります。ここで再び子安(干吉)登場で、視聴者的にも「いよいよ黄巾の乱が始まるんだな・・・・」と緊張感とともにワクワク心が騒ぎ出すわけです!

そして、ババーンと副題!!


「第十一席 馬超、尿意をこらえんとするのこと」


嗚呼ッ!
これだよこれ!このアホさが恋姫だよ!!!(笑

Aパート前半は馬超の元に修行にやってきた馬岱メインです。
寝起きドッキリ風な演出で、馬岱の小悪魔ロリキャラっぽいチャーミングさがよく出ていましたね。そしてそれに染まりつつある璃々ちゃんもいたずらっ子っぽい笑顔が素晴らしかったです。・・・にしても、ここでは寝ている馬超の布団をはぎ、スカートをたくし上げ、パンツをクンカクンカしてるんですけど、これ普通にNGですよねぇ(笑。いやーーーDVD&Blu-ray版が待たれますな!!え?買うのって?うーん。1期のBlu-rayは買います。でも、2期は・・・・。よし!じゃあ3期発表されたら買います!(笑

んで、馬岱を交えての修行シーンへ。
侍ジャイアンツネタがありーの、エロエロ描写もありーの、ここらへんは恋姫らしい演出でしたね。
しかし、改めて、馬岱かわいいですね。元気いっぱいだけど、愚痴をこぼしたり、いたずらっ子だったりと個人的に超ツボですわ。原作に比べるとチャームポイントでもある太い眉毛が無くなっているし、若干年齢が上がっている感じもありますけど、声が素晴らしく可愛らしいので十二分に補正効きました!!!

そんなわけで、馬岱にしてみりゃ未だにお漏らしてる馬超にいろいろ言われるのはちょっと気に入らないわけで、「お漏らしなんてもうしない!」「じゃあお漏らし克服したの証明してみせてよ!」ということで、馬超は瓶いっぱいの水を飲むことに。

Bパート。
気にすれば気にするほど出たくなるのが人間の生理現象というもので、馬超も例に漏れませんが、尿漏れそうになるわけです。誰もいないのを見計らってトイレに駆け込むも、「ここにいるぞーー!」の名言とともに現れる馬岱により撃沈。外でしようにも馬岱がくっついてくるわけです。そして今回の恋姫の名言ベスト3に入るであろう「木を隠すなら森の中。尿を隠すなら水の中!」とともに川にダイブして、ヘヴン状態描写となるわけです。ここで小魚が馬超の股間をつんつんするわけですけど、

この絵が思い浮かびましたわ。
魚になりたい?

まあ、そんなわけで、危機を脱した馬超の元に関羽御一行様が無事に帰還致します。
張飛と抱き合う姿は1話で真名を呼び合った話も相まって、ちょっとグズっと来てしまいましたな。
こういう抱擁シーンが結構いいよね。恋姫ってさ。
そしてSDシーンでの食事シーンへ。本日の献立は・・・・そう、川魚の串焼(笑。
予想どおりの展開へと進みます(笑。

さて、いよいよここから盛り上がります。
関羽達のもとに曹操から黄巾党討伐の参加を呼びかけられます。張飛「脳筋党?」孔明「それは馬超さん」馬超「オイ!」の神やり取りを経て、劉備は真意を確かめるために出陣することを決意します。馬超や黄忠に見守られて出発する劉備達。なんつーかやっと物語が始まった!という感じでしたね(笑。あと1話しかありませんけど!いやまて、それよりも馬超はお留守番なのかよ(笑。真・恋姫で2回もメインを張ったキャラなのに終盤の終盤でお留守番って・・・・。これはちょっと不満でしたね。

で、曹操登場。
劉備や関羽といった蜀、曹操や荀ら魏、そして袁術ら袁家。
それぞれがそれぞれの思惑を胸に次回、黄巾党討伐へと物語は進むわけです。


・・・。


アレ?誰か足りなくない?


!!!
ああ、そうそう。彼女だ。

彼女いなかったな(笑。
原作ではまだまとまっていない状況でのリーダーシップ的な立場でしたが、悲しいですなぁ(TT。


・・・・・・。
ほ、ほら、きっと、多分、客将扱いだから、この場には出てこなかっただけですよ!!!
ね、きっとそうだ!そうに決まってる!!!

次回。
いよいよ最終回。次回予告には一切出ていませんでしたが、呉の活躍が今から楽しみですね!!
それはそうと、次回予告で趙雲とホウ統出てましたね。本編ではなく次回予告だけってなかなかないですな(笑。星でーす。翠でーす。二人あわせて聖水でーす。は恋姫らしくて良かったと思います。

あ、忘れるところでした、一足先に南蛮のお葬式しておきましょう。

どう考えても出番なし。
かわいいもの好きの私としましては、もふもふのほわわーんを味わいたかった。そしてまひるちんの演技楽しみにしていたのですが、はぁ・・・。OVAか。OVAなぁ・・・。どうなんでしょうなぁ・・・。

[ 2009/12/15 15:12 ] 日記 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

真・恋姫†無双 第11話 「馬超、尿意をこらえんとするのこと」
無料で見られる動画共有サイト先で『真・恋姫†無双 第11話 「馬超、尿意をこらえんとするのこと」』の検索リンク先を紹介! ・・・あらすじ・・・ 西涼より修行の為に桃花村にやってきた。馬超の従妹・馬岱。いたずらばかりで馬超を困らせているのだが、馬超の厳しい特...
(アニメ感想) 真・恋姫†無双 第11話 「馬超、尿意をこらえんとするのこと」
真・恋姫†無双 一 Blu-ray生産限定特装版クチコミを見る 馬超を見るのは確かに久々な気がする。しかも、今回は妹が登場!名は馬岱。大雑把な性格の姉とは違い、こちらはしっかり者っぽい。ちょっといたずらが過ぎますけどね(苦笑)。 ↑よろしければポチって押して頂...