物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

真・恋姫†無双 第09話 「第九席 楽進、李典、于禁、村を守らんとするのこと」

34人説。
真・恋姫のエンディングは、典韋が先着34名までに饅頭あげますよ~35人以降涙目wwwという内容なんですが、現状、本編で34人目以降は一切出ておらず、まさかこのEDは本編に通じているのでは・・・、という噂があります。
某所でこのネタを見たときは「まっさか~。アハハハ」とか思っていたのですが、もう10話の内容まで出てきていますが、この噂通りの展開なんです。そうです、呉が一切出番なしなんです。・・・・・いや、雑誌にも出てたし、本編出るにきまってるじゃないですか!そうですよね!うんそうだ。水橋さんが出ないなんて考えられないですしね!うんうん!アハハハ。ほら、最終回当たりにバーンと重要キャラとして出るかもしれないじゃないですか!劉備立ちは桃園じゃなく契り結んだわけだしさ!

・・・・・・。

というわけで、真・恋姫†無双 第09話 「第九席 楽進、李典、于禁、村を守らんとするのこと」の感想。

楽進、李典、于禁が立ち寄った村を山賊から守っており、そこ村に訪れた関羽一行は彼らに手助けをすることに。諸葛亮の策により大量の山賊を溺死させ成功するが、劉備の宝剣はその際に犠牲となってしまう。だが、その事件をきっかけに劉備、関羽、張飛は義姉妹の契りを結ぶのであった。
という感じ。



個人的に好きな李典は相変わらずチャーミングでよろしかったと思います。欲を言えばもうちょっとほしかったですがね・・・。劉備が義姉妹の契りを結ぶ場面もこれまでの積み重ねもあり感動的で、「じゃあ姉になる!」という部分も恋姫らしくて良かったと思います。あと、朱里は笑顔で大量の山賊を溺死させるわけで、相変わらず素敵でした。おわり。

さて、次回予告ですが、いよいよ鳳統(雛里)が登場いたします。
その前にまずはコレ。



里帰りをし、育ての親でもある水鏡先生に抱きつく朱里。
これまで、朱里といえばエロだったわけで、お酒が飲めない描写がありましたけど、原作ではバリバリだったりするわけです。だからこそ、この純粋な抱擁場面に、おじさん、次回予告で早くもやられた。原作では男に甘える朱里ですけど、家族に甘える朱里が見れるのでしょうか。もう、辛抱たまりませんね!!!!!!!!たまりませんな!!!!!楽しみですな!!!!!

そして雛里ですが、次回のサブタイから見るに、朱里と雛里メインで姉妹の契りを結ぶ感じですね。恥ずかしがりやで水鏡先生の影に隠れてしまう雛里に対して朱里はどう接するのでしょうか。お姉ちゃんぶっちゃうのでしょうか!それとも水鏡先生の取り合いとかになっちゃうんでしょうか!水鏡先生代ってください!!!



なんにせよ、この二人がメインです。
いや、ほんと、このためにこれまで見てきたといっても過言ではないので、来週が待ち遠しくてたまりませんね!


あと雛里のかわいらしい姿を見て思ったんですけど、



関羽はかわいい物好き設定ありましたよね。
コレみたいなー。南蛮辺りともきゅもきゅしてぽわわーん的な描写を期待したいなぁ・・・。

[ 2009/12/01 15:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL