物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

真・恋姫†無双 第3話「公孫賛、袁紹と雌雄を決するのこと」

2期は劉備の剣を探すために諸国漫遊するというのが基本的なストーリーになるっぽいですね。

(以下妄想)
そして最後は桃花村に舞い戻り「そういえば、以前旅の人から剣を貰ったけど、鈴々は使わないからしまってあったのだ!」とか言う展開になり、「それでは私たちの旅は無駄だったの?」という話になり、「いいや無駄じゃなかったさ。」「そうなのだ!新しいお姉ちゃんができたのだ!」みたいな展開になり、「孔明殿も蔵書が増えて満足しているようだし」「はわわ!そんなことないでしゅ!」、一同「ワハハ」みたいな流れで、桃園で剣を高らかに掲げる3人を背景にOPとスタッフロールが流れ、そしてCパートでは劉備達3人が、町の占い師の預言した場所に行くと一人の青年が・・・・そう、北郷一刀を加えた真・恋姫†無双TV3期が発表されるのであった!!!!



・・・・冗談はそれくらいにして、
真・恋姫†無双 第3話「公孫賛、袁紹と雌雄を決するのこと」の感想です。

今回のお話を簡単に言いますと、前回、剣を取り戻すため公孫賛の元へと旅立った劉備だが、公孫賛は袁紹に貸しちゃって、袁紹は袁術に貸しちゃったから、取り戻すために袁術の元へと旅立とう!という感じです。相変わらずのベタベタのグズグズっぷりに1期となんら変わらねーじゃねーか!と思わず声を荒げたくなりますが・・・、ってオイ!そんなこと言いながら、楽天ブックスでポイント5倍キャンペーンが始まったとたん、速攻で「恋姫†無双 BD-BOX [はわわブルーレイBOXですよ]」を予約したのはどこの誰だ!俺だ!!!と思わずつっこみを入れたくなるほど、作品として急激な変化などがなく、突然の変化に弱いおっさん視聴者としては安心して見ていられる3話になっていましたね。

3話の目玉といえば、やはり、真・恋姫でめでたく真名の付いた公孫賛こと白蓮でしょう。
劉備には「パイパイちゃん!」で終始通され、張飛に至っては出会ってしばらく経過してから「そういえば、公孫賛ってこの人なのだ!!!」と豪快なボケをかまされても自己主張のため頑張ってツッコミをしていました。ほんと涙が出てきました。Bパートでの勝負では延々と出番がなく、最後の最後で白鳥廻しVS白馬廻し。幼女白蓮の悲惨な過去話も交え、「もういいんだ!お前の良さはわかっているから!」と思わず言いたくなるほどの不幸ネタキャラっぷりで、非常に安心しましたね!!ナウシカのパロディとか聖闘士星矢のパロディもあざといですが、なかなか楽しかったですな。(笑

袁紹を踏まえた終盤ではエロさが際立っていました。
知力34のお尻から始まり、袁紹の喘ぎ、そしてもう何よ!あのおっぱいドジョウすくいは!!SDキャラもかわいく、照れる袁紹も非常に新鮮でよかったと思います。ただ一つ気になったのが、張勲が出てた回想シーンがやけに出来が良くなかったですか?張勲も良く動いてたし、3バカもよりかわいく描かれていましたね。まぁ、本篇も作画が悪いと感じなかったので総じてなかなかのクオリティで保っているな!という感じでした。

最後にまじめな話。
序盤で公孫賛が民のために劉備の宝剣を貸してしまったシーンで、劉備がやさしく許すシーンがありました。あそこで関羽が「ほぅ」と感嘆の声をあげていましたね。やはりこういう些細な出来事が終盤までつづき、序盤で民のために何かできないか?と悩んでいた関羽達を後押しをするのでしょうな。んー3話にて物語に深みが出てきて、なかなかよい感じではないですか。え?言いすぎ?いやーせっかくだしいっておきましょうよ。もうないかもしれんし。いや、そういえば次回予告で于吉が出てたし、結構内容濃くなるのかな?んーちょっと楽しみですね。

あーそうそう、俺の朱里ですけど、3話も相変わらず最高でした。
もう、OPで関羽と張飛の似顔絵描いて笑っているシーンですら「あーー、今年の冬は百合物ですかー」と妙に納得してしまったりするわけですけど、組んず解れつとか貝合わせで即効赤面するあたりは相変わらず愛らしかった。特に終盤で劉備が「これ以上私の旅につきあわせるのは忍びない」的な発言をしたら、速攻「いまさら水臭いですよ!!」と発言するあたり、「確かに旅に出たばかりで大してエロネタ収集してないよなぁ」妙に納得してしまうのは私の朱里に対する見方が変わってきているのでしょうか。・・・・・・、そうなんだよね。なんかさ、ちょっと黒すぎない?もう「はわわ!」とか「でしゅ!かみました」みたいな事いっても全部「計画通り」にしか聞こえない気がするんだよね。ゲーム版であった「ピュア」さがさ、なくなっている気がするのがちょっと残念なんだよね・・・・・。でも、どっちの朱里も大好きだけどね! (o^-')b

では次回予告。
次回は張角、張宝、張梁による「数え役萬☆姉妹」が登場します。
個人的に彼女たちの評価は



こんな感じなので、ぶっちゃけどうでも良かったりするわけと言いたいところですが、ちーほうちゃんは結構好きなタイプだったりします。エヘヘ。いや、それよりなにより、歌となれば当然蜀軍も勢ぞろいで一曲披露してくれるんでしょうね!結局何もなくて「ニコニコ生放送で歌の演出やるなら本編でやれよ!!」なんてことにはならないことを祈りつつ、3話感想とさせていただきたいと思います。

[ 2009/10/21 00:00 ] 日記 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

レイバン サングラス
物もの日記 真・恋姫†無双 第3話「公孫賛、袁紹と雌雄を決するのこと」
[2013/07/03 23:05] レイバン サングラス