物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

真・恋姫†無双 第2話

そうか!!先週、馬超が目立っていたのは、これ以降出番がないからなんだな!納得!!
いや、まてよ。馬岱が出るだろうし・・・・、え?馬岱は魏延がいれば十分?いやいやいや、一刀と馬超を冷やかしつつ、自分もその間でかわいがってもらうという馬岱のスタンスが最高なんじゃねーか!!!!え?一刀はいない?・・・えーーっと。馬超、御苦労さまでした!!!あれ?一刀いないんじゃ黄忠と厳顔のエロエロ一切ないわけで、そうなると二人はただのおばさ・・。

ゲフンゲフン。というわけで、2話の感想を書きたいと思います。

簡単に2話を解説すると「偽物の劉備を追ってきた劉備が、関羽たちと出会い、そして偽物の劉備に奪われた宝剣を求めて公孫賛さんに会いに旅立つ。」という感じの、これっぽっちも話が進まず、キャラも劉備だけという、何とも煮え切らない内容でした。ただまぁ、1期に比べるとキャラが良く動くし、ギャグも洗練されていて、悪くはなかったとは思います。うん。

劉備ですが、やや天然が入っているのんびりした少女という感じで、お団子を頬張っている姿は非常に愛らしかった。というか、放映からずーーーーっとこのキャラどこかで見たことあるなぁ・・と、思っていたら、思い出しました!!!そう、陰からマモルの「紺若ゆうな」に似てるんですよ(笑。まぁ、劉備のほうがしっかりしている印象はありますけど、この能天気さは非常に似てますねー。いやーすっきりしたよ。

え?GAのミルフィーユのほうが似てるって?んー、彼女はバトルフィールドが違うんだよね。B級臭さというか(笑。

個人的に2話は「桃園の誓い」をやり、お互いを真名で呼び合う程度進むと思っていました。しっかしまったくそういうそぶりもなく、あくまで道案内として劉備を公孫賛さんの元へ無事に送り届けよう!という展開でした。次回予告ではババーンと立ち上がる劉備の姿があったので、ひょっとしてこれから劉備の魅力を十二分にだして、最終話あたりに桃園の誓いを放映する・・・そう、この「2期は劉備玄徳成長物語なんだよ!」という事でしょうか。

正直、真・恋姫無双での劉備の人気って微妙ですよね・・・・。原作は言うまでもなく、アンソロでも使いあぐねている感があります。でもまぁ、アニメ版ののほほんとした姿は非常に愛らしかったし、喜怒哀楽も多彩で、見ていて飽きないかわいらしいキャラだと再認識できましたね。呂布あたりとのほほんほわわん勝負でもして、キャラ特性を開花させてほしいとは思いますね。

ああ、そうそう、俺の朱里ですけど、序盤からエロ本買いあさったり、冷静にギャグ言ったり、自分もいろいろな体位を発見するために旅をする!とか相変わらずで素敵でした。これは雛里との再会シーンが非常に楽しみですよ。無垢な雛里を黒くする朱里が見られるのでしょうか?いやー楽しみだね!!!!とはいえ、次回予告ではどっかで見た内容の公孫賛VS袁紹みたいな感じ。いや、スーパー白馬タイムが悪いってわけじゃないし、むしろ公孫賛さんは普通なのがかわいくて個人的に好みだったりするわけで、

むしろ超大好きだったりするわけで、本編に縄のようにぐいぐい食い込んでくるのは大いに結構なんだけど、袁紹は1期で十分出演したしもういらね。というのが率直な意見だったりするわけです。

お願いします。3話で誰か新キャラ出してください~。

[ 2009/10/14 00:01 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL