物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

真・恋姫†無双 1話感想

ニコニコ生放送にて先行放映されたアニメ「真・恋姫†無双」1話を鑑賞したのでその感想を。

基本的に今作品は続編物なので、前作を見た人たちにとっておなじみの蜀軍のメンツが勢揃いしており、1期のおさらいで無駄に時間を割くこともなく良かったと思います。んまぁ、実際の内容はいまさら真名で呼び合うとかなんですけどね(笑。馬超は原作設定である極度の恥ずかしがりという部分が前作よりも全面に出ていましたね。まぁ、個人的には森へ走り去った馬超が木にぶつかって失禁とかを期待したのですが、アニメだしこんなものでしょうかね。ちなみに人にぶつかって失禁するシーンは原作にあります(笑。

ただ、前作のキャラでもある馬超がメインというのは1クールしかない内容ではどうなんでしょうかね。全体のストーリーが現状わからないので何とも言えませんけど、これからどんどんキャラを出すことになるわけなので、1話から桃香や雛里を出しても良かったんじゃないかなぁ~と思います。次回予告で桃香出てましたけど、2話も使って桃香だけではちょっとさびしい気がしますなぁ。というか雛里と朱里と八百一の絡みが早くみたいんです!

一方、今作品からこのアニメを見る人にとってはかなり厳しい出来ですね。
続編なんだから・・と言えばそうですけど、実際の内容もアニメの第1話にしてはインパクトが薄いと思います。アニメの第一話と言えばある意味勝負所です。これといった戦闘シーンも弱く、アニメの内容も「真名を呼びあう間柄」という前作があってこそ生きてくる内容ですよね。インパクトと言えばエロシーンですけど、あんまり覚えてないなぁ・・・。1期1話のほうがエロインパクトはあった気がしますね。一方、ロリキャラのかわいらしさは素晴らしいと思いますが、これだけじゃなぁ(笑。

結論としては、個人的にはインパクトはないけど1期にあったマッタリ感じを再度味わえ、なおかつ作画も悪くない、そして馬超や実はエロな朱里といった1期にはあまり見られなかった原作の味が良く出ていたのでおおむね満足していますね。あ、OPEDは個人的にはいまいちでしたね。1期のようなザ・エロゲソングみたいな感じのほうがよかったかな。

さて、ここでもう一つの魅力。今作品に出会ったきっかけは1期のアニメでした。ズバリ、キャラに惚れたんですよね。作画はいまいちですけど、キャラ絵の繊細さとでも言いましょうか、なんといいますか、他のアニメにはない線の細さがキャラクターにたいして保護的な感情を抱くんですよね。だからロリキャラがより輝くわけです(笑。一方、星や紫苑なんかはより女性らしい感じがキャラ絵から感じるわけですよ。その一方で男キャラは最悪な印象ですけどね(笑。

そう、それで調べてみたんですけど、このアニメのキャラデザをしているのは大島美和さんなんですよね。そうです!俺が神アニメとして崇め奉った「りぜるまいん」のキャラデザの人なんですよ。だから、「あーー、なるほど。」という感じで今作品を好きになった理由を理解したわけです(笑。

つーわけで、2話は2週間ぐらい先なのでのんびり待ちましょうかね。

[ 2009/10/02 11:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL