物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

MONO BOX

最近は積ゲーだった「デットスペース」をやりながら、カスタムサウンドトラックで「はわあわ大乱舞(パニック)~恋のお料理教室~」を聞いたりしているものものです。怖いよりも、こんな曲を聴いている自分が恥ずかしくてモジモジしながらエイリアンをぶっ殺しているわけですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
では買ったものとか感想。



・ザ・ビートルズMONO BOX

初めて意識してビートルズを聞いたのは、高校生時代、友人がよく口ずさんでいた「i am the walrus」でした。正直あれを演奏なしに口ずさむのはかなり変だったわけで、その友人に「なんだそりゃ?」という感じで話しかけ、結果、その友人から借りた「magical mystery tour」が俺にとっての初めてのビートルズザウンドだったわけです。

当時、私がよく聞いていた曲は思えだせません・・・というか、このビートルズとの出会いが衝撃的で、高校卒業までずーーーーっと聞いていたので、当時どんな音楽が流行っていたのかはさっぱりなのです。ゆえに比較はできませんが、何というか、似通った曲しか聞いてこなかったJPOPに比べてへんてこで面白く、くせになる。そして高校時代といえば誰もが妄想したであろう全校生徒の前でのバンド演奏(笑、シンプルで歌いやすくノリやすい、ビートルズサウンドに何度妄想の手助けをしてもらったことか(笑。思えばソラで歌えて意味も理解できるように英語に力を入れたのはこれがきっかけだったかもしれませんなぁ。

そしてその頃に始まった「ザ・ビートルズ・アンソロジー」。
このCDは本当に大好きです。ジョンの「Will the people in the cheaper seats clap your hands? And the rest of you, if you'll just rattle your jewelry.」「安い席の人は拍手を。その他の人たちは宝石をジャラジャラ鳴らしてください。」このMCとともに曲が始まるんですけど、自分もその音楽演奏会に参加しているようなライブ感を味わえて最高にゾクゾクした覚えがあります。それ以外にも作りかけの曲、出来上がっていく曲、今までとは全く違う感じの曲たちに本当に楽しませてもらいました。そいや年末深夜にアンソロジープロジェクトのTV放映をやっていましたねぇ。録画したビデオを擦り切れるほど弟と一緒に見た記憶がありますな。

まぁ、そういう経緯もあって、自分はビートルズ好きなわけなので、リマスター版は当然買いなわけです。いつかLP版を聞きたいと思っていた自分にとって、モノラルを追求したビートルズサウンドがリマスターで出るとなればもう買わずにはいられないわけです。ちなみに写真の国内版monoは今年はじめに結婚した弟へのプレゼントです。私用には海外から購入して、今、輸送中だったりします・・・。うーーん、まてない・・・誘惑に・・・まけ・・・。 あ、ステレオ版はアビーロードだけ買う予定ですね。

さて、今回のMONOボックスですが、騒動を知っている人ならわかると思いますが、初回限定ということでネットショップでは在庫なし&アマゾンでは5万円のマーケットプレイスでした。実は私も国内monoはぎりぎりにEMIショップに予約入れたので先週末はかなりドキドキだったわけです。ですが現状、EMIショップでは10月に再発なのか分納分なのかわかりませんが予約が再開されています。 個人的に、ビートルズは年代を問わずにファンは増え続けていくバンドだと思っているので、10年後とかにまたMONOセットは出ると思っています。ですがいつでも気軽に買えるようにこの「初回限定」はやめてほしいと思いますねぇ。

・baby princess2巻
1巻が四女ヒカルを中心に、19人姉妹のいる家族が舞台でした。今回は家から飛び出し、男子が二人しかいないクラスでの覗き騒動とヒカルのブラ消失、家での覗き騒動、十女星花ラブレターを貰うのこと。といったお話を軸に、六女氷柱との仲を深める1巻だったと思います。公式ブログとお話が連携しているので、ブログを見てから2巻を読むと良いかと思います。

今回は前作よりもキャラクターを絞って描写していると思いますね。長女春風も1巻よりやわらかい感じが出てきて、次女霙も相変わらずの天然っぷりが印象に残っています。あとは後半メインの星花の話もよろしかったですな。小学生のころって自分は何を考えてたっけなぁ?と、ノスタルジックな雰囲気に浸れました。そして六女氷柱はなぜ主人公を嫌っているのか。家族として主人公と絆を深める展開は「いよいよデレたかぁ・・」と少々残念でしたが(笑、まぁ、相変わらず下僕扱いだし、どうやら3巻も氷柱ベースの話になるようなので、楽しみでありますな。

あとはそうそう、九女麗。2巻では完全無視というかほとんどかかわってこなかっただけに、そろそろ出番を出してほしいと思っている人は大勢いると思いますね!

・マブラヴあんそろ
ベビプリ2巻を買いにいったついでに100円で売ってたので買ってみました。コレ、作家陣に「ぽてまよ」の御形屋はるかさんとか、「百舌谷さん逆上する」の篠房六郎さんとかが書いててちょっと感動してしまいました。まぁ、面白いかどうかは別としてね。(笑

こういうノリは嫌いじゃない!(笑

[ 2009/09/15 21:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL