物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

コードギアス 反逆のルルーシュR2


タイトル:コードギアス 反逆のルルーシュR2
米 題:Code Geass Leouch of the Rebellion R2
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/8/28
定       価:通常版$39.98 限定版$49.98(購入計:$28.49)
収録時間:175m
収録枚数:計2枚
映像仕様:16:9
音声仕様:英語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  192Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  128Kbps(コメンタリー)
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・オーディオコメンタリーEp1,4,6(日本語音声のみ+英語字幕)
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・帰ってきたBABA劇場 1,2,3
     ・ネット配信用プロローグ 1,5,7
     ・ネット配信用次回予告 1,2,3,4,5,6,7
     ・「R2」の世界をさらに堪能できる超絶作画修正集 1.2.3
○付属特典
     ・漫画本
/////////////////////////////////////////////////////////////////
前作 北米版 コードギアス 反逆のルルーシュも参考にしてください。

北米版 コードギアス 反逆のルルーシュR2 1巻は1話~7話を4話3話のディスク2枚に収録。
OPEDクレジットは英語表記、タイトルやサブタイトルは日本語表記、アバンあり、次回予告あり、焼き付き字幕は見当たりませんでした。画質ですが、平均ビットレートが7.36Mb/Secの2層設計になっています(3話収録のDISK2は1層です)。前作と比べるとDISK1枚当たりの話数は減っていますが、前作と同等の質だと思いますね。しかし、他の北米版DVDと比べても一つ上の品質でなので北米版DVDとしては満足できる品質ではないかと思います。英語音声についてですが、最近の作品は削ってくる傾向が多い中、ちゃんと収録されていますね。まぁ、ネット配信してたし収録しなかったら大ブーイングでしょうけどね。

メニュー周りはトップメニュー、チャプターメニュー、音声選択メニュー、特典メニューと標準的な仕様になっています。パッケージ関係ですが、今回は限定版のレビューになります。通常版のケースにディスク2枚収録、そして漫画本とそれらを包む紙ケースになっています。
前作と比べると・・・・、まぁ、しょぼい印象ですかねぇ。全巻収納ボックスなし、以前はDISK1枚毎にケース1個だったのに今回は2枚収納ケース、そしてライナーノーツなどは一切ありません。



正直、全3巻だと思っていたのですが、1巻で7話収録、2巻は150分だから6話収録。たぶん全4巻ぐらいになると思いますね。1枚当たりの収録数は1巻では4,3ですけど、たぶん2巻はディスク1枚に6話収録してくるような気がします。あと気になる所と言えば、前作ではピザハットなどの広告がつぶされていましたけど、7話まで見たところではないように思えます。ビッグローブもちゃんと表示されてたので大丈夫だとは思いますけど、国内版見たことないのであしからず。

[あらすじ]
ストーリーは前作 コードギアス 反逆のルルーシュ の続きになります。
ついに正体がばれたゼロ。しかし彼が目覚めた時、それはかつての学園生活だった。
弟のロロとともに普通の学生として過ごすルルーシュの元へかつての仲間たちが集まる。
妹ナナリーは?そして宿敵スザクとの決着は???

とまぁ、ストーリーはこんな感じでしょうか。



前作のあの衝撃のラストから、その続きが見れるということで期待していた私ですが、そこに飛び込んできたのはいつもの日常。・・・・あれ?・・・いくらなんでも無理があるんじゃないのか・・・とか思っていたら「記憶を改ざんする能力」によってルルーシュだけでなく学園の生徒たちも記憶をいじられていた。そして「時を止める」(まあ、実際はちょっと違う)能力のギアスを持つ少年の登場により、はぁ????とかなり調子抜けしてしまいました。(笑

まぁ、ギアスという特殊能力が前作ではルルーシュだけみたいなものだったわけだから、当然その能力を持つ人間が出てくるのは予想してました。テコ入れみたいなものですかな。そしていずれは超能力バトルに・・・・(笑、ちょっと不安でしたが、現状では前作同様、ダークヒーローとして前作よりも不利な状況を頭を使って回避していくルルーシュは見ていてスカっとしますね。ルルーシュの記憶について疑問を持つスザクと対峙するシーンとかなかなか緊張感があってよろしかったと思います。

気になるキャラでいえば後はナナリーですかね。かつてのユーフェミアと同じ道を歩もうとする妹に対しルルーシュはどう対処していくのか!非常に次巻が楽しみでありますな!!新キャラのロロは、まぁ、お姉さま方向けキャラなわけで、ルルーシュとの絡みも良いと思いますが個人的にはどうでもよいです。それよりも天子様をもっと写せ!(;´Д`)ハァハァ



つーわけで、いよいよリリースの開始されたコードギアスR2。ぜひともかっとけ~。

[ 2009/08/28 21:45 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL