物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

かんなぎ


タイトル:かんなぎ
米 題:Kannagi: Crazy Shrine Maidens
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2009/07/16
定       価:$34.98(購入計$26.24)
収録時間:175m
収録枚数:1枚
映像仕様:16:9
音声仕様:日本語 ドルピーデジタルステレオ     194Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
    ・ノンクレジットオープニング
    ・エピソード7 ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 かんなぎ1巻は1話~7話を収録。
OPEDテロップは日本語表記、題名や副題も日本語表記、次回予告あり、焼きつき字幕は見当たりませんでした。ちなみに次回予告はチャプターで区切られてないので、エンディング飛ばすと次話へ飛びます。
画質についてですが、平均ビットレートが5.57Mb/Secの2層設計。動きのあるOPや第1話の逆光シーンとかでレートが弱いなぁと感じる部分はありますが、総じて標準的な北米版品質で目に見えるノイズもなく安定しているかと。音声は日本語音声のみですね。
パケ周りは相変わらずライナーノーツもないディスクのみのチープなつくり。メニュー周りはトップから連続再生、チャプター、エキストラの標準的な仕様です。
ハヤテもそうですけど7話(175分)で吹き替えなしで40ドルはやはり割高な印象がありますね。
今回のように(今回でも微妙に遅いですが)日本での放映から北米発売まで素早くリリースできるのであれば需要はあるのかもしれませんが、吹き替えもなし、さらにパッケージに「350分収録!!」とかおもいっきり間違ってる状況を考えると、正直微妙ですな(笑。



さて、今作品ですが、従来の販売方法とは違い、bandai.entの発表と同時に発売されました。従来であれば発表から発売日のお知らせを経て半年程度かかるものですが、実にサプライズでしたね。
そして流通もある程度限られているので、日本にお住まいの方は以下の方法で購入してみましょう。

・AmazonのマーケットプレイスよりSeller:shawnekから購入する。(shawnekはRightstufです)
・Rightstufのウェブサイトより購入する。
・DVD Fantasiumより購入する。

ちなみに自分はギフトカード使えるamazonで購入しました。ごっつあんです!!


あらすじ
一人暮らしをしている高校1年生の少年「御厨 仁」は、美術部の地区展に作品を提出するために、友人からもらった切り倒された神木から手彫りの聖霊像を作成する。そして目を離した一瞬、聖霊像はナギと呼ばれる少女へと姿を変えるのであった。こうして少年と自称神様の奇妙な同居生活が始まる。



と、まぁこんな感じでしょうか。

初見です。涼宮ハルヒの憂鬱でおなじみの山本寛監督による作品、そして個人的に天地無用のような「和」のテイストをパッと見で感じ、今回北米版を購入してみたわけなのですが・・・。まぁ、OPで豪快に裏切られましたね。良い意味で(笑。もうOPを見てしまえばこっちのもので、本編でも節々に見える無駄に良い演出のギャグ描写から「ああ、山本寛監督って、動きのある下品じゃない水島努監督なんだなぁ」と結論づけました(笑。特に何度もある1話1話の締めくくりのようなシリアスシーンをギャグで落とすあたり、暴走しすぎという印象もありましたけど、まぁ、笑えたからいいや。(笑

7話まででは、ナギの登場からライバル妹ざんげの登場。学校ではナギさまファンクラブができて、みんなのナギ様!ナギ様万歳!という感じで人々から力をもらって本来の「町を守る神木」としての能力を復活させていく。という感じでしょうかね。外見は若いが中身や口調はババァというナギ様が、テレビといった最新の物に興味をひかれたり、しょーもないおやじギャグにハマっていたり、うまい棒を砕いた物をご飯にかけて食べたりと、神様としてどーなのよ?というぐらいのかわいらしさ、コケティシュさを楽しむ1巻だったというのが感想ですな(笑。まぁ、「好きな人がいる」発言から、そういえば一時期話題になったよな・・・と、幸先不安にさせる要素もありますが、2巻楽しみにしたいと思います。



つーわけで、2巻は2009年9月発売予定。
Tシャツ付きも発売されるのでかっとけ~。

[ 2009/08/04 11:05 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL