物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

CLANNAD


タイトル:クラナド
米 題:CLANNAD
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2009/3/1,5/1
定       価:各$39.98
収録時間:600m
収録枚数:計4枚
映像仕様:16:9スクイーズ
音声仕様:日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版CLANNADは1期全22話+「夏休みの出来事」+「もうひとつの世界 智代編」の24話を12話ずつ全2巻、ディスク4枚に収録。OPEDクレジットは日本語表記、副題も日本語、焼きつき字幕なし、次回予告やアバンもちゃんと収録されています。各話の次回予告後に英語テロップが流れる仕様になっていますね。
画質は標準的な北米品質かと。まぁ、blu-ray版がどうとかそういう作画レベルの作品なのでDVDでうだうだ言ってもしょうがないかと思いますね。平均ビットレートが5.8mb/sec前後。やや背景はちらつきますけど、異世界のシーンとかも十二分にきれいです。
音声は日本語音声のみで英語音声は収録されていません。メニュー周りもシンプルでトップから再生と各話選択、そして中身の無いエキストラぐらいですね。無論1話1話、チャプター切れてますので安心してください。パッケージは普通のケースに2枚収録する形、ピクチャーレーベルでライナノーツなどはありません。まぁ、価格を加味すればこんなものでしょうね。



夢をあきらめて日々をだらだらと過ごす少年「岡崎智也」が主人公。
学校への長い坂道を登ろうとしていたとき、傍らで両手を握り締め「あんぱん」とつぶやく少女と出会う。
久しぶりの学校に緊張する少女と何気なしに共に歩き出す智也。二人の新しい学校生活が始まるのだった。

と、まぁ、こんな感じでしょうか。
まずゲームの話を簡単に説明すると、泣きゲーと呼ばれる「AIR」や「KANON」を製作した会社の作品で、ジャンル的にはギャルゲーです。かわいいけどちょっと障害のある女子たちと学園生活を過ごし、その中で一人決めてエンディングなわけです。で、すべてのキャラをクリアするとより内容の濃い後日談的なものがあり、ヒロインの一人「古河渚」との超感動的なエンディングがあるわけです。

このTV版CLANNAD1期では数人のヒロインパートと渚エンド(高校生編)までです。
ヒロイン一人一人の感想を言わせてもらいましょう。



まず、風子。
人見知りで姉にしか心を開かない少女が、高校進学をきっかけにがんばろうとするも、入学式で事故にあい、以降病院のベットで植物状態で過ごすことに。一方学校では幽霊少女のうわさが持ち上がるのだが・・・。とまぁ、こんな感じの話で、最後は姉の結婚式で盛り上がるわけです。んーー、まぁ、文化祭あたりは感動的でしたけど最後はあまり感動しませんでしたね。これ以降の風子は完全にかませ犬で普通にイラネという登場ばかりでした。2期では活躍するようですけどね。

次はことみ。
成績優秀でいつも図書館で本を読んでいる少女と岡崎のつながりとは?って感じで、最後は過去をのりこえ成長した彼女を見ることが出来ます。原作で一番好きなエピソードで、ゲームプレイ中は泣きながら遊んでいたわけです。当然期待したのですが、草刈あたりは良かったのですけど、最後の世界を巡るかばんのシーンがちょっとしらけたかな。大げさすぎるというか、演出に懲りすぎるというか、そういう場面は草刈でもっと演出してほしかったかなぁと。

続いて智代。
不良だった少女が弟の事故をきっかけに家族とともに成長する話。他のヒロイン達とはそれぞれお友達的な終わり方で、智代も例外ではないのですが、彼女だけDVD特典で智代エンドの話が1話ついています。彼女の場合は人気過ぎて別途智代アフターというゲームが出るほどなのですが、やっぱり1話じゃ中途半端でおかしいですね。つーかさ、kanonのときに名雪エンド作らずコレかよ・・・とちょっと思いましたとさ。

つーわけで、個人的にはゲームに比べるといまいちな部分が多かったですけど、女キャラ達の横のつながりや、京や涼の失恋あたりと、原作では余り見られないシーンは良かったと思いますね。あとは一貫して渚との絆を深めていくというのもよろしかったと思います。ですがまぁ、これはアフターストーリーへの準備という感じの手堅いつくりといった感じだと思いますね。これから始まるみたいな。だから感動も薄いみたいな。ですが、2期の予定はいまだなし。売れれば出るのでしょうけど、どうなんでしょうなぁ。不安です。



つーわけで、2期が出るようにかっとけ~。

[ 2009/05/17 16:32 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL