物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

うたわれるもの


タイトル:うたわれるもの
米 題:Utawarerumono
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2007/1/16,3/20,5/15,7/24,8/28,9/25(全6巻)
定       価:2巻限定版$39.98 単品各$29.98(購入計:$107.96)
収録時間:650m
収録枚数:計6枚
映像仕様:16:9スクィーズ
音声仕様:英語     ドルピーデジタル5.1   448Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ  224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
     ・ノンクレジットオープニング
     ・ノンクレジットエンディング
     ・ショートアニメ 計4話(日本語音声+英語字幕)
     ・エクストラトレーラー1~26話(日本語音声+英語字幕)
     ・なぜなにうたわれるもの(日本語音声+英語字幕)
     ・うたわれるもの相談室 エルルゥの部屋(日本語音声+英語字幕)
     ・うたわれるもの大百科 第一夜、第二夜(日本語音声+英語字幕)
     ・プレーステーション2 うたわれるものプロモーションビデオ
     ・アートギャラリー
     ・Suaraインタビュー(英文)
     ・用語解説(英文)
○付属特典(限定版のみ)
     ・全巻収納ボックス
/////////////////////////////////////////////////////////////////
全巻販売終了したので感想を入れて再掲。

北米版 うたわれるものは、全26話を5,5,4,4,4,4のディスク6枚に収録。
OPEDのテロップは英語差替え、題名や副題は日本語、次回予告も入っています。
なお、最終話のエンディングは日本語テロップになっています。
画質は良いです。平均ビットレートは5.9~7.4Mb/secで他のADV作品よりも個人的には
良く感じました。動きの速いシーンとかノイズが出ることはありますが、ボケなどはなく
スッキリしていて非常に見やすいと思います。
メニュー周りは簡素で、トップメニューから各話へのショートカットのみ。各チャプター
へのメニュー画面はありません。廉価版レベルの作りで非常にしょぼいですね。
映像特典は上記通り。ショートアニメは国内版DVDBOXに収録されていたコメディ物ですね。
エクストラトレーラは次回予告集で、本編の次回予告に解説をプラスした物です。
それ以外にもQ&A集や解説ムービーなど、ADVにしては珍しく特典が豊富です。
いずれこの作品も廉価版が出ると思いますが、これらの特典は省かれる可能性大なので注意。
個人的には特典おもしろいので、購入予定の人は単品で買いましょうね。

物語の舞台は、江戸時代の田舎を思わせるような風景や生活スタイルで、違うのは人々に
獣のような耳や尻尾が生えている、そんな世界。主人公は辺境の村に迷い込み、倒れている
所を村長に助けられ、後にハクオロと名づけられた男。ちなみに主人公には獣耳や尻尾はなく、
外れない仮面をつけている。村長の孫でもあるエルルゥやアルルゥと共に穏やかに過ごすも、
村の近くの森の主「ムティカパ(白虎)」との戦い、村を治める藩主との対立、そして謀反。
それら戦いの中で人々の信頼を受け、村のリーダーとなるハクオロ。
平和な日々から戦争の日々へと、その先にあるものは・・・・



というわけで、こんな感じのストーリーでしょうか。

「泣きゲー」のアニメ版という事で、前情報一切なしで鑑賞してみましたが面白かったです。
世界観が和風ゆえか、私の中に眠る農耕をして苦労していた頃の記憶が蘇ったのか、実に
すんなりと作品に入れ、1巻、125分集中して鑑賞してしまいました。(笑
この手のアニメの場合、原作にくらべ端折っており、「原作やった事ないとわからない!」
みたいな感じがありますが、そういうのは現段階ではなく、世界観も含め非常にわかりやすい
展開でしたね。まあ、あくまで5話まで見たファーストインプレッションですけどね。
WIKI見るとかなり人物が載っているので不安ではありますが(笑

18禁ゲームのアニメ版という事でしたがAIR-TV-同等たしかに癖はあります。
獣耳に尻尾で尻尾さわって「エッチー!」とか、エルルゥの白虎すら脅えさせる睨みの様な
ギャグ要素、あとは薄いですけどシリアスなお話を引き立たせるグロ要素もありますね。
そしてやはり萌要素。エルルゥも可愛いですがアルルゥがめっちゃかわいいですなぁ~。
最近はおばさんキャラしか聞かない沢城さんによる演技ですが、ぷちことは違う「成長した
かわいらしさ」とでも言いましょうか実に良かったです。5話までの中では、村長との別れ
のシーンでの泣き演技は印象に残っていますねぇ。
むろんエルルゥも良かったっすよ!いやーほんと柚木さんの演技の幅はすごいね。



というわけで!!全話鑑賞いたしました。
DVD1巻を購入後、PS2ゲーム版を購入しクリア、そしてうたわれラジオ・・・と、どっぷりと
うたわれワールドにはまったわけですが、やはりアニメ版は駆け足という印象が大きいですね。
前半は領主に対して謀反を起こすと言うわかりやすい内容なのですが、終盤になると相反する
神を信仰する人々の戦いや、この世界の謎をベースに展開されるのですが、非常に駆け足です。
やはりゲーム版をプレイするなどして予備知識を入れておいたほうが楽しめると思いますね。
そして、それゆえカットされたゲーム版であったオバカ描写の数々。個人的にはドリィと
グラァ関連で料亭の一悶着とか、「僕たち兄上様だったら・・」がないのが痛い。(笑

とまぁ、不満もあるにはありますけど、やはり良いシーンが非常に多かったですな。
個人的にはテオロのシーンが最高に好きですわ。みなが戦う中、必至にハクオロの元へ急ぎ
そして約束を果たし、ソポクやショタ君が迎えに来る中での・・・。(TT
素性の分からない自分を温かく迎えてくれた村の人々、共にムティカパを倒し、田畑を耕し
そして戦いについてきてくれた人々たちの死。この後の展開は非常に燃えましたわ。
戦いに巻き込まれた弱い人々。グロい描写が強い作品だけに余計に感情が左右されましたね。

あとはこれも個人的になんですけど、ラストのきみがためのシーン。
あそこでラジオのエンディングの「やっとおわった・・」みたいな力ちゃんのテンションを
思い出してしまい、ちょっと吹いてしまいました(笑。ラジオの印象が強すぎると、やはり
ノーマルでみた時の感動は薄いかもなぁ・・・・・。
んまぁ、その前にゲームで泣いたっていうのもあるんですけどね。



というわけで!個人的には久々に次の巻が待ち遠しい!!!と思った作品!!
購入予定の人は特典がつかない廉価版よりこちらの方がオトクだと思いますぜ!!
ぜひともかっとけー。
公式:http://www.utawarerumonotv.com/

[ 2007/10/13 19:26 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL