物もの日記

国内アニメの北米版情報、その他ゲーム、アニメなど。

パンプキン・シザーズ


タイトル:パンプキン・シザーズ
米 題:Pumpkin Scissors
/////////////////////////////////////////////////////////////////
リージョン:1
発 売 日:2008/11/25
定       価:$59.98(購入計:$ 63.83)
収録時間:600m
収録枚数:計4枚
映像仕様:16:9 スクイーズ
音声仕様:英語     ドルピーデジタル5.1ch     448Kbps
           日本語 ドルピーデジタルステレオ     224Kbps
字   幕:英語
特   典:
○本編特典映像
    ・なし
/////////////////////////////////////////////////////////////////
北米版 パンプキン・シザーズはTV放映された24話を6,6,6,6のディスク4枚にて収録。販売形態は1巻12話、2巻12話と2つに分けて同日に発売されました。・・・・、何か意味あるのでしょうか?・・・それは、このあとわかります。(笑
OPEDは英語テロップ、題名や副題は日本語表記、次回予告ももちろん収録されていました。焼きつき字幕はないと思います。あ、ちゃんと18話のEDはアレですよ。画質についてですが、1枚当たり6話と詰め込んでありますが、標準的な北米品質で問題ないかと思います。平均ビットレートが6.59Mb/Secの2層設計ですね。音声については英語音声もちゃんと収録されています。ん~、オーランド伍長が日本語版に比べるとちょっと暗い気がしますね。国内版はあの図体に似合わず気弱なところとそうでない所の対比みたいなのがよかったので、ちょっと気になるかな。

そのほかのサンプル~。


こっちが日本語版~。


メニュー周りですが、トップと言語選択のみ。トップから各話へ直接飛ぶ形で、チャプターセレクトみたいなものはありません。まぁ、最近の廉価版仕様ですね。パッケージ周りもスリムパッケージに安っぽいボックス、ライナノーツなどはない仕様になっています。まぁ、総括すれば値段の割にちょっと安っぽすぎるけど、まぁ、2つに分けた良心は評価してやる!という感じかな。

物語の舞台は、停戦から3年が経過し、現在も戦災が続く「帝都」。
主人公は、治安を守るために難民救済から、権力を振りかざす貴族たちの摘発と幅広い活動をする陸軍情報部第3課および実動小隊「パンプキン・シザーズ」のメンバーたち。十三貴族の一つ「マルヴィン家」の第3公女で、次期当主候補「アリス・L・マルヴィン 」を筆頭に、彼らは今日も民衆のために働くのである。

と、まぁ、こんな感じかな。

簡単に感想を言わせてもらいますと、「ゴンゾ、いいかげんにしろよ!」という感じでした。(笑



とある村を救うためにやってきたアリス率いるパンプキン・シザーズの面々。その地で出会ったのが大柄だが気弱な男「ランデル・オーランド」。敵に戦車があることを知り、悩む彼らだったがオーランドが何とかしてくれるとの事で敵陣へと攻め込む。特攻する戦車、立ち尽くすオーランド。絶望的な状況で彼らが見たのは、901ATTと書かれたランタンに蒼い炎をともし、砲弾の雨をゆっくりと歩き、そして戦車の目の前で対戦車拳銃を撃ち、戦車を無効化するオーランドだった。

という感じで、オーランドとは何者なのか?901ATTとは?そしてその謎を解明するかのように後の話では、オーランドの体を調べようとするカウプラン機関医療開発部の人間や、同じように特殊能力を持った「903CTT」という部隊出身のヴォルマフとの戦いなど、大いに盛り上がるわけです。ですが、「仲間のことを疑うのはやめようぜ!」で終わります。(笑
物語では多少順番がずれますが、結果的に何も解決せず終わります。(笑
最終回では悪い貴族を懲らしめようとする民衆を鎮圧して終わりです。(笑
まぁ、「貴族とは!」みたいな感じで盛り上がりますが、あれれ?これ軍事アニメ?(笑

セッティエーム・ローデリア(王女様)が出てきたころから「ん?あれ?」という予感がありました。これまでのちょっと暗い流れから、いきなりわがまま千和王女が出てきて、「お前はわらわの面倒をみるのじゃー!」みたいな感じで(だいぶ違うけど)話が進み、パンプキン音頭でこの作品が何をしたいのかが完全にわからなくなります。そして、終盤、「あれ?あと2話しかないよ。あれれ?」という私の気持ちとは裏腹に、画面上では照れるアリス隊長。これがすごくカワイイ!ってそんなことはどうでもいい。(笑

まぁ、よかった点もなきにしもあらずです。信念を貫きいつも自信に満ち溢れているアリス隊長は見ていてスカっとしたし、終盤はとってもかっこよかった。ですが、あまりにひどい投げっぱなしエンドですべて台無しになるアニメという気がしますわ。2期を前提にしててもとりあえず締めろよ!と言いたくなりましたな。



というわけで。まぁ、1巻は続きが見たくなる面白さでした。が、その続きがないとわかった場合、はたしてこの1巻は本当に楽しかったといえるのだろうか?という疑問にぶち当たるわけで、買うなら2巻のほうが千和王女いるし、パンプキン音頭あるしよいかな?と思いますけど、youtubeとかでみりゃ十分という気もします。買っとけ~。(笑

[ 2009/02/22 01:00 ] 北米版レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL